株式会社イマジナ
フォロー

この投稿をシェアする:

【21卒・内定者】マスク越しに“伝える”ということ

【21卒・内定者】マスク越しに“伝える”ということ

みなさん、こんにちは!
21卒内定者の大久保です。

みなさんは普段どのくらい表情筋を使って会話をしているでしょうか?
とあるデータでは、日本人が日常的に使用する表情筋の割合は全体の20%であると言われています。
それに対してアメリカ人は60%!
日本語は表情筋を使わなくても話せる言語であることがこの結果の一因であると言われていますが、それにしても低すぎますよね。

「日常的に20%しか表情筋を使わないこと」
は以前から問題視されていましたが、今回のコロナウイルスの流行を受け改めて問題視すべきではないでしょうか?

新型のコロナウイルスが流行したことで誰もがマスクをつけるようになりました。
顔の半分以上をマスクで隠しているのに、今まで通り表情筋を20%しか使わなかったら…
潤滑な会話のキャッチボールなんてできませんよね。

マスクをしていると声がこもり、伝えることが難しくなっているのに、表情筋を使わなければさらに伝えることは難しくなります。

しかし「相手に伝えること」にきちんと意識を向けることでこの問題は簡単に解決します。
伝えることに意識をむければおのずと話し方が変わってくると思います。

==============================
◆21卒・個別イマジナ企業説明会情報◆※webも可
https://www.passion-navi.com/company/seminar_group/3146/1042

過去の投稿




前へ 123456

説明会情報をみる

株式会社イマジナ