株式会社アイデンティティー
フォロー

この投稿をシェアする:

企業研究が大切


こんばんは(^_^)
営業女子の栗田です!
新年が明けてからもう2週間も経とうとしていますね~!本当に月日が経つのは早いです
 
みなさん就活準備は順調ですか?(^_^)
エントリーシート作成のために自己分析や業界研究に力を入れているところでしょうか?
 
 
しかし就活を終えてみて一番私が感じたのは企業研究の重要さです!
 
 
就職活動を進める中でたくさんの企業に出会い選考に進んでいくと思いますが、
たくさんの選考を経験すればするほど、たくさんの学びもある一方で
企業研究などはおろそかになっていくと思います。。。
 
自分自身を企業に伝えていくための自己分析や
業界を知っていくための業界研究はとても重要です。
しかし最終的にはその一つの企業に対して熱い思いを
直球で伝えていかなくてはなりません!!そのためには企業研究です!
 
 
いくら自己分析がばっちりで学生時代にさまざまな経験を重ね経歴がエリートであっても
その企業に対する思いや情報が完璧でなければ企業側は魅力を感じません。
 
大げさに例えれば、初対面で「あなたのことは知りませんが付きあってください!」
と言っているようなものなのです。。。
例えそれが自分の凄くタイプの相手であっても
自分のことを知らない人に交際を求められたら
「すぐにふられてしまうのではないか?」
「自分の性格を知ったら嫌われてしまうのでは?」
と感じると思います。
 
企業も同じです!
 
企業の中身に興味を持ちしっかりと知っている学生であれば
入社前のイメージと入社後のギャップを感じることもなくなります。
ギャップを感じる心配がなければないほど企業側は
会社をやめる心配はないだろうと感じるのです。
 
また企業研究が完璧であるということは志望度が高いという事へも繋がります。
そのため企業側は内定辞退のリスクが少ないと感じ学生に対し安心感を感じます。
 
 
企業側は学生に対し長く会社の中で活躍してくれることを期待しています!
ただ単純に自分をアピールするだけではなくこちら側から
企業をこれだけ知っていますよ!とアピールできるような
企業研究をしていきましょう!
 
来週は企業研究のやり方について書いていきたいと思います(^_^)
ではまた来週~
 
栗田

次の投稿:
当事者意識



説明会情報をみる

株式会社アイデンティティー