株式会社アイデンティティー
フォロー

この投稿をシェアする:

22億円プレイヤー

22億円プレイヤー

こんにちは!
水曜日の山田が現れました!
 
皆さんは野球好きですか?
今はオフシーズンなのでキャンプ中の選手がよくニュースで取り上げられてますね!
 
今から約10年前、甲子園が生んだ大スター
斎藤佑樹(早稲田)と田中将大(駒澤)の二人をご存知でしょうか。

二人とも怪物と騒がれたピッチャーです!
 

しかし!この後、2人には大きな差が生まれることになります。
 
斎藤選手がプロデビューを果たした5年後の2014年、
二人の年棒を比べてみるとこうです。
 
斎藤佑樹(日本ハムファイターズ:年棒2800万円)
田中将大(ヤンキース:年棒22億円)
 
圧巻の差です。
 
斎藤選手は大学へ進学後、
4回のリーグ優勝、2回の日本一に導くなど輝かしい成績を残しています。
しかし、プロデビュー後の斎藤選手は目立った功績をあげることなく、
プロ引退平均年齢である29歳を迎えることになりました。
 
田中選手は高校卒業後、楽天に入団、24勝0敗という凄まじい成績を残し、優勝に導いたのです。
メジャーでは日本人最高の20億越えの年棒を叩き出し、世間を騒がせました。
 
なぜ、高校時代に拮抗していた二人の力はここまでの差を生むことになってしまったのでしょう。
 
やはり、高校卒業後の4年間です。
 
斎藤選手は練習嫌いで学生時代はよく遊んでいたそうです。
一方の田中選手は非常に謙虚な性格で、試合でよい結果をだしても
「チームに助けてもらった、もっと努力が必要だ」というコメントを残しています。
厳しい環境で厳しい練習を積んできたことがうかがえます。
でなければ、拮抗していた二人にこんな天と地ほどの差は生まれなかったでしょう。
 
特に20代における人間の成長は30代の倍以上だと言われています。
 
若いときにどのような環境に身を置き、どのような意識を持って働かくか。
 
僕はこれが全てだと思います!
 
就活中、成長性を謳った企業をたくさん見てきました。
最後にここだ!と決めたのが アイデンティティ―です。
 
”まずは来てみてください!!”
 
▼札幌
3/18(土)14:00〜
▼大阪
3/25(土)14:00〜
https://www.passion-navi.com/company/seminar/2772
 
ではまた来週☆
 

前の投稿:
合同説明会

次の投稿:
インタビュー



説明会情報をみる

株式会社アイデンティティー