【体験談】たくさんある就活サイト、どう使い分ける?

市況分析 2022.11.24

【体験談】たくさんある就活サイト、どう使い分ける?

## 就活サイト登録しまくってませんか? 就活が始まってまずやることの一つにあるのが、就活サイトの登録。 就活を始めたみなさん、手当たり次第就活サイトに登録していませんか? 本当にその就活のやり方大丈夫ですか? この記事では筆者の体験談から、どのように就活サイトを登録していけばいいのかを説明していきます。 ## 【失敗談!】就活サイトに登録しすぎて中途半端になってしまった。 実は筆者も就活生時代、たくさんの就活サイトに登録していたのですが失敗してしまいました。 その時の失敗談も少し紹介します。 **【筆者がやっていたサイトの登録の仕方】** 筆者が就活生のの頃は 「登録しているサイトは多ければ多いほどいい」 という浅はかな考えのもととりあえず就活サイトにバンバン登録していました。 **【 その結果どうなったのか】** その結果、全てのサイトを中途半端に使ってしまうようになりました。 それによって * 企業からのメッセージを見逃す * それぞれのサイトの特徴を活かしきれていない など様々な弊害が出てきました。 ## タイプ別就活サイトまとめ この章では就活サイトを様々なタイプに分類して それぞれのタイプごとに就活サイトを紹介していきます。 ### 大手向け #### リクナビ リクナビは、株式会社リクルートが運営している、求人検索型転職サイトです。 求人数が多く、大手から中小企業まで幅広い選択肢から就職活動をしたい人は登録しておくべき就活サイトです。 #### マイナビ マイナビは人材業界大手の株式会社マイナビが運営する総合型のナビサイトです。 リクナビとマイナビの2つが「メガナビサイト」といわれていて、毎年多くの学生が利用しています。 リクナビと同じく掲載数が多区、幅広い選択肢から就職活動をしたい人は登録しておくべき就活サイトです。 総合型の就活サイトですが、理系や薬学生、体育会系などセグメントしたサイトも充実しています。 ### ベンチャー向け #### CheerCareer チアキャリアとは成長志向の高い学生へオススメのベンチャー企業に特化した就活サイトです。 通年で登録することができるため、早期で就活をする方でも登録できます。 すでに選考が始まっている企業も多く早期で選考を受けたい方も多くの企業で選考を受ける事が出来きます! #### goodfind Googfindとは、将来的にビジネスの牽引を担うポテンシャルを秘めた学生向けの就活情報サイトです。 キャリア構築のためのスキルアップや、就活を有利に進めるための知識獲得を目指す学生が多く利用しています。 またインターンシップの紹介や就活イベント、キャリア面談を通じた就活のサポートを行っています ### 外資向け #### 外資ドットコム 外資系企業や日系のトップ企業の求人情報を中心に載せており 就職活動における対策や選考の紹介などの記事を掲載した就職支援サイトです。 ### スカウト型サービス #### オファボ #### キミスカ キミスカは、 株式会社グローアップが運営しているスカウト型の就活サイトで、 5年間で20万人の就活生に利用されています。 キミスカの特徴は、スカウトに種類があることです。 **≪ゴールドスカウト≫** 「ゴールドスカウト」は『キミスカ』内で企業から学生に送信されるスカウトメッセージの中で、 わずか4%しか送られない特別なメッセージです。 **≪シルバースカウト≫** 「シルバースカウト」は『キミスカ』内で企業から学生に送信される スカウトメッセージの中で、10%しか送られない特別なメッセージです。 **≪ノーマルスカウト≫** 「ノーマルスカウト」は「通常メッセージ」よりも 学生に強くアピールしたい時に送られるメッセージです。 キミスカのスカウトはレアリティが高いものから「ゴールド・シルバー・ノーマル」の3種類です。 これらのスカウトにはそれぞれ送れる数に限りがあるため、 レアリティが高ければ高いほど送れる企業もより一層熱意を込めて送っています。 #### CheerCareer チアキャリアとは成長志向の高い学生へオススメのベンチャー企業に特化した就活サイトです。 通年で登録することができるため、早期で就活をする方でも登録できます。 すでに選考が始まっている企業も多く早期で選考を受けたい方も多くの企業で選考を受ける事が出来きます! ## サイトの組み合わせ方 **1、各タイプ網羅型** 満遍なく、特徴が被らないように使いこなせる組み合わせです。 実際に筆者はこの3つを駆使して就活を行なっていました。 **<組み合わせ>** * リクナビ * CheerCareer * Offerbox **<メリット>** ・大手もベンチャーもスカウトも使うことで 広い視野を持って就活ができる ・スカウトサービスも活用することで業界業種の選択肢を広げる。 **2、一種集中型** 一つの目的に特化したサイトの登録の仕方です。 例えばベンチャー企業に特化した就活サイトのみに絞り込むなど 業界、業種など就活の軸がすでに固まっている人にはおすすめです。ww **<組み合わせ>** * CheerCareer * キミスカ **<メリット>** * 業界や職種、企業規模などがはっきりとしていると 集中できる **3、サービス使い分け型** スカウトサービスと従来のサイトの2つを使いこなす **<組み合わせ>** * リクナビ * Offerbox **<メリット>** 自分からだけでなく企業側にアプローチしてもらうことができる スカウトサービスも使うことで就活の視野を広げることができる" ## この時期から選考が受けれる就活サイト CheerCareer チアキャリアとは成長志向の高い学生へオススメのベンチャー企業に特化した就活サイトです。 通年で登録することができるため、早期で就活をする方でも登録できます。 すでに選考が始まっている企業も多く 早期で選考を受けたい方も多くの企業で選考を受ける事が出来きます! またCheerCareerにはスカウト機能も付随しています。 なので自分から企業を見つけるだけでなくスカウト機能ももらうこともできます。" 会員登録はこちらから https://cheercareer.jp/register?key=f435ecf0aa23069a3fb789817d10511e
この記事を書いた人
かーくん
カバンには常に本が2冊入ってます。
読書・サウナ中毒者で人生のバイブルは“7つの習慣“です。
組織開発や人材教育などを勉強中。

かーくんのTwitterアカウント
この人の記事をもっと読む
このページをシェアする