当たり前だけれど、意外とやってしまう就活マナー違反!~電話編~

マナー 2020.03.02

当たり前だけれど、意外とやってしまう就活マナー違反!~電話編~

こんにちは! 3月に入り、21年卒予定の学生の就活も本格化していますね! 中にはもう内定が出たよ…という方も。 今、真っ最中の方やこれから、という方も焦らずじっくり進めてくださいね! さて、本日のテーマ。 # 当たり前だけれど、意外とやってしまう就活マナー違反! そう、**ポイントは「当たり前だけれど」という点。** きっと、「え!?そんなこと言わなくても当たり前でしょ?」とほとんどの方が思うことを挙げていきます。 しかし、意外にもこれを理解していない学生さんが多いんですよ…"(-""-)" 簡単なものばかりですので、すぐに改善してくださいね(^^)/ ## 電話を受ける時 ### 不愛想に、出ていませんか? 今はほとんどの方が携帯電話を持っているため、企業からみなさんの携帯電話に直接お電話がかかってくる時があります。 **知らない番号からの着信…。** この時期、色んなセールスの電話があることもあるので不審に思いながら出るのは仕方ありません。 そのため、電話に出た時点で「はい、〇〇です」とは名乗らなくても大丈夫です。 (企業の方もその辺りは理解してくださいます) **まずは、「はい、どちら様でしょうか」と話してみましょう。** そうすれば、企業の方も「〇〇株式会社人事部の△△ですが…」と名乗ってくださいます。 そうやってどなたからのお電話かを把握し、 「登録のない電話番号からでしたので、名乗らず失礼いたしました。  お電話ありがとうございます。〇〇大学の××です。」 という風に、自らも名乗り会話をスタートしましょう。 * 名乗らず失礼したこと * お電話いただいたことのお礼 * 自分を名乗る ことがポイントです。 ***NG例*** ×あー、はい。といつまでも名乗らずぼんやり会話する (本当に応募してきたんかい!とツッコミたくなるような態度の方) という方。。論外ですが、いらっしゃいます。 ### 対策として 知らない電話番号からの着信の場合、警戒するのは就活生に限らず誰でも同じです。 事前事後の対策として、 #### エントリー企業(または選考に進んだ企業)の電話番号を登録しておく #### 不在着信で折り返す前は、ネットでその番号を検索し、企業名がヒットしないか調べる #### 留守番電話機能を使い、企業様にメッセージを残してもらうようにすること (多くの企業の方は、留守番電話になった場合は、自身を名乗り、何で電話をしたのかを  メッセージに残してくださいます) ということで、企業名を把握し対応することができます。 **最近、「只今電話に出ることができません、のちほどお掛け直しください」というメッセージのみが流れる方が多いです。** 企業の方も何度もかけ直すほど暇ではありません。 **留守番電話機能**があれば、メッセージを残すことができ、企業の方も簡単な用事であれば何度もかけ直す手間が省けます。 就活期間中だけでも、留守番電話機能を活用することがおすすめです・・。 **また、電話に出て知らない番号の相手先がわかった時は電話番号を登録しておきましょうね!** ## 電話を折り返す時 ### 相手先がわかっている場合 留守番電話のメッセージや、自身の電話帳に登録していた、などで相手が誰か分かって電話をする時は、 「○○大学の××です。先ほどお電話がありましたので折り返しご連絡いたしました。  人事部の○○様をお願いいたします。(携帯電話への折り返しであれば〇〇様でしょうか)」 * 自身を名乗る * なぜ電話をしているか(着信があったため) * 誰につないで欲しいのか(会社の固定電話への折り返しの場合)  または * 誰にお電話しているのか(携帯電話の場合はだいたいがその担当者) を伝えます。 その上で、 「先ほどは、お電話をいただきありがとうございます。出ることができず失礼いたしました。」 と、 * お電話をいただいたお礼 * 出れずに申し訳なかったこと を伝えましょう。 ### 相手先がわからない場合 調べてもわからない場合は、以下を伝え、折り返します。 「さきほど不在着信がありましたため、お電話をさせていただきました。失礼ですがどちら様でしょうか。」 と、伝えます。 ポイントは * エントリー先の企業ではなく、不審な電話である可能性もあるので名乗らないでOK * なぜ電話をしているのかを伝える(不在着信があったため) * 自身を名乗らず、相手を伺うので「失礼ですが」と冒頭につけて聞く。 すると、相手先が誰なのかを名乗ってくださるので、続いて 「○○大学の××と申します。登録のない電話番号でしたので名乗らず大変失礼いたしました。  お電話いただきありがとうございました」 と * 自身を名乗る * 名乗らず失礼したことを詫びる * お電話いただいたことの感謝を述べる ようにしましょう。 ***NG例*** 「さっきお電話があったのでかけ直しているのですが」 のみで、終わり、 ×相手が名乗ってくれても自身を名乗らない ×名乗らなかったお詫びもしない ×お電話があったお礼も言わない というパターン。。 相手が誰なのかをわかっていても、上記のような対応をする学生も見られます。 * 今まで携帯電話は家族や友達との間でしか使ったことがない * 家庭での固定電話がなく、自分の知らない人の電話を受ける機会がない というのが今の就活生のよくある環境だと思います。 慣れない対応で気づかないのも仕方ない部分もあるかもしれません。 **マナーが悪いと選考の場ではなくても印象が悪くなります。** もし、あなたが選考のボーダーラインにいた場合、電話等の対応が * いつも好印象だった学生 * 印象の悪かった学生 どちらを選ぶでしょうか…。 **マナーは相手への心遣いから生まれるもの。** 慣れないことでも、相手を思いやり、自分だったらどう思うか考えながら行動すると気づけることも多いですよ! **企業様とのやり取りも選考の一つになり得る**ことを頭の片隅に置いてくださいね!! 
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする