新卒から役員登用!2021年卒5名の採用に成功したバレットグループの理念共感採用とは

採用手法 2020.12.25

新卒から役員登用!2021年卒5名の採用に成功したバレットグループの理念共感採用とは

平塚:今回は、チアキャリアにて素晴らしい功績を残されたベンチャー企業を表彰するCheerCareerAwardsにて、エントリー賞を受賞されたバレットグループ株式会社の成田さんに、ハイパフォーマーを排出する理念共感採用についてお聞きしました。 新卒での幹部候補採用や、理念共感採用にご興味のある企業さま、必見です!
学生一人一人のキャリアに向き合う、ホスピタリティ溢れる対応が新卒採用成功の鍵

エントリー賞

募集に対するエントリー数が多く
候補者からの高い人気を集めた企業様に贈る賞です。

情熱フェスタで9名の採用に成功したヴィックスコミュニケーションズに迫る

1、採用で意識しているポイント


平塚:改めてCheerCareerAwardsエントリー賞の受賞、おめでとうございます! 早速ですが、2021卒は月額5万円で5名の採用に成功されたバレットグループさんの採用メソッドを教えてください。 成田:ありがとうございます。 バレットグループの採用で最も大事にしているのは「理念共感の採用」です。 弊社では「人を育てられる人を育てる」というポリシーを掲げており、「成長」や「人」にフォーカスするITベンチャーです。ITベンチャーの中で、ここまで成長や人に注力している会社はなかなかないんじゃないかと思うのですが、この理念は、採用活動でもかなり強く意識しているので、説明会や選考、選考途中の1dayインターン、代表との最終選考まで徹底的に浸透しています。 平塚:「人を育てられる人を育てる」のポリシー、素敵です! 選考中に1dayインターンもあるということは、働く社員のリアルが知れる選考ですね! 成田:そうですね、選考を通しての体験一つでエントリーする学生層や採用率、さらには入社後の定着率まで変わってくるので、「選考中にバレットグループのリアルを知ってもらう」ということは非常に意識しています。 バレットグループの採用はスキルや経験ではなく、私たちが大切にしている「理念」の深い部分まで共感してくれることが最も重要なんです。 平塚:実際に、理念共感度はどのように見極めていらっしゃるのですか? 成田:理念共感をしてくれる方の共通ポイントは「素直さ」「自走力」「胆力」だと感じております。 先ずは何事も受け入れチャレンジできる素直さ。 そして自ら手をあげ走っていける自走力。 どんな分厚い壁がきてもあきらめずに乗り越えようとする粘り強さ、すなわち胆力。 こういったところを会話のなかでお話させていただいています。 また、傾聴力と発信力のバランスも大切だと感じており、グループディスカッションでは言葉遣いや目配り気配りをされているかなど「人としての在り方」も見させていただき、見極めをしております。 それを通して一緒に働いているイメージが湧くかどうかがポイントだったりもしますね! ちなみに、2021卒はチアキャリアから5名の学生を採用しましたが、どのメンバーも素直で成長意欲も高く、理念共感軸でバレットグループを選んでくれています。選考中に成長意欲のエピソードで盛り上がる度に嬉しくなりました。 平塚:役職者のうち20代が30%を占めるバレットグループさんの採用成功の秘訣、よくわかりました!ベンチャー企業こそ、大変な時こそ一緒に乗り越えていける「理念共感」の強いメンバーの採用は大事ですよね!

2、CheerCareerの運用ポイント


平塚:今回、CheerCareerAwardsでエントリー賞を受賞されたバレットグループさんですが、チアキャリアでエントリーを獲得する運用ノウハウについても教えてください! 成田:任せてください! チアキャリアは2016卒から毎年活用させていただいているのですが、 1.企業情報や募集の更新 2.タイムラインの更新 3.スカウトの送付 はほぼ毎日行っています。 採用サイトは運用が命なので。
バレットグループ株式会社
平塚:企業情報の更新とスカウト、タイムライン投稿を毎日! たくさんチアキャリアをご活用いただき嬉しいです! 成田:特に、企業情報の更新は毎日行っています! バレットグループの場合は、チアキャリアの運用はすべて内定者に任せております。入社する前から成長できる機会として人事の業務も裁量をお渡ししております。 その活動を知ってくれた学生さんが興味をもってくれることも多いです。直近まで就活していた新卒メンバーに任せることで、登録学生への訴求やベンチャー就活生が本当に求めている情報をピンポイントで届けることができるので、コンテンツもかなり充実するというメリットもあります。 バレットグループのタイムラインが学生向けの就活ノウハウ系の投稿が多く、タイムラインからのエントリーが多いのも内定者の頑張りの成果なんです。 平塚:素晴らしいですね! ちなみに、バレットグループさんではなぜ運用を内定者に任せているのでしょうか? 成田:バレットグループの目的としては大きく2点あって、 1.自社理解や、自社愛の醸成になる 2.自己成長 という目的があります。 特に、自社理解や自社愛の醸成にはチアキャリアのタイムライン更新が非常に有効なんです。内定承諾した会社のことを就活生向けに発信するために先輩に話を聞いたり、内定先企業の好きなポイントをアウトプットする時間ができるので、「やっぱりバレットグループに決めてよかったな。」と気づいてもらえることが多いんです。 そのため、内定者の初めての仕事はチアキャリアの運用としているほどです。
平塚:さすがです! バレットグループさんは2021年卒で5名の採用に成功されたようですが、実際にチアキャリアを運用してみての効果はいかがでしたか? 成田:今年は内定者も本当によく頑張ってくれたので、2021年卒では475名のエントリーがあり、そこから5名の新卒メンバーを採用することができました! しかも5名ともスーパー優秀でびっくりです! 選考のタイミングから「バレットグループ一本です」という就活生が多くて、優秀かつバレットグループの理念に共感してくれる学生を早期で採用することができました。 平塚:早期で採用した内定者がチアキャリアを運用することで、内定フォローになっているのですね! 成田:そうですね! 内定者フォローも兼ねてチアキャリアの運用を任せるのは数か月で、あとは配属予定の事業部で長期インターンをする仕組みにしています。 バレットグループの場合は、長期インターンでもガッツリ売上目標やKPIを立てて社員並みにコミットしてもらうので、やっぱりみんな最初は大変そうですが、入社した瞬間にMVPや新人賞などを獲得しているので、内定者のコミット力には毎年本当に尊敬します。

