株式会社SUMUS
フォロー

この投稿をシェアする:

第三弾◾️なぜコンサルティングファームは就活生に人気があるのか?主体的に取り組める

第三弾◾️なぜコンサルティングファームは就活生に人気があるのか?主体的に取り組める

こんにちは、 SUMUS代表の小林です。
今回はシリーズ「なぜコンサルティングファームは就活生に人気があるのか?」の第3弾になります。

コンサルティングファームの人気の要因は、職種そのものではなく、コンサルタントの「働き方のイメージ」が今の就活生が思い描く理想に近いからではないかと、私は感じています。

当社の内定者やインターンに参加した就活生に「コンサルティング業界への志望動機」を聞いてみると、おおむね次の4つに集約されることがわかりました。

①知的好奇心が味わえる
②社会的に大きな影響を与えることができる
③主体的に取り組める
④実力主義

今回は「③主体的に取り組める」という働き方のイメージついて、コンサルティングファームの代表として実態を語っていこうと思います。

なお、イントロダクションと第1弾、第2弾の記事は下記を参照ください。
イントロダクション:なぜコンサルティングファームは就活生に人気があるのか?
第1弾コラム:①知的好奇心が味わえる
第2弾コラム:②社会的に大きな影響を与えることができる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|自律的な職務設計とセルフマネジメント

コロナ禍でテレワークが一気に拡大し、人々の働き方は大きく変化しました。
仕事の進め方や職場でのコミュニケーション、マネジメントの在り方についても見直す必要が出てきています。
今後コロナが収束したとしても、「時間と場所を共有しない働き方」は定着していくことになるでしょう。

ただ、コンサルティングファームはこの働き方に慣れている会社が多いように思います。
当社の場合もメンバー全員がオフィスに顔をそろえる機会はほとんどなく、
直行直帰の形で全国各地のクライアントを訪問しています。
(現在はそれぞれの自宅で、Web会議ツールを使ってコンサルティングを実施)

ただし、時間と場所を共有しないからといって、自由に何をやってもいいわけではなく、
メンバーの「自律的な職務設計」と「セルフマネジメント」が前提となります。

自らアポイントをとり、自らスケジュールを管理する。
つねに自分の言動に責任を持ち、強い当事者意識で成果にコミットしなければなりません。

続きはこちらから


▼SUMUS会社説明会
https://cheercareer.jp/company/seminar/3815




小林 大輔
社長
会社説明会(SUMUSビジョン説明会)は代表がすべて登壇!!法政…詳細を見る
会社説明会(SUMUSビジョン説明会)は代表がすべて登壇!!

法政大学を卒業後、新卒で東証上場の経営コンサル会社に入社。
20代で上場会社の事業部長・執行役員を経験しました。

2014年4月に独立・創業し、
現在は2社の代表と、複数の会社の社外取締役を務めています。

趣味は麻雀、テニス。

▼noteで"まちづくり"に関するコラムを執筆中
https://note.com/sumus_kobayashi
▲詳細を閉じる

説明会情報をみる

株式会社SUMUS