HOME株式会社アイデンティティー
株式会社アイデンティティー
フォロー

この投稿をシェアする:

固定概念にとらわれない生き方

人間はいつの間にか、ある枠に収まったまま気づかずに生きていることがあります。

これは、良いとか悪いとかありませんが、ある枠に収まっていることがその人の可能性を縮めてしまっていることが多々あるのです。

誰かのある発言で、「その視点もあったのか!」と驚くことはありませんか? これも実は自分の脳みその中になかった概念外の発見です。

人の意見に対し、否定をするとき、これも自分の固定概念にないことに対する意見の主張であることが多々有ります。

「相手はこの意見に対して、どのように考えてその答えに達したんだろう」 と自分の思考を巡らせてみてください。

そうすると、自分の概念が広がり様々な可能性を考えられる脳みそになります。

就職活動でも同じです。

企業は、大量生産型人材よりも、何か特殊な能力を持っている人たちを好みます。

なので、ありふれた履歴書や面接態度を意識するのではなく、固定概念にとらわれない就職活動をしてみましょう。

例えば私の話になるのですが、履歴書の「長所と短所」という項目について。

これは普通であれば「優れているところと劣っているところ」という意味で解釈をしますが、「ながいところとみじかいところ」という意味でも解釈ができますね

なので、「長所はすね毛、短所は腕毛です」

と履歴書に書いて出したら、見事に落ちました。

なのでやりすぎは注意です。

常に自分の脳を疑い、固定概念にとらわれない生き方をしてみてはいかがでしょうか?

きっと人生が豊かになりますよ。


説明会情報をみる

株式会社アイデンティティー