3、チアキャリアでの実績と学生の特徴


平塚:もうインターン生ではなくトップセールスというイメージですね!(笑) 2021卒は5名の採用に成功されたバレットグループさんですが、例年チアキャリアでどのような就活生との出会いがあるのでしょうか? 成田:例年、チアキャリアで出会う学生は 1.ベンチャー志向でアクティブな学生 2.ネームバリューより理念共感軸の学生 3.自己成長欲がハンパなく高い学生 4.即レス!ができる学生 がとても多いです。 まさに、バレットグループで活躍するメンバーと共通する学生ばかり。 例えば、2020卒でチアキャリアからで採用した新卒メンバーは、過去4年間誰も更新できなかった「内定者インターン中に売上1000万円」という社内記録を、内定者期間中にしっかり塗り替えてくれましたね! そのメンバーは、やっぱり面接のタイミングから本気度が違ったのですが、「絶対にその記録、抜きます!」と宣言してバレットグループに入社してきたんですよね。でも、やっぱり先輩の記録を抜くって生半可な覚悟ではできないので、本人が相当な努力をしていたのも知っていました。人事として日々成長していく姿を見守りながら、心配と期待でドキドキしていました。 なので、達成の報告をもらったときは、本っ当に感動しましたね! また、その新卒メンバーは自分の事だけではなく、後輩のためにも寝る間を惜しんで努力するタイプだったんですよね。例えば、2021卒の内定式プロジェクトメンバーを募った時に営業として物凄い数字を追っていてそれどころじゃないはずなのに、一番最初に立候補してくれたんです。 それだけで物凄く嬉しかったのですが、なんと、私たち人事に隠れてサプライズで内定者歓迎ムービーまで作ってくれたんです…!人事としては、後輩のためにここまで…と感動して号泣しました。 目の前の仕事だけではなく会社や後輩にも愛を持って接することができるメンバーを誇りに思いますし、インターン生でここまで自分の仕事に責任を持って全うできる学生も、なかなか他のサイトでは出会えないんじゃないかな、と思いました。 平塚:凄いエピソードですね…。鳥肌が立ちました。 実際にバレットグループさんでは過去チアキャリア経由で採用された先輩方も大活躍されていと伺いました! 成田:そうですね! CHROとして執行役員に就任した2016年卒の桜井は、チアキャリアで採用した2016卒新卒メンバーです。 内定者インターンの時にすでに1000万円以上を売り上げるトップセールスだったのですが、入社後はその成果とスキルが認められて広告事業の事業部長に昇進、仙台支社立ち上げの経験を経て、2020年6月に執行役員としてCHROに就任しました。 支店の立ち上げは、机も椅子もないところからだったので正直言葉では言い表せないほど大変だったと思います。言ってしまえば、資金を作ったり、メンバーを自分から採用しに行ったりという所からなので、もはや起業同様の経験をしたのではないかと思いますね。

4、チアキャリアと他媒体との違い


平塚:なんと感動的なストーリー!! バレットグループさんの成長にチアキャリアがお力になれていること、嬉しく思います! それでは最後に、チアキャリアと他媒体との違いについて教えてください。 成田:チアキャリアは、何より学生さんの質が本当にズバ抜けています。 ベンチャー志向で、アクティブで、成長意欲が高くて、優秀なメンバーを例年採用できているので、もう手放せません。(笑) また、会社情報や募集、タイムラインなどを更新すればするほど、多くの就活生に会社の想いが届きますし、そのpv数に比例してエントリーも伸びるので運用が楽しいです! 今年は特にコロナ禍で社風が伝えにくい採用でしたが、オンライン選考にもかかわらず、タイムラインやアルバムなどの機能を通して、理念共感の強い優秀なメンバーが採用できますし、チアキャリアにバレットグループの想いがすべて詰まっているので、個人的には採用ツール兼企業広報ツールとしても活用させていただいています。 最近では投稿したタイムラインをTwitterで拡散したりして、より多くの学生さんにバレットグループを知っていただくツールとしても重宝しています。
情熱フェスタで9名の採用に成功したヴィックスコミュニケーションズに迫る 平塚:SNS連携も使っていただいているのですね! ありがとうございます! 今後もベンチャー志向の就活生と企業様とのマッチングを目指して、働くにワクワクできる就職サイトを目指してまいります。 改めて、今回はCheerCareerAwardsでのエントリー賞の受賞おめでとうございます! ベンチャー企業・スタートアップで積極採用中の企業は バレットグループさんのように優秀な人材を採用するチャンスです。 CheerCareerは、ベンチャー志向の学生とのマッチング率が魅力。 成長志向性の人材とのマッチング率 CSの充実/原稿フォローも◎ コストパフォーマンス/1社平均4.5名の採用数 今年は月3万円のプランで新卒40名、中途3名採用した企業様もいらっしゃいます。 21卒、22卒、インターン、第二新卒の募集にご活用いただけるので ぜひチェックしてみてください。 ▼CheerCareer(チアキャリア)へのお問い合わせはこちら
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
この人の記事をもっと読む
このページをシェアする