株式会社ウィンキューブホールディングス
+ フォロー
相手の意見に反対するときは代替案とセットでね。

2022.07.23

相手の意見に反対するときは代替案とセットでね。

皆さんはこれまでの人生で
誰かと意見がぶつかった経験は
ありますでしょうか??

両親だったり…先生だったり…
友達だったり…恋人だったり…

それぞれ様々な思いが
あることでしょう。


この世に万人が
納得する意見などないですし
今後社会人になったとしても恐らく
誰かと意見のぶつかり合いが起きます。


今回はそんなときに役立つ
考え方・行動をレクチャーいたします!


タイトルの通りなのですが
「代替案をセットで出そう」
というものです。


意見を述べる時は

「あなたの意見は間違っている!」
「いかに私のほうが正しいか!」

というような言葉ばかりでは、
相手は聞き入れてくれません。


「あなたの意見は分かりました」
「しかし私はこう思うのです」
「なのでこういう案はいかがでしょうか」

このように論じていくべきですし、
これならば相手も話を
聞き入れてくれることでしょう。


それでは実践です。


「どうして宿題やってないの?
 あんたダラダラしていないで
 早くやってしまいなさいよ~!」


「心配かけてごめんやで。
 でも今日の宿題は、
 大体30分くらいで終わるんだ。 
 ご飯を食べた後早めにお風呂に入って
 明日の準備がてら予習もかねて
 やろうと思ってるんだよ。」


「嘘おっしゃい。
 本当はそうやってズルズルダラダラして
 やらないつもりでしょ。今やりなさい。」


「本当だよ…そんなに不安なら、
 終わったあとやったところを見せるよ。
 今日はプリント2枚だけなんだ。」


「そう、、、
 なら終わったら見せてもらおうかしら。」


「うん、大体21時ごろには
 終わると思うからその時は声かけるね。」


いかがでしょうか?

思春期によくおこる、

「宿題やんなさいよアンター!!」
「今やろうと思ってたの!!
 言われるとやる気なくすわ!!」
「なんなのよその態度はー!!」
「いちいちいちいちうるっさいなー!!」

というやりとりも
このように生まれ変わりました。


自分だけの意見を投げ続けても、
あまりいい結果は得られません。

一度相手の意見も受け止めつつ、
折衷案も用意しつつ、
上手に交渉する癖を
身に着けておきましょうね。

▼エントリーはこちらのURLから♪
https://cheercareer.jp/company/offer_index/3885

▼説明会情報はこちらのURLから♪
https://cheercareer.jp/company/seminar/3885

投稿一覧
12345