これをするだけで通過率があがる?エントリーシート(ES)の書き方

ES対策 2020.09.09

これをするだけで通過率があがる?エントリーシート(ES)の書き方

皆さん、こんにちは! 就職活動真っ最中の方も、これから始めようと思っている方もどうお過ごしでしょうか? 私はコロナにもめげず最近転職を成功させた友人の話を聞いて、自分も頑張ろうと仕事へのモチベーションが高まっています! さて、いきなりですが皆さんは**自分のエントリーシート(以下ES)を自信を持って提出できていますか?** すでに何社かに出している方もいれば、これから初めて書く方もいると思います。 でも初めから自信を持って提出できる方はそんなに多くはないのではないでしょうか? きっと ・ESがなかなか通過しないと悩んでいる ・初めて書くけどどう書けばいいかわからない と、困っている学生さんもいらっしゃると思います。 そこで今回は**筆者の経験を交えつつ、ESの書き方を紹介していきます!** 筆者も最初はESをどう書けばわからず苦戦していました。 そこで自分なりに調べたり、出身大学のOBのES添削経験のある方に書き方を指導してもらうことで通過率を上げることができました。 コツを掴んでからはESで落ちることはほとんどなく、毎回自信を持って提出していました! それでは、そんな筆者のESの書き方を早速お伝えします! ## 経験者は語る!通過するESの書き方 ### エントリーシート(ES)の書き方① 「私は」はいらない これはES添削経験のある方から教わった方法です。 主語がないとおかしいと思っていた筆者はそれまで当たり前のように「私は〜」から始まる文章を書いていました。 しかし、それでは限られた文字数の中でもっと他に伝えたいことがたくさんあるのにもったいないのです! ESに自分のこと以外を書く人はいないですし、企業の人事の方もそれを前提にESを読んでいるのですから毎文ご丁寧に「私は」と主語を書く必要はありません。 その分エピソードなどをわかりやすいように詳細に書く方が、読み手にとって喜ばれるでしょう。 初めてこの方法を聞いたときは目からウロコでしたが、これを取り入れることでこの後紹介する書き方にも文字数に余裕を持って実践することができます。 また、私自身何人かの方のESの相談祈ったことがありますが、これをやっている方はほとんどいませんでした。 意外と盲点ですがESは1文字1文字が大切になってくるので、ぜひやってみてください! ### エントリーシート(ES)の書き方② 一文目は結論から書こう 人事が提出された全員分のESを隅から隅まで全て読んでくれることはないので、一番伝えたい結論を文頭に書きましょう。 これはESだけでなく面接での話し方などにも通じることであり、社会人としてできて当たり前のことになります。 だからこそ必ずできていなくてはいけないことので、似たような記事も書いてあるとは思いますがここでも書いています。 また、質問された文章をそのまま使って文を書き始めるのがおすすめです。 例えば、質問項目が「志望動機」であるなら、「志望動機は〜です。」で始めます。 人事の方は質問項目を把握した上で学生の記入欄だけを一気に読むことも想定されるので、 この書き方をすればいきなり記入欄から読んだとしても自分の主張がきちんと伝わるでしょう。 ### エントリーシート(ES)の書き方③ エピソードの詳細は数字で伝えよう 学生時代に力を入れたこと、いわゆるガクチカなどは皆さん必ず言いたいことに関連するエピソードを書いているかと思います。 こういったエピソードは結果や過程を数値化して書くことで、読み手にとってイメージしやすく、また説得性も生まれます。 極端ではありますが例をお見せしましょう。 例1)学生時代に力を入れたことはTOEICの勉強です。 大学のある日は通学時間や授業の空きコマをといった隙間時間を利用したり、休日は過去問を解いたりと毎日計画的に勉強しました。 結果として1年間で目標としていた800点を達成することができました。 例2)学生時代に力を入れたことはTOEICの勉強です。 通学の時間で単語とリスニングと授業の間には文法を解き、休日は過去問とその復習で4時間と毎日計画的に勉強しました。 結果として1年で600→800点と200点のスコアUPを達成することができました。 どうでしょうか。どちらも文章の長さは同じくらいですが、例2の方が勉強時間と目標達成までを数値化したことで読んでいて理解しやすいと思います。 限られた少ない文字数の中でエピソードを詳細に書くのは難しいことですが、 読み手の理解度と納得感に大きく差が出てくるところになるので、ぜひ数値化を意識して書いてみてください。 ### エントリーシート(ES)の書き方④ エピソードは目立ったもん勝ちじゃない 「あなたの強みを教えてください。」これもよく聞かれる質問の一つですよね。 こういった質問にもエピソードを交えて書くことが多いですが、読み手の印象に残りたい!目立ちたい!といった思いから自慢話のようになってしまっていませんか? 読み手の印象に残るエピソードを書くのはもちろん大事ですが、そのエピソードを通して伝えたいことはあくまでも自分がどういう人間であるかです。 話ばかりが大きくなってしまい、内容が薄っぺらくなってしまったら、そのエピソードはただ悪目立ちしてしまうだけです。 バイトやサークル、ゼミなど他の学生とネタが被ってしまうことを気にする必要はありません。 テーマは同じでも、自分はどういったときにどういった行動をするのか、それを伝えるのが一番大切です。 目立とうと考えるよりも、自分がどういう人間であるかを読み手にわかりやすくに伝えられるようにしましょう。 ### エントリーシート(ES)の書き方⑤ 入社してやりたいことは企業の方向性に沿ったものを書こう 「入社してやりたいことはなんですか」 ESだけでなく面接でも聞かれることのある質問だと思います。 これは単に自分がやりたことをそのまま書くのではありません。 それがもし会社の今後の方向性とは真逆のものであったとしたら、内定からは遠のいてしまします。 企業の方向性に沿ったことを書くことで企業研究をしっかりしてきているんだな、と志望度の高さをアピールすることができます。 でも、企業の方向性はどうやって調べればいいの?と思われるかもしれません。 その方法もこちらで紹介します。 上場している企業であれば、中期経営計画に目を通すと良いでしょう。 今後企業がやりたいことがわかりやすく書かれています。 それ以外の例えばベンチャー企業であれば、経営陣自らがSNSを運用して情報を発信していることが多いのでチェックしてみましょう。 企業の方向性だけでなく ## まとめ いかがでしたか。まずはご紹介した中の気になった一つからでもいいので是非ESを書く際に取り入れて これからの就活に生かしてみてください。 CheerCareerでは、ES対策のセミナーも開催しています! ぜひご参加ください! [あなたの自己PRをCheerCareer(チアキャリア)の就活キャリアアドバイザーが添削&フィードバック](https://cheercareer.jp/event/detail/177) 自信を持ってESを提出して、次のステップに進んでいきましょう!
この記事を書いた人
マツモト
新卒で不動産仲介の営業として就職。
その後、約1年で退職し某プログラミングスクールでの学習を経て
2020年1月からCheerに入社。
文系体育会出身からエンジニアとして活躍するため、日々奮闘中。

マツモトのTwitterアカウント
この人の記事をもっと読む
このページをシェアする