第二弾◾なぜコンサルティングファームは就活生に人気があるのか?社会的に大きな影響を与えることができる

2020.11.25

第二弾◾なぜコンサルティングファームは就活生に人気があるのか?社会的に大きな影響を与えることができる

こんにちは、 SUMUS代表の小林です。今回はシリーズ「なぜコンサルティングファームは就活生に人気があるのか?」の第2弾、「社会的に大きな影響を与えることができる」についてお話しします。

イントロダクションと第1弾の記事は下記を参照ください。

序章
①第一弾|知的好奇心を味わえる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|会社の経営の根幹に携わる


当社の内定者やインターンに参加した就活生に「コンサルティング業界への志望動機」を聞いてみると、
「社会的に大きな影響を与えることができる」という意見が多く挙がりました。


コンサルティング業界に長く身を置く私も、それは実感しています。
自分の関わった仕事が新聞の1面を飾ったり、
ネットニュースで取り上げられたりすると、
どんな人でも誇らしい気持ちになるでしょう。

またコンサルティングファームは、クライアントである会社経営者から
「どのように経営方針を定めればいいのか」
といった相談を頻繁に受けます。

これもなかなか経験できることではありません。
一般的な会社で経営者になれる人なんて、ほんの一握りです。
しかしコンサルタントは、いくつもの会社の経営の根幹に携わることができるのです。

そういった意味でも、コンサルタントは社会的に大きな影響を与えることができる仕事であるといえます。
少なくとも、そのチャンスがある仕事だということは断言できます。

|裏方から表舞台へ


コンサルティングファームとクライアントは秘密保持契約(守秘義務契約)を結んでいるため、
クライアントが手がけたプロジェクトの成功が大々的に取り上げられたとしても、
コンサルティングファームの名前が世間に知られることはほとんどありません。

私たちは自己顕示欲を満たすために仕事をしているわけではないので、
これは致し方のないことです。

ただ、これからのコンサルティングファームは
裏方としてクライアントを支えるだけではなく、
表舞台に立ってクライアントとともに社会的課題の解決に取り組んでいく必要があると、
SUMUSでは考えています。

社会とつながり、社会を活性化させるサービスを提供する。
そのひとつの取り組みが「半径200mのまちづくり」です。
https://cheercareer.jp/company/seminar_detail/3815/85813https://cheercareer.jp/company/seminar/3815
続きはこちらから

投稿一覧
123