面接の逆質問を攻略!面接力がアップするコツ

面接対策 2020.06.22

面接の逆質問を攻略!面接力がアップするコツ

面接を経験したことがある皆さんは、 **面接の最後に「何か聞きたいことはありますか」と、言われた経験がありませんか。** 逆質問は、面接中で唯一自分から発言できる機会です。 そんな貴重な機会を最大限生かしましょう。 今回は、そんな逆質問でどんな質問をすると良いかをまとめてみました。 ## 面接の逆質問を攻略!面接力がアップするコツ **まず、逆質問の内容からどんなことが面接官に伝わるのかを考えてみましょう!**
### 逆質問で伝わること● 志望度 企業側は、自社で働くイメージが明確にできている志望度の高い学生を採用したいと考えています。 働くイメージを明確に持つためには、 企業理念や業務内容をホームページ等で読み込んだ上で、十分に理解していないとできませんよね。 つまり、質問内容が具体的であるかどうかで、企業への理解度や志望度も面接官に伝わってしまうのです。
### 企業逆質問で伝わること●企業との相性 みなさん自身が質問をするので、自分が重要視することを聞きますよね。 面接官には、その質問から学生が何を望んでいるのかが伝わります。 たとえば、ベンチャーのような主体的に取り組む姿勢を良しとされる企業で、 「研修制度は充実しているか、一から丁寧に教えてもらえる環境はあるか」 といった質問をしてしまうと、好印象ではなくなってしまいます。 企業との相性を考えた上で質問をすることが大切です。
それでは、逆質問の伝わり方を把握したところで、 実際どのように逆質問をするといいのかみていきましょう。 ## どのような逆質問が効果的か
### 1.面接官に具体的な質問をする 自分の熱意や能力をアピールしてみましょう。 例えば、 「企業の強みについて知りたい」という聞きたい情報と、 「将来は海外で活躍したい」という自分の熱意を掛け合わせて 「海外展開において、御社の強みはなんですか」と具体的に聞けるといいですね。 質問によって、この学生は海外展開にも興味があるんだなと、プラスに受け取ってもらえるでしょう。
### 2.自分の意見も交えながら質問する 具体的に質問することに加えて、自分の意見を交えるのも有効です。 「御社の強みはなんですか。」と面接官に返答を求めるだけよりは、 「自分は〇〇と考えるのですが〜」のように自分の意見を加える方が、 その企業を真剣に考えてくれているように感じられますよね。
上記で述べたような質問をするためには、 **事前にどれだけその企業のことを調べられるかが肝心です。** 入念に調べた上で、わからないことや気づいたことを質問すれば、 面接官にどれだけその企業のことを考えているかをアピールすることができます。 また、質問したいことをノートに書いておき、 逆質問の時間をもらえた時に「質問したいことをまとめておいたので、ノートを出してもよろしいですか。」 と一言言うのもおすすめです。 ノートを見ながら落ち着いて質問ができますし、質問の答えをメモすることもできます。 そういった姿勢は、面接官から好意的に受け取られるでしょう。 いかがだったでしょうか。 逆質問では、福利厚生や待遇に関してなど聞きたくなるかもしれません。 しかし、それらのことは事前に調べることで出てくることがとても多いです。 **せっかくですので、逆質問でも好印象をゲットして内定に結びつけましょう!** ## 傾聴力こそがコミュニケーション能力の決め手 【聴く】は【話す】以上に難しいんですよね。 就活では、話す力、伝える力に加え、傾聴力のある学生はコミュニケーションスキルが非常に高いと言えます。 では、どうやって傾聴力を鍛えればよいのか? その答えはとてもシンプル。 **興味を持って、相手の話を聴くことに集中する**ということです。 どういうこと?? と思った方、傾聴力を鍛えるのに有効なテレビ番組をご紹介します! ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ **[「サワコの朝」](https://www.mbs.jp/sawako/)** TBS系列 毎週土曜 あさ7時30分放送 TVer(ティーバー)でも視聴可能 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 「サワコの朝」はゲストの意外な側面や表情を引き出すトーク番組です。 そのインタビューを務めているのが阿川佐和子さん。 阿川さんはインタビューの際には、最初の質問だけは必ず考えていくそうです。 最初だけ?? と思った方もいると思いますが、 これこそが大事なポイントなんです。 「サワコの朝」を観ていると、阿川さんが**ゲストが語るストーリーや言葉のチョイス、 表情、感情、その全てに寄り添いながら、その都度気になることを質問している**のが分かります。 