株式会社ウィンキューブホールディングス
フォロー

この投稿をシェアする:

9月5日は教師の日。

9月5日は教師の日。

どうも僕です。土曜日でお休みですが、パソコン見てたら【教師の日】って書いてあったので
「ああぁ、そういえば俺昔学校の先生になりたかったんだよね。」と思いながら、Wikipediaで教師の日について調べてみました。

・第2代インド大統領で、近代インドを代表する思想家でもあるサルヴパッリー・ラーダークリシュナン1888年の誕生日を記念。

ということでした。
9月5日が教師の日なのは、インドでした。

日本では、10月5日の世界教師デーを教師の日にしてるっぽいです。

そんなことはどうでもいいんですが、僕が言いたいのは、大学生の時に自分が人事部門で企業の執行役員になるなんて想像もしていなかったという事。
学生時代のぼくは、どこにでもいる大学生でした。

・レゲエのMIXCD作って販売したら、共同制作者が売上全部持って逃走。
・小樽運河でレザークラフト作って売ってた。トイレ行った隙に商品全部盗まれた。
・ラグビーの試合中に監督が興奮して「トライ取られそうになったら、相手ぶん殴ってでも止めろ!!」と言ったからマジでぶん殴ったら試合が止まってなんか知らんけど責任取らされて部活辞めることになる。
※書けそうなやつこれくらい。

どこにでもいる大学生です。
なんで教師になりたいとか思って、教育実習行ったりしたんだろうか?

それは、人は「自分の知っている職業にしかなりたいと思えないから」です。

どういうことかというと、
幼稚園児が「サッカー選手」や「お花屋さん」になりたいのも、
高校生が「教員」になりたいのも
自分の身近な大人の職業だったり、自分の創造の出来る範囲の職業だからです。

だって、組織コンサルタントとか、クリエイティブディレクターとか、税理士になりたいって子供いないでしょ?
そりゃ知らないからです。
知ってたら、選択肢が広がるもんね。

だから、就活生は、自己分析する暇あったら職種の研究したほうが選択肢無くならないでいいよ。

おしまい。

あ、最後に告知。インターンやってなかったんですが、希望多かったのでやる事にしました。
気軽にエントリーしてね♪
https://cheercareer.jp/company/seminar/3885

萩原晃平
執行役員
カラオケの十八番は玉置浩二です。(株)WCH 執行役員。 人材業…詳細を見る
カラオケの十八番は玉置浩二です。
(株)WCH 執行役員。 人材業界の大手R社や、大正初期から続く大手メーカー、テレビ制作会社などで営業・採用・クリエイターの職務を経験し現職へ。採用と育成をメインミッションにしつつ、企業への採用コンサルや、就活生・求職者へのセミナーなどマルチなお仕事をさせてもらってます。求人広告読むのが趣味です。

座右の銘は「年とるってのは細胞が老けることであって、魂が老けることじゃない。」by矢沢永吉
ですが、細胞が老けて生え際が後退していくことに毎日恐怖を感じています。


「パパの会社はすごいんだぞ!」って
自分の子供達が友達に自慢できる会社で仕事をする事。これが僕の力の源です。
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社ウィンキューブホールディングス