株式会社アイデンティティー
フォロー

この投稿をシェアする:

「過去」は「過去」。「未来」は「現在」の連続でしかないのだ。

「過去」は「過去」。「未来」は「現在」の連続でしかないのだ。

だから今を生きろ
 
ということです。
 
こんばんは。
体調はひと段落して、土日もジムに行き筋肉痛を楽しんでいる林です。
 
最近、我がチームのクール担当、マンダムくんが非常に顔を引きつって業務をしているので、慰めようと思いこのブログを綴ります。
 
タイトル通り、「過去」は「過去」でしかなく、「未来」は「現在」の連続でしかありません。
 
もっと正確に言えば、「過去」も「現在」の連続ですが、もう変えがたい事実なので「過去」としています。
 
いくら「過去」を振り返ってもその「過去」は変えることはできません。
 
いくら成果が出なくてもそれは成果が出なかった事実として受け入れるしかありません。
 
誰かと比較してその「過去」が劣っていたとしても(本当は決して劣っていることはありませんが)、成果が出ていなかったとしてもそれは変えることはできません。
 
では、どうするか。
 
変えらるであろう、変えることができる可能性が非常に高い未来のために、生きるしかないのです、強く。
 
それはどういうことか。もうお分かりですね。
 
「現在」を一生懸命に生きることです。
 
「未来」は「現在」の連続でしかないので、だったら「現在」に焦点を当てて、今できることをひたすらやればいいじゃないですか。
 
僕もこんなこと言っていますが、営業に行って全然成約が取れない時、かなり気分が沈みます。笑
 
時たま開くSNSで、仕事を終えて、あるいは休みの日に楽しそうに日々を過ごしている友人や、自分よりも成功している先輩を見ると、なんか羨ましいな、この人超えられるかなって、気分が沈む時もあります。
 
でもそれって、叶わない「過去」や、ありもしない「未来」を見ている時ではないだろうか。
 
気持ちが不安定な時、99%の確率で「現在」から視点が遠ざかっています。
 
「過去」も「未来」も「現在」でしかないのに。
 
だから何事も今、やるしかないのです。
 
不確実性と常に戦わないといけないのです。
 
少しはマンダムくん、元気になりましたかね。
 
もの寂しげに過去をみるな、それは二度と戻って来ないのだから。抜け目なく現在を収めよ、それは汝だ。影のような未来に向って進め、怖れずに雄々しい勇気をもって。
 
by ロングフェロー


★18卒エントリー★

https://www.passion-navi.com/company/index/2772


説明会情報をみる

株式会社アイデンティティー