【就活生必見】逆求人のすゝめ。逆求人サイトの上手な使い方を紹介!

市況分析 2022.11.04

【就活生必見】逆求人のすゝめ。逆求人サイトの上手な使い方を紹介!

記事をお読みの皆様、こんにちは。 就活をしていく中で「逆求人」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか? 「逆求人」ってなんだろう?本当に就活に使えるのかな?と疑問を抱くこともあるはずです。 就活イベントへの参加、就活エージェントの活用など、就活の方式が多様化していく中で人気になってきた「逆求人」についてこの記事では解説していきたいと思います。 自分が望む就活を行い、理想的な終わり方を迎えるためにも、就活の方式1つ1つについて正確に理解を深めておくことは大切です。 「そもそも逆求人とは?」ということから「逆求人サイトの上手な使い方」まで細かく見ていきたいと思いますので、ぜひ最後までご一読ください。 ## 逆求人・逆求人サイトとは何か? ### 逆求人とは何か? ずばり**「逆求人」とは「学生が自分の強みや経験などをアピールし、それを見た企業が学生に対してアプローチを行う採用方法」**のことです。 「逆求人」は企業が必要な人材に直接声をかけるダイレクトリクルーティングの一種になります。 企業から学生に対してのアプローチをオファーやスカウトと呼ぶこともあるため、「逆求人」以外にも「オファー型」「スカウト型」と呼ばれることもあります。 もしかするとこれらの呼び方に慣れている就活生の方も多いかもしれませんね。 学生が何らかのアピールをして企業がそれに対して選考の案内を出すなどするイベントであれば「逆求人イベント」になりますし、就活サイトで企業から何らかのアプローチを受け取れるようなものであればその就活サイトは「逆求人サイト」になるというわけです。 逆求人サイトを利用する際には、学生は基本的にプロフィールという形で自分の強みや経験をアピールし、企業がそれを見て学生に声をかけていく形となります。 ### なぜ逆求人という方式があるのか、企業にとってのメリットは何か? では、なぜ「逆求人」という採用方法があるのでしょうか? 従来の「自社の選考に応募してきた学生を採用するかしないか、面接等を通して決定する」だけの採用方法に比べてどのようなメリットがあるのでしょうか? 企業側の目線になって考えてみましょう。 上記の採用方法だけを採択している場合、採用することができる(面接等をすることができる)のは、「自社の選考に応募してきた学生」のみになります。 この場合、学生からの応募が採用の絶対条件となるため、どんなに企業にとって魅力的な学生であっても応募してもらえなければ採用することはできません。 しかし、逆求人の場合はどうでしょうか? 企業からすると、自企業にマッチしそうな学生や魅力的な学生に自らアプローチをすることで、その学生を採用できる可能性を高めることができます。 そもそも学生は有名な企業に応募することが多いため、**採用意欲が高い企業にとっては、自ら欲しい人材にアプローチすることができる**という点で、逆求人は大きなメリットになるのです。 ## 就活で逆求人サイトを使用するメリットと注意点 ### 逆求人サイトを使用するメリット * 自分では気が付かなかった企業との出会いに繋がる * 就活にかかる時間を少しでも減らすことができる * 自己分析・業界分析の良い機会となる
#### 自分では気が付かなかった企業との出会いに繋がる 就活をしていく中で、自分ではしっかりと興味関心のある業界や企業を調べていると思っているかもしれません。 しかし、実際、一人の就活生がある1つの業界の全ての企業についてみることは不可能に近いです。 そこで、逆求人サイトを使用していると、様々な企業から逆求人が来ることになります。 つまり、逆求人サイトを使っている場合は、自分が興味のあるとアピールしている業界の企業から逆求人を受けることができるため、**自分が調べているだけでは気が付けなかった企業から逆求人を受け、 「あ、良さそう!この逆求人、受けてみようかな」となることもある**のです。 #### 就活にかかる時間を少しでも減らすことができる 就活をするためには膨大な時間が必要です。 