質問しなきゃいけないと意識すればするほど出てこないものなんですよね。 相手の話に集中して傾聴できるようになると、 **さらに深掘りたくなる点が出てきたり、相手の感情に変化がみえるようになります。** そうすれば、質問の幅が広がり、会話の深みが増すんです。 まずはお友達との日常会話から意識してみてください! 「気持ちよく話したいことが話せた!」 「話そうと思ってなかったことまで話してしまった!」 「話してたら、自分の新たな気持ちに気付いた!」 そう相手に言わせることが出来たら、あなたの傾聴は完璧です! 阿川さん著書のベストセラー [聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)](https://www.amazon.co.jp/dp/416660841X)も出ているので、 こちらもぜひ参考にしてみてくださいね! ## オンラインでもリアルでも変わらない面接のコツ 新型コロナウイルスの影響でオンラインでのコミュニケーションが多くなりました。 このスタイルは一過的なものではなく、距離や時間の制約を少なくするうえで 今後もある程度は様々なシーンで新しい様式として広く根付くこととなりそうです。 就職活動においてもオンラインでのグループワークや面接がオンライン当然の時代に。 オンライン面接で伝えることがリアルな対面での面接と比べて難しいと感じる方、変わらないと感じる方、 オンラインの方がリラックスできるという方など様々いらっしゃるかとかと思います。 そんな私はやはり対面がしっくりきます。。 新しい様式の到来ですが、実際は面接においてオンラインでもリアルでも熱意や想いの伝え方は、 大きく変わるものではないと思っています。 これから自粛一辺倒であった企業の選考も徐々に再開されていくとおもいますので、 今回は面接における大切なポイントを私なりにお伝えできればと思います。 ## 面接で一番伝えたいことを定める 先ず大切なのは何を一番伝えたいかを明確にして、それを伝える準備をしておくことです。 面接においては、面接官からの質問に答える形なのである程度の想像できるベーシックな質問を列記して、 その質問の回答から一番伝えたいことに結び付けられるようにすることです。 「これまでに頑張ったこと」 「自分の長所、短所」 「休日の過ごし方」 「社会人になったら何がしたいか」 様々な質問がありますが、複数のなかからのエピソードを用意し、そこから伝えたいことを 落とし込んでいけば意外に難しくないかと思います。 私の就活では、ほとんどの質問に対し自分自身のバックパッカー(海外の長期貧乏旅行)のエピソードから 得られた経験や気づきに繋げ、一番伝えたいことを最後の締めに話していました。 (私は当時、「旅行を通じて多様性のすばらしさを多くの人に伝えたい」というメッセージを一番伝えたいことと  定めていました。) ## 面接で一番伝えたいことを定めるときに大切なこと **自分自身がワクワクするメッセージ** 一番伝えたいことを定めるときにオススメの考え方があります。 先ず大切なのは、以前もお伝えしたかと思いますが、伝えたいことに自分自身がワクワクしているかです。 自分が楽しいと思えること、正しいと思える価値観や使命感があるかどうかです。 **社会的意義の視点を加える** 自分の伝えたいことに社会的な意義があるかどうかも共感を得るという点で重要です。 例えば、伝えたいことが自分の長所や特技だったとしたとき、その長所でどんな問題を解決できるか、 どんな人を手助けできるかを想像してみると良いと思います。 利己的な主張だけに終わってしまっていないかを改めてチェックして、利他の視点や社会に どうやって資するのかを考えて、追記すると相手の共感度があがるはずです。 **モーショナルな部分を意識したエピソード** 伝えたいことを表現する際にエピソードなどを用いる場合や質問でエピソードを聞かれる場合があるかと思います。 その際、エピソードは出来るだけエモーショナルな部分を意識することが大切です。 そこの部分にこそ自身の個性がでたり、面接官の共感を引き出すものがあるからです。 また、テクニックとしては数字で話せるところはしっかりと数字で伝え、より印象的な出来事は際立った 一瞬のことにフォーカスして話すことも効果的です。 以上、面接でのポイントを書いてきました。少しでもお役に立てれば幸いです。 この人を応援したい、一緒に働きたいと思われることが大切です。 是非、これから面接に挑む方は準備してみてください。 YouTubeでも面接の逆質問を攻略に関して解説してます。 もっと詳しく知りたい方はご視聴ください。 [面接の逆質問を攻略!面接力がアップするコツ](https://youtu.be/DAq3h89m7XE)
この記事を書いた人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
この人の記事をもっと読む
このページをシェアする