【24卒就活生まずこれを見よ!】就活で良く言われる業界とは!?

マナー 2022.07.11

【24卒就活生まずこれを見よ!】就活で良く言われる業界とは!?

## 就活でいわれる「業界」についてお伝えいたします 皆様こんにちは!! 今回はタイトルにもある通り就活で良く耳にする「業界」についての 定義や業界の絞り方についてお伝えしていきます! **「就活で業界って良く聞くけど、詳しい内容は分からない」 「業界を調べる必要あるの?」 「具体的にどんな業界があるの?」**など 上記のような疑問を抱いている方は多いのではないでしょうか。 今回はそういった方達に向けて就活で良く耳にする「業界」についての 疑問を解消したいと思い記事を書くことにしました! 特に24卒の方は必見なので、 最後まで読んでいただけると泣いて喜びます。 ではいきましょう。 ## 就活での業界の意味とは!? ### 就活で良く耳にする「業界」とは 皆様「業界」とはどういう意味だと思いますか? 業界とは **「自社で取り扱う製品の種類やサービスによって会社を分けたもの」** という意味になります。 有名なものでいうと**「金融」「商社」「メーカー」**などが、 よく業界で分けた際に紹介されます。 また各業界は密接に関わりを持っております。 例えば、メーカーが商品を製造しその商品を商社が仕入れ、 小売店が販売します。 一見各業界は離れているようで、このように各業界は 密接に関わりを持っております。 それでは企業分析がなぜ重要なのか次の内容でお伝えいたします! ## 業界・業種・職種の違い 続いては業界とよく間違われやすい業種・業種についてお伝えいたします! **業種とは 会社が取り扱う事業の種類になります。** 例えば、メーカーという1つの業界の中でも食品メーカーや自動車メーカーや医薬品メーカーなど多くの種類があります。 この食品メーカー、自動車メーカー、医薬品メーカーの種類のことを 業種といいます。 続いて職種についてお伝えいたします。 **職種とは 仕事の種類を意味している言葉となります。** 例えば、営業職や企画職やマーケティング職などがあげられます。 この業界・業種・職種という言葉は、 就活において間違えられやすいため必ず覚えておきましょう!! ## 業界の種類 ここまでは業界の意味とは?っというところを中心にお伝えしてきましたが 続いては業界の種類についてお伝えいたします。 ### **金融業界** 金融業界とは、主に金融商品を取り扱う企業のことを指します。 業種では銀行や証券会社や保険会社などが挙げられます。 職種では、 営業職やファイナンシャルアドバイザーなどがあります。 ### **IT業界** IT業界とは、情報技術を活用してサービス展開する企業のことを指します。 業種ではインターネットやWeb 、通信などが挙げられます。 職種では、 エンジニア職やデザイナー職などがあります。 ### **不動産業界** 不動産業界とは、土地や建物に関わる企業のことを指します。 業種では不動産売買や不動産仲介などがあげられます。 職種では、 営業職や事務職などがあります。 ### **広告業界** 広告業界は、広告に関する様々な仕事に携わっていく業界です。 業種では広告代理店や広告制作などが挙げられます。 職種では、 プロデューサー職やプランナー職があります。 ### **コンサル業界** コンサルティング業界は、企業が抱える様々な課題を解決する業界です。 業種では戦略コンサルティングやITコンサルティングなどが挙げられます。 職種では、 コンサルタント職やアナリスト職があります。 ### **商社** 商社は国内外のあらゆる企業を対象に、 自社の商品やサービスを販売したい企業とその商品を購入したい企業の 取引を仲介する仕事です。 業種では総合商社と専門商社などが挙げられます。 職種では、 営業職や事業企画があります。 ### **メーカー** メーカーとは食品や機械など製品を生産する企業のことを指します。 業種では自動車メーカーや食品メーカーなどが挙げられます。 職種では、 商品企画職や製造職があります。 ### **人材業界** 人材業界とは求職者と企業をつなぐ業界のことを指します。 業種では求人広告や人材派遣などが挙げられます。 職種では、 営業職やキャリアコンサルタント職があります。 ## 業界の絞り方3選 ここまで業界とは?っという業界の意味に部分から 実際の具体的な業界のことを伝えてきました。 続いては業界の絞り方のコツを大きく3つに分けてお伝えいたします。 ### 業界の絞り方①自分の興味・関心のある業界で絞る まず絞り方の1つ目は**自分の興味・関心のある業界で絞る**ことです。 子供や学生時代の時から興味のある業界などがあれば、 その業界から企業分析や業界分析をすることをオススメします。 その理由としては、**自分のやりたいことが明確になっている**からです。 就活初期でやりたいことが明確になっている人は あまりいないのではないかと思います。 その中でやりたい業界が明確になっていることはすごいことなので、 やりたい業界があるのであれば真っ先に調べましょう!!! 調べたうえでイメージと異なっていれば、 他の業界にいつでも変えることができますので! ### 業界の絞り方②就活軸に沿って業界を絞る 2つ目の業界の絞り方は**就活軸に沿って業界を絞る**ことです。 大体の方は就活の初期でやりたいことが明確になっていないと 思います。 その場合は就活軸に沿って業界を絞ることをオススメします! では、その場合どう就活軸を決めたら良いんですか?という疑問に なると思います。 就活軸はとにかく**自己分析**をして就活軸を決めましょう! 私が過去に自己分析に関して記事を出しておりますので、 是非こちらも併せて見てください! 自己分析記事URL: ### 業界の絞り方③自分のやりたい職種から業界を絞る 2つ目の業界の絞り方は**自分のやりたい職種から業界を絞る**ことです。 就活初期の段階で例えば、 **営業やってみたい**や**マーケティングやってみたい**などの思いのある方 いるかと思います。 その場合は、職種で業界を絞ってみてください!! 職種で業界を絞って業界研究をしてみると 同じ職種であっても業界によっての違いなど見えてきます! ## まとめ いかがだったでしょうか!? 業界を知ることは就活にとっては必須になってきますので、 色んな業界を調べて業界についての知識量を増やしおきましょう!! また先ほどもお伝えしましたが、 **企業分析前に自己分析はやっておくことをオススメします!** 企業分析がすごくラクになりますよ! 自己分析の本や記事もたくさんありますので、是非色々調べてみてください! ## 最後に CheerCareerでは、急成長ベンチャーや急成長スタートアップが多数掲載されております。どんな企業があるか気になる方はぜひCheerCareerに登録してみてください! **▼ CheerCareer(チアキャリア)会員登録はこちらから** https://cheercareer.jp/register CheerCareerではあなたの就活・内定後の未来のことを本気で応援します。 悩みを一緒に解決して、働くことにワクワクしましょう!
このページをシェアする