株式会社アイデンティティー
フォロー

この投稿をシェアする:

書類選考に落選するESの特徴その①

書類選考に落選するESの特徴その①

こんにちは!
アイデンティティー採用担当です。

就職活動における第一関門と言えば、ES(エントリーシート)や履歴書などによる書類選考です。

いくら面接のスキルを高めたり、身なりを整えたとしても、この書類選考に合格しないことには、次の選考へと駒を進めることはできません。

しかし一方で、書類選考面接やグループワークなどとは違い、直接見て評価をもらうわけではないため、失敗した場合にその原因や改善策を発見することが困難です。

改善点を理解できず、質の悪いエントリーシートばかりを提出してしまっていたとすれば、それは就職活動において重大な機会損失を招くことになるでしょう。

今回は、書類選考に落ちやすいエントリーシートの特徴を3つまとめました。

その①:丁寧に書かれていない
至極当然のことではありますが、意外と多くの人が実践できていないのが、このエントリーシートを丁寧に書くということです。

就職活動が始まると、多くの会社にエントリーをし、その締め切りが一気に迫ってくることになりますから、どうしてもスケジュールを確保するのが忙しく、急ぎで書類を書かなければならない、という状況になることがほとんどです。

そうした中で、どうしても一社一社に掛ける時間が短くなり、エントリーシートの書き方も雑になってきてしまうのです。

まずは、各社のエントリーシートの締め切りをしっかりと把握し、余裕を持って作成を進められるようにスケジューリングしておきましょう。

>>>代表登壇の「急成長の秘密を直接聞けちゃう」会社説明開催しています!<<<
identityで働くメンバーたちの「イマ」が聞けちゃう座談会もあり!

■予約フォームよりみなさまをぜひお待ちしております!
https://www.passion-navi.com/company/seminar/2772


説明会情報をみる

株式会社アイデンティティー