株式会社アイデンティティー
フォロー

この投稿をシェアする:

180%成長

こんにちは、水曜日担当の山田です。
先日いよいよ故郷に別れを告げ、上京しました。

正直、東京にはなんの憧れもなく、ただただ人が多い都市。という認識しかありませんでした。
しかし、いざこっちで住み始めると、住みやすいの意味がよく分かります(笑)
やかましいだけと思っていた夜もちょっと外れれば静かな住宅街。
あれ買わなきゃこれ買わなきゃとなっても、そこらへんを歩けば揃えられる。

就活中は必死だったので「あ~、一人暮らしするんだな~」なんて片時も思ったことはありませんでしたが、今身に染みて実感しています。
 
さて、今日はある本でみた面接における少し滑稽なお話をしようと思います!
みなさんは面接で尊敬する人物は誰ですか?と聞かれたら誰と答えますか?
僕が読んだ本では、人事と著者とでこんなやり取りがありました。
 
人事「最近、尊敬する人物が両親という若者が多い。」

著「いいことやなか。」

人事「確かに、親殺し子殺しのニュースなんかが頻発している世の中、そんな彼らは”良い若者”かもしれない。」

著「そうか、社会に大きい影響をもたらした親とかなら別かもしれんが、親が子供のために寡黙に働いたりするのは当たり前の話。ということが言いたいんやな。」

人事「そう、大学4年生にもなるのに、尊敬する人が親、というのはあまりに幼稚で小さい世界に生き過ぎていると思うんよ。」

著「なるほど。でも、家族のために働くことが素晴らしいと考えられるのは良い社員やないか?」

人事「ところが、同じ若者に将来どうなりたい?と質問すると、仕事を通じて社会に大きく貢献したいとか、世界を変えたいとか、とてつもなく大きい事を言うんだ」

著「ええことやないか、若者はそうでないと。」

人事「でも、その若者が尊敬する人が家族のためにコツコツと働いてきた父だからね...」
 
 
これから面接に臨む機会はかなり増えてくると思います。
面接に美談はいりません!!
自分らしく挑むほうが必ず良いです。
理屈ではありません。必ずです!

もう期日は迫りましたが、25日は大阪での説明会があります!
前年度180%成長のアイデンティティ―で180%以上の自己成長を!!!

https://www.passion-navi.com/company/seminar/2772

まずは来てください。

以上です!
では、また来週☆


説明会情報をみる

株式会社アイデンティティー