株式会社ウィンキューブホールディングス
フォロー

この投稿をシェアする:

「好きなタイプは?」と聞かれたときのベストな回答

「好きなタイプは?」と聞かれたときのベストな回答

皆さんは好きなタイプを聞かれたら、何と答えますか。

高い頻度で話題に上りますが、回答の仕方によっては大事故にもつながるため
答え方には気を使いたいテーマです。


「モデルの○○ちゃんとか~」「絶対ジャニーズの○○キュン!」
など、芸能人で答えると(そんなのシャバにはいねえよ)
と思われてしまいますし、

「優しい人かな」「面白い人が好き」
と内面重視でいくと
「え?じゃあ優しければ見た目はなんでもいいってこと?」
「めっちゃ面白い全然好みじゃない人と、ツンケンしてるけどめちゃくちゃ好みの人どっちからも告られたらどっち選ぶの?」
なんて極端なことを言い出す人が一人は出てきますし、

「パーマで背が高くてアウトドアが趣味なAB型の長男坊かな?(つまりアナタ)」
「今目の前にいる人(キミだよ)」
みたいなテクニックはガチ狙いの時にしか使えません。

「一緒にいて楽な人」「テンション感が合う人」
という答え方は一見正解のようにも見えますが、
(誰だってそうだろ)(当たり前のことを言うな) 
と思われていそうで、
太鼓判は押せません。


永遠に正解が導き出せない問答ですが、
これには理由がありました。

【シチュエーションによって回答を変えるべき質問だから】なのです。


相手が自分を好きそうだし、自分も好き!と思ったら
「好きなタイプは今目の前にいる人♡」が効果抜群ですし、 

友達が誰か紹介してくれる、ということであれば
「二重で黒髪、身長は私より高くてやせ型、ヒゲと体毛は薄め、眼鏡が似合う、草食系希望。やりらふぃーだけはNG」
など、細かく指定する方が確実に得策。

合コン(死語)では「私のことを好きな人がタイプ♡」「押しに弱いの…★」と言って盛り上げておくのがベターです。

相手や状況によって変化し、正解は一つじゃない。
まずは市場のニーズを把握しベストな回答をだすこと。
これが正解に近づけるためのアクションです。


そしてこれはマーケティングも同様。
正解は一つではなく、常にその市場のベストを探し続けるお仕事なのです。

マーケティング力が高まれば、
恋愛市場でも一人勝ち。

「嘘こけ~!」「騙されっかよ!」「正直モテてぇ」
なんて思ったあなたは
ぜひ自分の目で確かめに来てみてくださいね。

ーーーーーーーーーーー
https://cheercareer.jp/company/offer/3885/3025
選考会日程公開中!
ーーーーーーーーーーー
3月がラストチャンス。
この機会、逃さぬよう。

ゆうきさん
人事採用担当
子会社人事から本社人事へキャリアアップ系の妙齢女性。ウニとイクラ…詳細を見る
子会社人事から本社人事へキャリアアップ系の妙齢女性。
ウニとイクラとエビが好きで、丸々とした猫二匹と暮らしている。
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社ウィンキューブホールディングス