【就活生必見】おすすめ上場ベンチャー企業5選!

市況分析 2020.11.20

【就活生必見】おすすめ上場ベンチャー企業5選!

ベンチャー企業と言えば、まだ上場していない、IPO(新規上場)前の企業のイメージが強いかもしれません。 ですが実は既に上場しているベンチャー企業もあり、今回はそちらの魅力について話していければと思います。
## そもそも上場って何? 「上場」とは、簡単に言うと**「証券取引所に企業の株式を公開し、売買が自由に行えるようにすること」**です。 株式は資金を集めるために発行する証明書のようなもの。 日本には2016年時点で約360万ほどの企業があり、その内の約3,600社が株式市場に上場しています。 そこからの増減はあれど、**上場企業の割合は全社数の約1割程度**と見ていいでしょう。
## 企業が上場するメリット・デメリット 親に「安定した企業に就職してほしい」と言われた覚えがある学生さんにとって「上場している=安定している、良い企業」というイメージがあるかもしれません。 ですが企業によっては、あえて上場をしていない、非上場企業も存在しています。 理由としては、上場するメリットがある反面、上場することによるデメリットも存在するからです。 このメリット・デメリットを比較した上で、企業ごとに経営判断を行い、上場するかどうかを選択しています。 ### 企業が上場するメリット - 資金調達がしやすくなる - 社会的信用の獲得 - 知名度が上がる ### 企業が上場するデメリット - 上場準備に莫大な費用と時間がかかる - 株主が納得する経営をする必要が出てくる - 合併・買収のリスクが生じる   「経営方針は自分たちで決めたい」「買収の可能性を気にせず経営したい」といった理由から、過去に上場を取り下げた企業も存在します。 また、資金調達の面はもちろん、何より**自分たちがコミットしている事業や想いを社会に伝えるために上場する**ケースもございます。 特にベンチャー企業は後者の意味で上場を目指す場合もあります。 「上場を目指している」「上場したばかり」といった企業には、「なぜ上場することにしたのか」「それだけの労力をかけてでも上場したのか」を聞いてみると、企業の熱い想いを再確認することが出来るかもしれません!
## 上場にはどんな種類があるの? 日本の株式市場は、以下4つの証券取引所によって成り立っています。 - 東京証券取引所(東証) - 名古屋証券取引所(名証) - 札幌証券取引所(札証) - 福岡証券取引所(福証)   また、証券取引所ごとに市場があるのですが、今回は「東証」に絞って話を続けていきます。 東証の株式市場は主に以下の4つ。 それぞれ特徴もあるので、合わせて確認してみましょう! ### 1.東証一部 株式市場の中で、上場する条件がもっとも厳しいものになっています。 東証一部には大企業や有名企業が数多く上場しており、東証一部を目指す企業はまず「東証二部」から上昇を申請する必要があります。 ### 2.東証二部 東証一部よりも、条件がやや緩和されています。 そのため、中堅企業が中心になっている市場になります。 ### 3.マザーズ Mothers=Market Of The High-growth and Emerging Stocks(高成長・新興株式市場)の頭文字から抜粋された、比較的新しい株式市場です。 より成長性の高い企業が上場できるように条件が緩和されているため、ベンチャー企業など創立年数が短い企業でも上場できることが特徴です。 ### 4.JASDAQ こちらもマザーズと同様、ベンチャー企業向けの株式市場です。 「スタンダード」と「グロース」という市場に分かれており、スタンダードは老舗企業が中心。グロースは新興企業が中心と、企業の存続性や成長性などの基準が大きく異なっています。 ベンチャー企業の場合は、まずマザーズやジャスダックに上場してから東証一部を目指すケースが多いです。
## 上場したベンチャー企業にいくメリットって? 「ベンチャー企業に行くならやっぱり自分の力で上場させたい!」という気持ちの人も多いかもしれません。 人数が少ないスタートアップの時期に参画し、自分の力で大きくさせて、ストックオプションで一攫千金!という話もベンチャーならでは。 とはいえ上場したベンチャー企業にも魅力があります。 上場しても尚「弊社はベンチャー」と名乗ってる場合、スピード感やチャレンジ精神が求められることが多く、主体的に行動することを高く評価されやすい傾向にあります。 その上で未上場の場合より資金が潤沢である場合が多いため、中長期的な視点を持って事業に臨むことが出来ますし、0→1というより、1→100などのグロース部分に挑戦することが可能です。 **ベンチャー企業は、企業のフェーズによって事業の回し方などが大きく変化します。** 就活する際は、ぜひそこも合わせて企業を見ていきたいですね。 最後に、上場したベンチャー企業に興味がある方向けに、おすすめのベンチャー企業を紹介出来ればと思います。
## おすすめ上場ベンチャー企業4選! ### 株式会社アズ企画設計
株式会社アズ企画設計
▼東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場(2018年) 埼玉でスタートし、着実に成長を重ね、現在は東京・神奈川と首都圏を中心に事業を展開しています。 不動産×●●●と、不動産をコアにしながらも新規ビジネスにも意欲的に挑戦している企業になっています。 ### 株式会社エスプール
株式会社エスプール
▼東京証券取引所市場第一部に市場変更(2019年) 「会社を作る会社」として新規事業を創出し、社会問題や世の中の困りごとを解決しています。 社員への研修・教育にも力を入れており、圧倒的な速さで成長することが可能な環境が整っています。 ### 株式会社デュアルタップ
株式会社デュアルタップ
▼東京証券取引所市場第二部に市場変更(2018年) 不動産のエンターテイメント企業として、常に「驚き・面白い発想」と同時に「幸福・将来の安心」を提供している企業です。 心からお客様に寄り添う営業スタイルを磨きたい人におすすめです。 ### 株式会社ピアズ
株式会社ピアズ
▼東京証券取引所マザーズ市場に上場(2019年) 生産性を上げ成果を生み出すチームビルディングを主軸事業に据えているコンサル会社。 経営や組織作りの真髄にコミットすることが可能です。  * * * もちろんこの他にも魅力的な企業はたくさんございます。 [企業検索](https://cheercareer.jp/search/company)で探すことが可能なので、ぜひ検索してみてください!
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする