株式会社ウィンキューブホールディングス
+ フォロー
やな宿題はぜーんぶ ゴミ箱にすてちゃえ♪

2022.06.03

やな宿題はぜーんぶ ゴミ箱にすてちゃえ♪


おジャ魔女どれみです。

あ、私がじゃないですよ、タイトルが、
おジャ魔女どれみの主題歌の一部、ということです。

私の弟、この歌が好きみたいで、ずーっと歌ってます。
大丈夫かな、頭。


なんでこんな話をしているかというと、
子供をターゲットにマーケティングしたらどうなるのかな、
と思ったからです。

大人の目線で聞くと、おジャ魔女どれみの歌はお馬鹿さんに聞こえるけれど、
子供の目線に立つと、すごく共感の嵐なのでは?

例えば、
「不思議な力がわいたらどーしよ!」とか
「きっと毎日が日曜日 学校の中に遊園地」とか、

私めちゃくちゃ考えてました。


おジャ魔女ドレミのターゲットは3~8歳くらいまでの女の子なので、
1999年の放送当時もばっちり彼女たちの心をつかんでいたんだと思います。


今でも、成長した当時のターゲット層からの支持を狙ってマーケティングしています。

例えば、若い女性に人気の指原莉乃さんがコラボアイドルプロデュースしているし、
映画に出てくるメインキャラクターも、

・バリキャリの帰国子女商社ウーマン
・ダメ彼氏と別れられないフリーター
・大学生

になっていて、1999年ごろおジャ魔女どれみを見てた世代の大多数をカバーしています。

少子化が進む日本ならではの、
考え抜かれたマーケティングですね。

投稿一覧
12345