最近読んで面白かった本をただただ紹介する。それだけ

2022.02.01

最近読んで面白かった本をただただ紹介する。それだけ

こんにちは
通販サイトの支援をしている会社、株式会社これからの戸田です。

戸田が、最も通販で買ってるものは恐らく書籍(電子も含む)ですが
ほぼほぼ自分の備忘録も兼ね、最近読んで面白かった本を紹介。

『教養としてのラーメン ジャンル、お店の系譜、進化、ビジネス――50の麺論』著:青木健
今1000円くらいするラーメンが当たり前にあるけど、あれってどういうルーツであの値段になっていった?みたいな近代のラーメンの歴史を実店舗を挙げて解説したりとラーメン教養が詰まった本。
付録のラーメン店ごとの分布図とらーめんの歴史一覧だけでも読み応え抜群!
ビートたけしも絶賛の帯に騙される価値あり!

『世阿弥最後の花』著:藤沢周
これは芥川賞作家であり、私の大学のゼミ教授が執筆、オードリー若林さんがラジオで紹介していた本。
歴史で出てくる観阿弥世阿弥の世阿弥のほう。あの人のあまりわかっていない晩年を描いた本。
あのオードリー若林が紹介しているから、間違いないでしょう。

『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』著: 鈴木忠平
落合にずっとついてた新聞記者による落合のノンフィクションもの。
落合にゆかりのある人物にインタビューをし、そのときどきの落合像を描きながら新聞記者としてみてきた落合の実像と照らし合わせ、落合博満を紐解いていく本。
割と有名な山井の日本シリーズの話ですら知らない話があり、野球好きなら押さえておきたい

『臆病な詩人、街へ出る。』著:文月悠光
16歳で現代詩手帖という詩のすごい賞を歴代最年少で受賞した札幌出身の女性が東京で世間に馴染んでいくためのエッセイ。
臆病で世間知らずな作者が、さまざまな体験を行う中で内面と向き合い葛藤し、成長をしようとするも、成長をしきれているかわからないなというのが続くエッセイ。
皆共感できるとこがあるはず。就活で悩んでるときにもいいかも!文庫版のあとがきの30歳になった今からみた振り返りが良い。

『 EC担当者の実務と知識がこれ1冊でしっかりわかる教科書」著:株式会社これから
弊社で出版した通販のハウツウ本。
戸田も頑張って書いた思い出深い本。発売して2年くらい経つけど、割と売れている本。
宣伝。
どヘンタイ募集とか言ってますが、本を出すくらいには通販業界では有名!安心してね!

1000文字しか書けないので薄め感想と紹介本少なめ
かつビジネス書はなし!
就活生むけでない紹介!

説明会きてね!
https://cheercareer.jp/company/seminar/2944

投稿一覧
12345