【サマーインターン直前】エントリー先の選定方法を徹底解説!

インターン 2022.07.19

【サマーインターン直前】エントリー先の選定方法を徹底解説!

こんにちは!インターン生のひさです!! 24卒の皆さん、就活の進捗はいかがでしょうか。近年の就活では、年々インターンの重要性が増していますが、そのインターンが最も多く開催されるのは夏の時期です。 そこで、今回は皆さんが気になるであろうサマーインターンの選び方やオススメの企業について紹介していきます! ## サマーインターンの重要性 本題の選び方に入る前に、まずはサマーインターンの重要性を知っておきましょう。 ### サマーインターンとは? そもそも、インターンとは就業体験を通じて仕事や企業への理解を深めるプログラムをいいます。その中でも特に、夏季に開催されるものをサマーインターンと呼びます。 ### サマーインターンに行くべき4つの理由 ここでは、サマーインターンに行くべき理由を紹介していきます。 #### 業界や企業理解が深まる 1つ目に挙げられるのが、業界・企業への理解が深まることです。大半のインターンでは、採用担当者から企業や業界に関する説明が行われるため、基礎知識をインプットすることができます。また、座談会形式のプログラムが設けられている場合もあり、そこでは実際に働く社員の方に直接質問することができます。インターンで得た情報は選考の際にも利用できるため、メモしておくと良いでしょう。 #### 選考対策になる サマーインターンの中には、参加者を決定するために選考を行う企業もあります。選考内容としては、ESやWebテスト、GD、面接が一般的であり、これらは本選考でも用いられることが多いです。そのため、夏の時期に選考を経験しておくことで、本選考のために経験値を積むことができます。 人気企業のサマーインターンは倍率が高いこともあり、不合格になる場合も多いですが、選考が経験できることをプラスに捉え、積極的に応募してみましょう。 #### 優秀な就活仲間ができる サマーインターンは夏の時期に行われることもあり、参加者の中には就活感度の高い学生が多い印象を受けます。また、選考有りのインターンになると、高い倍率をくぐり抜けた学生と出会えるため、自己成長や学びを得られることが多いです。インターンで出会ったメンバーとは積極的にコミュニケーションをとり、就活情報なども共有できるといいですね。 #### 本選考の優遇につながる 近年開催されるサマーインターンは、実質的に選考の場として利用されているケースが多いです。特に外資系の企業やベンチャー企業の中には、内定者のほとんどがインターン経由であることもしばしばです。そのため、志望度の高い企業のインターンには躊躇せず、エントリーすることをオススメします。インターン経由の選考は比較的早い時期に行われることもあり、早期内定を獲得すれば、本選考にも落ち着いた精神状態で臨むことができます。 ## サマーインターンの選び方 それでは、本題のサマーインターンの選び方について解説していきます。 ### 業界や企業で選ぶ 選定基準として、最も重要なのが業界や企業に注目することです。先ほども説明したとおり、インターンの本来の目的は、業界理解や仕事理解を深めることなので選び方としては適切と言えるでしょう。業界トップ企業のインターンは参加ハードルが高いですが、中堅企業のインターンでも十分、業界理解を深められるため参加してみると良いでしょう。 ### 実施期間で選ぶ インターンの中には、半日のものから1ヶ月以上の長期にわたるものまで、さまざまなプログラムがあります。実施期間が長ければ長いほど、仕事理解も深められ、社員の方と接する機会も多いです。長期インターンでは、学生でなく、社員としての働きを求められる場合も多いため、より実践的な経験を積むことができるでしょう。長期のインターンでは、業務を通じて自己成長が得られること間違いなしです。 ### プログラム内容で選ぶ インターンプログラムは大別して、企業説明型、プロジェクト型、就業体験型の3つに分けられます。プロジェクト型はグループワークを通して、商品開発や新規事業開発を行います。就業体験型は、実際の社員業務を学生が体験する内容になっています。どのプログラムも学びは多いのですが、自らの興味や要望に合わせて、参加先を検討してみると良いでしょう。 ### 早期選考や本選考優遇につながるかで選ぶ インターン経由の選考は近年活発化しており、早期選考や本選考優遇を目当てにインターン先を検討する学生も増えているのではないでしょうか。SNSやインターンネットで検索を行えば、優遇が施される企業を確認できるため、積極的に利用してみましょう。中には、本選考を受ける条件としてインターン参加を必須としている企業もあるため、志望度の高い企業のインターンは必ずチェックしておきましょう。 優遇インターンに関する記事は[コチラ](https://cheercareer.jp/ip_blogs/article/907/) ## 【業界・企業理解が深まるベンチャーインターン3選】 それでは、最後にベンチャー企業のオススメインターンを紹介していきます。ベンチャー企業のインターンに参加すると、本選考で優遇される場合が多いので、気になった方は気軽にエントリーしてみましょう。 ### [株式会社スタースピリット](https://cheercareer.jp/company/offer/4338/5510) 株式会社スタースピリットは、コンサル・人材事業を行っている企業です。スタースピリットのインターンでは、営業の業務を体験でき、研修の後にはお客様の前で実践を行います。期間は1ヶ月以上の長期となっており、成果を残せば、時給+インセンティブという形で報酬を得ることができます。社会人になる前に、営業スキルで周りと差をつけたい方にオススメのインターンです。 ### [ 株式会社SUMUS](https://cheercareer.jp/company/offer/3815/3196) 株式会社SUMUSは住宅業界に特化したコンサルティング事業を行っている会社になります。SUMUSのインターンはステップ形式となっており、適性検査に合格すると、3daysインターンに参加でき、そのパフォーマンスによって長期インターンにジョインすることができます。内定直結型のインターンであり、参加者のレベルも高いため、興味のある方はぜひエントリーしてみましょう。 ### [ 株式会社Cheer](https://cheercareer.jp/company/offer/2/5561) 株式会社Cheerは、就職サイト「CheerCareer(チアキャリア)」の企画、開発、運営を行っている企業です。Cheerのインターンの特徴としては、職種をエントリー後に選べる点が挙げられます。職種決定に際しては、社員の方から詳しい説明を聞く機会もあるため、業務内容を吟味することができます。自分のつけたいスキルが明確な方はぜひエントリーしてみましょう。 ## おわりに ここまで、サマーインターンの選び方を中心に解説してきました。みなさんのお役に立つ内容があれば幸いです。それでは、またお会いしましょう!
この記事を書いた人
ひさ
島根県出身、北海道在住。23卒のインターン生。
趣味はスポーツ観戦。海外サッカーをよく観ます!
最近の悩みは、寝る前に飯テロ動画を観てしまうこと。

ひさのTwitterアカウント
この人の記事をもっと読む
このページをシェアする