自己分析、業界分析をはじめとした研究の時間だけでなく、選考に参加すると選考ごとにESを作成したり面接や課題をこなしたりする必要があります。 しかし、逆求人サイトを使用すると、基本的には企業へのアピールとしてプロフィールを記入することになります。その内容は、サイトによっても違いますが「サークル・部活」「自分の長所・短所」「インターン・ボランティア活動」「趣味・特技」「将来の夢・希望」など、ESの基本項目となるようなものが多いです。 企業はそこに書かれているアピールを読んで逆求人を送るかどうかを決めます。 そのため、逆求人を受けた場合は面接から選考がスタートすることなどもあります。 つまり、**逆求人サイトでは最初にプロフィール作成をし、あとは逆求人を待つ形になるため、ES作成などにかかる時間を大幅に減らすことが出来る可能性がある**ということです。 #### 自己分析・業界分析・企業分析の良い機会となる 前述の通り、逆求人サイトでは企業へのアピールとしてプロフィールを作成していくことになります。 良いアピールをするためには、まずはしっかりと自己分析をする必要があります。 自己分析や業界分析をあまり出来ていない人はあまりプロフィールを上手く書くことができないかもしれません。また、就活を始めた時に自己分析や業界分析はきちんとしたから大丈夫と思っていても、いざ逆求人サイトでプロフィールを書こうとする際には、記入する内容に迷うこともあるはずです。 そのため、逆求人サイトでプロフィールを書こうとすることは、**どんな就活生にとっても自分や自分の志望する業界を見つめ直すよい機会になる**のです。 また、逆求人をもらうということはその逆求人を受けるか断るかを決めなければならないということでもあります。 その際に必要なのは、「逆求人を送ってくれた企業がどのような企業なのか」「自分にマッチしているか」などを調査し、その企業についての理解を深めることです。 そのため、**逆求人サイトを使うことは企業分析の機会を増やす**ことにもつながります。 ### 逆求人サイトを使用する注意点 * 自己分析やアピールが足りないと逆求人が来ないことも * 現在の自分はあまり視野に入れていない業界や企業から逆求人が来ることも
#### 自己分析やアピールが足りないと逆求人が来ないことも 逆求人サイトではプロフィールとして記入されるアピールを企業が読んで逆求人を送るかどうか判断します。 例えば、見ている就活生のアピールがスカスカだった場合、逆求人を送りたくなるでしょうか? 「逆求人サイトに登録したから大丈夫!あとは待つだけ!」「プロフィールはとりあえず埋めとけば大丈夫だろう」という姿勢では残念ながらあまり逆求人を受け取ることはできません。 **自己分析を深め、アピールを日々より良いものにしていくことが重要**になります。 #### 現在の自分はあまり視野に入れていない業界や企業から逆求人が来ることも 逆求人サイトを使っていると、現在の自分はあまり興味のない業界からも逆求人がくることがあったり、選考に応募しようと今まで考えていなかった企業からも逆求人をもらうことがあったりします。 それを煩わしいと思うかどうかは、人それぞれかもしれません。 しかし、自分が視野に入れてない業界や企業から逆求人が来ることは同時に、自分が知らなかった世界、自分が知ろうとしなかった世界について知るきっかけとなるとも言えるのではないでしょうか? あまり視野に入れていなかった業界や企業から逆求人を受けた際に、その業界や企業について調べてみることで自分の就活の幅を広げ、新たな可能性をつかみ取ることができるかもしれません。 ## 逆求人サイトの上手な使い方 ### 逆求人サイトで逆求人の受信率を高めるコツ * プロフィールを埋めること * 写真を掲載すること * サイトへのログイン頻度を増やすこと
ここまで述べてきた通り、逆求人サイトではプロフィールをどう書くかということがとても大切です。 自己分析をして見えてくる自分の強みや魅力を最大限アピールできるような書き方をしてみましょう。 書いてある内容だけでなく、写真を掲載することも重要な要因です。