長所・強み・自己PRの違いを知れば、就活が上手くいく!!

面接対策 2020.06.12

長所・強み・自己PRの違いを知れば、就活が上手くいく!!

就活生のみなさん、こんにちは。 今回は、長所・強み・自己PRの違いを知れば、 就活が上手くいく!! というお話をさせて頂きます(^^) 面接で、「長所はなんですか?」「強みを教えてください」「自己PRをおねがいします」等、 自分をアピールする類の質問を一回の面接で何度もされたことはありませんか? そして、長所・強み・自己PR・・・何が違うの? 同じような事を話してはいけないの? と悩んだことはありませんか? ## 長所・強み・自己PRは違う では、具体的にどう違うのか説明すると下記のようになります。 ``` 長所は、仕事に直結するわけではないがあなたが他者より優れていること(資質) 強みは、仕事で成果を出すために直結して活かせるもの(スキル) 自己PRは、強みやこれまでの経験・努力が会社でどう活かせるかをアピール場 ``` 例えば、好奇心旺盛でチャレンジ精神がある。 と自己分析をしたとしましょう。 そして、志望職種は事務職。 志望する会社は、決まったことをコツコツと やり遂げられる人物を求めています。 この場合「好奇心旺盛でチャレンジ精神がある。」は 強みとしてアピールになりますか? 答えは、「なりません」。 何故なら、 **仕事で成果を出すためには、 継続力や規律性等が必要**と考えられ、 **好奇心・チャレンジ精神では成果が出せない** と考えられる為です。 しかし、他者よりも優れている資質ということで 長所として話すことは出来ますよね!! 整理すると、長所を聞かれた際は、 「好奇心旺盛・チャレンジ精神」にまつわるエピソード 強みを聞かれた際は、 「継続力や規律性」等がアピール出来るエピソードを話すと良いでしょう♪♪ 次に自己PRですが、自己PRは強みをベースに、 これまでの経験から培ったもの・スキルを話、 その上で、志望する会社・職種でどう活かせるのかをアピールします。 強みをベースにするので強みで話した内容と同じになる可能性は大いにありますが、 そんな時は、話す内容の構成を変えて下さい。 ***強みは、「強みが形成されたエピソード・強みを活かした場面・仕事にどう活かすか。」 をまんべんなく話す構成にします。*** 文章でそれぞれ2・3行程度でまとめてみて下さい。 それに対して自己PRは、 ***「強みを活かした場面・仕事においてどう活かせるか。」だけで話す内容を構成します。*** 割合的には、強みを活かした場面の話を約8割、 仕事においてどう活かせるかを約2割です。 強みを活かした場面をより具体的に話すことで、 **貴方が会社で活躍するイメージがより鮮明になります!** 「自社で活躍が期待出来る人材を採用したい」 と考える面接官にそのイメージを持たせる事が出来るということは、自分を売り込む事への成功に繋がります♪♪ これから自己PR系の対策をする際は、 是非参考にしてみて下さい。 CheerCareer(チアキャリアでは)、内定直結イベントやSE添削、面接対策などさまざまなセミナーを開催しています。 ぜひあなたにぴったりのセミナーを見つけてください! ☞[就活イベント・セミナー一覧](https://cheercareer.jp/event)
この記事を書いた人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
この人の記事をもっと読む
このページをシェアする