自己PRとは?~企業が見ているポイントや作成のコツも紹介~

自己PR

自己PRとは?~企業が見ているポイントや作成のコツも紹介~

就活をする上で自分をアピールする場である自己PR。 しかし、 「自己PRって何?」 「何をアピールすればいい?」 「自己PRをどうやって書けばいい?」 など、不安を抱えている方も多いと思います。 そこで今回は、自己PRとは何かを説明したうえで、書き方のコツや注意点、役立つツールの紹介など、**自己PRに関する疑問を解決できるような内容となっております。**ぜひ、最後まで読んでいただけると嬉しいです。
    目次
    1.自己PRとは
    2.自己PRで企業が見ているポイント
    3.自己紹介・長所・ガクチカとの違い
    4.自己PR作成のコツ
    5.自己PR作成の注意点
    6.自己PR作成に役立つサービス
    6.おわりに
\企業が就活生に求める要素を診断できる!/
チアキャリア就活適性検査


適性検査
就活の初めにおすすめなのが、チアキャリアの就活適性検査です。 いくつかの質問に答えるだけで、自分の特性や能力を診断してくれます。 診断テストの質問は、企業が就活生に求める要素をもとに構成されています。「社会人基礎力」と「活躍ポテンシャル」の2軸で測定されるので、志望動機につなげることも可能です。 自己分析の代わりになるので是非利用してみて下さいね◎ 質問に答えるだけで自分に合った企業とマッチングできるので、ぜひ活用してみてくださいね。
>>適性診断を受ける<<
## 自己PRとは? 自己PRとは、**応募先の企業に自分の強みや人柄などを伝え、自分を売り込むためのものです。** 自分の強みや人柄をエピソードを交えながらアピールすることで、自社で活躍できる人材であるかを企業側が判断します。 企業に評価されることが重要であるため、**企業の求める人物像に合ったものをアピールする**ことが理想的な自己PRであると言えます。 ## 自己PRで企業が見ているポイント ### ①企業の「求める人物像」とマッチしているか 「求める人物像」とは、企業が採用したい人材の性格や特性を示したものです。企業側が学生の人柄や強みを自己PRから、企業が求めている人物像と合っているかや入社後に活躍できるかどうかを判断しています。 ### ②自己分析や業界・企業研究ができているか 自己PRは自分の強みや人柄を伝えるものであるため、自分を知るための**自己分析**が必須になります。また、企業が求める人物像に合った自己PRをする必要があるため、**業界・企業研究**も欠かせません。しっかり準備をした上で応募しているのかという**本気度を見ている**と言えるでしょう。 ## 自己紹介・長所・ガクチカとの違い 自己PRと似たものとして、自己紹介・長所・ガクチカがあります。 しかし以下のように、企業が見ているポイントはそれぞれ異なります。企業がそれぞれの問いに対して何を求めているのかを理解しておく必要があります。 自己紹介・長所・ガクチカとの違い 特に自己PRと長所はかなり似ているため、区別できていない就活生が多いです。 長所は単に自分の優れたところを伝えれば良いですが、自己PRは自分の優れた点が**企業にどう活かすことができるか**を伝えなければなりません。 ## 自己PR作成のコツ ### ①志望企業が求める人物像に合わせる 先ほども紹介した通り、企業が求める人物像に合った自己PRでなければ高評価を得ることはできません。自己PRで用いる自分の強みを企業ごとに変える必要があると言えるため、**複数のパターンを用意しておく**必要があります。 ### ②根拠となる具体的なエピソードを盛り込む 自己PRに具体的なエピソードを盛り込むことによって、より説得力や差別化を生み出すことができます。**数字や周りからの評価を用いたり、特別なスキルや経験をアピールする**などといった企業側の印象に残るエピソードを作成しましょう。 ### ③構成を意識して端的に自分をアピールする 自己PRでは限られた文字数で最大限に自分をアピールしなければなりません。そこで、**結論→理由→具体例→結論**の順に話を展開するPREP法に則って作成することがオススメです。結論から述べることで要点が伝わりやすく、根拠となるエピソードをあげることで説得力が増す構図になります。 自己PRについて詳しく知りたい方は是非以下もご覧ください ☟ [自己PRの正しい書き方とは?企業が見ているポイントも解説【例文つき】](https://cheercareer.jp/ip_blogs/article/1125) 会員登録はこちら ## 自己PR作成の注意点 ### ①抽象的な表現を使わない 自分の強みをアピールする際、単に「試合で頑張りました」や「良い結果を残せました」というような表現では、どれだけ頑張ったものでありすごいものであるのかが伝わりません。**具体的な数字や過程を盛り込むことで、企業側にイメージしてもらいやすくなるでしょう。** ### ②エピソードや実績はあくまでも補強 エピソードや実績は、自分の強みや人柄の根拠となる材料であるため、その部分ばかりを紹介するのはただの自慢になってしまいます。自分がこういう人間である、入社後はどのように活躍できるのかをアピールする際の**素**として用いるようにしましょう。 ## 自己PR作成に役立つサービス 完璧な自己PRを作成するためには、プロに添削してもらうことや便利なツールを使うことが大切になります。 ここでは、自己PR作成に役立つチアキャリアのサービスを紹介します。 ### チアキャリア チアキャリアの**「スキルアップスクール」**では、自己PR作成に欠かせない自己分析のセミナーや自己PRを含めたエントリーシートの添削サポートを無料で受けることができます。 また、自己PRなどをプロフィール欄に記入することでスカウトが届くため、**人事に響くポイントが何かを知ることができる**でしょう。 ## おわりに 今回の記事を通して、自己PRがどういったものであり、どのような点に注意して書けばよいのかを理解する事ができたと思います。 自己PRは企業側に自分をアピールできる最初の場であるため、企業側の目に留まるようなものが作成できれば、ライバルに差をつけることができるでしょう。 そして、この自己PRを1人で作成することは困難です。 チアキャリアでは定期的に自己PRを含めたESの添削サポートを行っており、エントリーシートを登録すれば、スカウトを貰うこともできます。 ぜひ、チアキャリアのプロフィールを登録して効率的に就活を進め、スカウトもゲットしましょう!
\企業が就活生に求める要素を診断できる!/
チアキャリア就活適性検査


適性検査
就活の初めにおすすめなのが、チアキャリアの就活適性検査です。 いくつかの質問に答えるだけで、自分の特性や能力を診断してくれます。 診断テストの質問は、企業が就活生に求める要素をもとに構成されています。「社会人基礎力」と「活躍ポテンシャル」の2軸で測定されるので、志望動機につなげることも可能です。 自己分析の代わりになるので是非利用してみて下さいね◎ 質問に答えるだけで自分に合った企業とマッチングできるので、ぜひ活用してみてくださいね。
>>適性診断を受ける<<
この記事を書いた人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
年間で10万人が利用する就職サイトチアキャリアを運営する株式会社Cheer代表取締役。
新卒で入社した会社を3ヶ月目の22歳で役員に。1年目で営業成績1位、全社MVP。営業・マーケや開発・広報・人事管轄の取締役として従事したのち独立。
第一回日本中小企業大賞三冠・三年連続受賞したのち殿堂入りし、審査員就任。
東京都の【多様な主体によるスタートアップ支援展開事業】分科会審査員を2期連続担当。
意思決定層のジェンダーギャップに取り組む「スポンサーシップ・コミュニティ」発起人を務める。


平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
この人の記事をもっと読む
このページをシェアする