履歴書に貼るような完全にフォーマルなものではなく、ある程度自分の人間性が見えるような「あなたらしい」写真を掲載することも自分の魅力のアピールに繋がります。 またサイトによっては利用者のログインの頻度や最終ログインが企業側から見えるようになっていることもあるため、こまめにログインをすることは自分の就活への熱意をアピールすることにつながります。 **思わず人事の方も魅入ってしまうようなプロフィールの上手な埋め方は[こちら](https://cheercareer.jp/hslp/profile)を参考にしてみてください!** ### 逆求人サイトの活かし方 ここでは、逆求人サイトの就活での活かし方を、逆求人を多く受け取れる場合とあまり受け取れない場合に分けて解説していきたいと思います。 #### 逆求人を多く受け取れる場合 ①もらった逆求人には必ず目を通すようにする ②逆求人サイト内でその企業をチェックする ③逆求人サイト以外でその企業をチェックする ④自分の興味関心と合致する場合や少しでも魅力を感じた場合、説明会などにエントリーしてみる まずは、**もらった逆求人は必ず目を通す**ようにしましょう。自分の興味関心がその時点でなかったとしても、前述の通り、その企業や業界について調べていくうちにこれまで気が付かなかった魅力に気が付けるかもしれません。その後は逆求人サイト内外でその企業について調べていきます。逆求人サイトに掲載されている情報だけでなく、その企業のホームページや他の就活サイトを確認してみることをオススメします。 また、調べていくうちに少しでもいいなと思うことがあれば、是非**まずは説明会から参加してみる**ことをオススメします。 #### 逆求人があまり来ない場合 逆求人があまり来ない場合もそれで終わりにしてはいけません。 逆求人が来ないという状況をよく考えてそれを自分の就活に活かすようにしましょう。 * 上記のコツで実践していないものがないか確認しよう * プロフィールの内容、書き方を再確認しよう * スキルアップに努めてプロフィールを更新できるようにしよう
まずは受信率を少しでも高められるようにプロフィールをしっかり埋めるなどということを意識してみましょう。また、**スキルや経験は自己分析と伝え方次第**で大きく印象を変えることができます。より自分の魅力をアピールできるような文章にできないか工夫してみることも大切です。 その他にも、時間がある場合は、企業にとっての自分の魅力を高められるようにスキルアップに励んでみることも逆求人の受信に繋がる可能性があります。 ## 終わりに ここまで記事を読んでくださり、ありがとうございました。 少しでも皆さんのお役に立てたのであれば幸いです。 CheerCareerは「中小企業・ベンチャー企業からスカウトがくる求人情報サイト」、つまり逆求人サイトの1つです。 ここまで記事を読んで逆求人という採用方法に少しでも興味をもってくださった方はCheerCareerを是非活用してみてください。 既に会員登録をしてくださっている方は自分のプロフィールや受信しているオファーの確認から始めてみましょう! まだ会員登録をしていないという方は[こちら]( https://cheercareer.jp/register?key=f435ecf0aa23069a3fb789817d10511e)から! また、「逆求人の受信率を高めるためにスキルアップしてみたいけど何をすればいいか分からない」という場合や「プロフィールを書いてみたけどきちんとアピールできているか分からない、自己分析のことを誰かに相談してみたい」という場合は、CheerCareerのスキルアップスクールやキャリア面談を是非ご活用ください。 スキルアップスクールは[こちら]( https://cheercareer.jp/skillup?key=f435ecf0aa23069a3fb789817d10511e)から! キャリア面談はこちらから! ★個別キャリア面談★
この記事を書いた人
KOHEI
株式会社Cheer 内定者インターン生
文系未経験から立派なITエンジニアになることを目指して日々、勉強中。
好きなことは食べることと話すこと。世界で一番好きな食べ物は焼きそばパンです。
この人の記事をもっと読む
このページをシェアする