株式会社アイデンティティー
フォロー

この投稿をシェアする:

書類選考に落選するESの特徴その②

書類選考に落選するESの特徴その②

こんにちは!

アイデンティティー採用担当です。
今日は書類選考に落選するESの特徴その②について話していきます!

その②:内容が抽象的である エントリーシートであれば、志望動機や自己PRといった内容の各スペースが必ずと言って良いほど用意されているでしょう。
ここに、自分の人生の中で自信のあるエピソードを書くのではあるが、その際気を付けなければならないのが、そのイベントや実績のの具体的な内容まで書く、ということです。

例えば「サークルリーダーをやっていたので、リーダーシップがあります。」とだけ書かれていても、果たしてそのサークルが何人ぐらいの規模なのかもわかりませんし、リーダーとは名ばかりで、実際に指揮を執っていたのは別の人かもしれません。

そうした勘繰りをされないためにも、自分が持っているアピールポイントには、必ず具体性のある内容を織り交ぜるようにしましょう。

逆にそうしなければ、どこかから借りてきた、自分の言葉ではない実績だと思われてしまうこともあるかもしれません。 また先ほどのサークルリーダーの例で言えば、この実績を持っている人というのは、世の中に決して少なくはないでしょう。

実績そのもので言えば、他の人と同様になってしまうこともあるかもしれません。
そこで個性が出せるかどうかが「どのようにして」の部分。

どのようにしてリーダーを務めたか、どのようにしてリーダーになれたか、といった内容をしっかり書くことが、他の人との差別ポイントとなり、面接官のあなたに対する興味もより大きなものとなります。



>>>代表登壇の「急成長の秘密を直接聞けちゃう」会社説明開催しています!<<< identityで働くメンバーたちの「イマ」が聞けちゃう座談会もあり! 下記日程の他にも、開催予定なのでぜひご参加下さい! ~新卒採用説明会日程~ ■予約フォームよりみなさまをぜひお待ちしております! https://www.passion-navi.com/company/seminar/2772  


説明会情報をみる

株式会社アイデンティティー