寒い日ですので、怪談話でも

2022.02.10

寒い日ですので、怪談話でも

こんにちは!
株式会社これから今春入社予定の菅原です。

いきなりですが、今回は私が実際に体験した心霊(?)体験を書こうと思います!

今から約1年ほど前のお話です。

8月の蒸し暑い夜、実家のリビングで母と寝ていると突然、家の固定電話が1度も聞いたことのないメロディで鳴りました。
ワルツのような軽快な音楽でした。
※実家の固定電話は8年ほど使っていました

私がびっくりして飛び起き、時計を見ると1時3分。
こんな時間に電話…?と怖くなりつつも受話器を取りました。
すると「サーーー…」と風のような音が。
「もしもし?」と呼びかけるが何も返答は無し。

その後「ツーツー」と通話が切れた音がしました。返答は無くとも、どこかと繋がっていた様子でした。

一連の流れを見ていた母が「もしかして…」と言い戸棚から私の母子手帳を取り出しました。
出生時間を見るとなんと1時3分。
電話がかかってきた時間とぴったり同じ時間でした。

しかも8月10日の1時3分。
その日は私の20歳の誕生日でした。

次の日、その固定電話はスクリーン部分が壊れたのか文字が文字化けし、壊れてしまいました。


・・・これでお終いです。
文字に起こしてみると少しゾッとしますが、当時は全く怖さは感じず不思議だな〜くらいに思っていました。

勝手に、亡くなったひいおばあちゃんが「ハタチおめでとう〜〜^^」とメッセージを残してくれたのかな?と思うようにしています。笑

長くなりましたが、今回はこの辺で!
最後まで読んでくださったかた
エントリーと説明会の予約もお願いします!
https://cheercareer.jp/company/seminar/2944


投稿一覧
12345