【体験エピソードあり】ベンチャー企業の長期インターンのすすめ3選!

インターン 2021.04.08

【体験エピソードあり】ベンチャー企業の長期インターンのすすめ3選!

今回の記事は、 **ベンチャー企業での長期インターンを考えている方、 あるいはこれから探そうとしている方** にぜひ読んでいただきたい記事です! わたし自身も新卒でベンチャーに入社し、 ベンチャーでの長期インターンも経験してきたのですが、 これまでの経験とリアルエピソードを含めて **「ベンチャーの長期インターンのおすすめの探し方」**をまとめてみました。 ベンチャー企業での長期インターンを探している皆さんの参考になれば幸いです! ## そもそも、ベンチャー企業の長期インターンってどうなの? 結論からお伝えすると、 **入社前にスキルを高めておきたい!という方には、 ベンチャー企業での長期インターンは超おすすめ**です。 基本的にベンチャーでもどこでも長期インターンを経験することで、 ある程度の実務経験が積めるため社会人のスタートダッシュがスムーズと考えられますよね。 ひいては選考にも優位にはたらくケースが多いのです。 そして、特にわたしがベンチャー企業での 長期インターンをすすめする理由として、 **皆さん自身に大きなメリットがある**と確信しているからなんです。 ## ベンチャー企業での長期インターンをすすめる理由3つ ### ベンチャーでの長期インターンがおすすめな理由①ベンチャー企業の「リアル」が体験できる ベンチャー企業って実態がなかなかつかみにくいんですよね。 実際に就活時代から現在に至るまで 「ベンチャー企業」にどっぷり浸ってきた私ですら思います。(笑) ぶっちゃけ「ベンチャー企業の定義」 というものがないから当然かもしれません。 しかし、ベンチャーの中でもベンチャーらしいベンチャーもあれば、 ベンチャーなの???という企業もあるので、 その見分け方はしっかりしましょう。 ▼スタートアップベンチャー実態が気になる方はこちら! **皆さんがベンチャー企業とは?のリアルを知りければ、 長期インターンで実態を掴むことが一番の近道**だと思っていますし、 それが数多くあるベンチャー企業の中から1社に決めるきっかけとなるのです。 ぜひ、ベンチャーの「リアル」は、長期インターンで体感してください。 ### ベンチャーでの長期インターンがおすすめな理由②ビジネスの成り立ちから拡大までのノウハウが学べる これはベンチャー企業で長期インターンをした学生の大半が感じることかもしれません。 **ベンチャー企業って良くも悪くも「なにもない」**んです。 だから、自分たちでトライ&エラーを繰り返しながら正解を見つけにいくしかない。 だから、私もそうでしたが、 学生の時から授業以外で「社会の構図」や 「ビジネスはどこから生まれてどのように経済を回しているのか」を経験できるのは、 ベンチャー企業での長期インターンの大きな魅力です!! 就活のその先のキャリアにおいても、大きな財産になること間違いなし。 ### ベンチャーでの長期インターンがおすすめな理由③普通に楽しい(笑) ベンチャー企業での長期インターンは、普通に楽しいんです。 同世代の友達と切磋琢磨して仕事を学んだり、 自分のがんばりが会社の売り上げに貢献できたり、 もちろん「成長の壁」にぶち当たることもあるかもしれませんが その先の未来にワクワクすることが何より楽しい。 そういう価値観の方は、きっとベンチャー企業での長期インターンは向いています。 私もベンチャーでの長期インターンをスタートした頃は わからないことだらけで少し大変な時もありましたが、 1週間ごとに成長を実感できたり、 新しい価値観に気付けたりと最高だったな、と。 なので、**学生のうちにガッツリ「実務」を通して、 自分の仕事のやり方や得意不得意まで把握できる 「ベンチャー企業」での長期インターン**はおすすめです! ## ベンチャー企業の長期インターンの探し方おすすめ3つの方法 さて、ベンチャー企業での長期インターンのメリットがわかったところで、 実際にどのように探していくべきか、3つのおすすめ手法をお伝えします。 ### ベンチャー企業の長期インターンを探す方法①ナビサイト THE王道は、**「ナビサイト」**で探すこと。 ベンチャー企業での長期インターンを探すには、 まずナビサイトへの登録をおすすめします。 ベンチャー企業だけで長期インターンを経験したい場合は、 ベンチャー企業が多く掲載しているナビサイトに登録するのが効率的ですね。 ▼ベンチャー企業の長期インターンなら[チアキャリア](https://cheercareer.jp/docs/about) ナビサイトには、皆さんが気になる長期インターンの給与体系、 働き方、出勤日数などはもちろんのこと、 その会社の社風や社員さんの様子など 全体的に欲しい情報がまとめっているのが嬉しいですよね。 いろいろなベンチャー企業の長期インターンをたくさん見たい! 長期インターン生としてその会社の社風を知ってからエントリーしたい! という方は、まずナビサイトに登録しましょう。 ### ベンチャー企業の長期インターンを探す方法②友達の紹介 知り合いが楽しそうにやっているインターンなら間違いない! とういことで、もし追加募集しているようなら紹介してもらうのもアリ。 実際に友達からの紹介であれば、 選考がちょっと優位になったりするケースもあるかも? あとはみなさんがその企業で働く目的が明確で、 一緒に働いてみたいな、と思う方がいればぜひ思い切って足を踏み入れてみましょう。 ### ベンチャー企業の長期インターンを探す方法③SNS **「Twitter就活」**なる言葉があるように、 ナビサイトや紹介以外にもSNSの情報を参考に長期インターンを探すこともできます。 ベンチャー企業の人事さんは、情報発信が頻繁だったり 長期インターン生の採用をTwitterやInstagramで募集しているケースもあります。 Twitter就活については、[この記事](https://cheercareer.jp/ip_blogs/article/586)も参考になるかも! ## ベンチャー企業の長期インターンで注意すべきこと 最後に、ベンチャー企業での長期インターンで注意すべきことをお伝えしておきます。 それは、 **ベンチャー企業のフェーズや組織体制的に 「しっかり教育」にあまり期待しないこと。** 「社会人基礎力をつけたい!(教えてください)」というスタンスで ベンチャーの長期インターンにチャレンジするのはおすすめしません。。 極端な話かもしれませんが、 ベンチャー企業って全員がプレイヤーなので上司も自分の仕事を持っています。 その中で皆さんを0からしっかり教育しよう!なんてのは、 けっこう難しいことだったりするんですよね・・・・(自戒) **「見て学んでね」「まずは調べてから質問してね」 「とにかく自分でトライ&エラー&改善(いわゆるPDCA)を自分で回そう」** というスタンスの会社が多かったりします。 ※もちろん企業により異なりますが! 皆さんがベンチャーでの長期インターンをスタートする際は、 * どのレベルまで成長したいのか? * 長期インターンを通してどうなりたいのか? * なぜ長期インターンがやりたいのか? を明確にして挑むことをおすすめします! [この記事](https://cheercareer.jp/ip_blogs/article/434)も長期インターンのメリット・デメリットの参考に! ============ 以上、ベンチャー企業での長期インターンをすすめする理由と探し方、 ベンチャー企業で長期インターンをスタートする際の注意点でした! いかがでしたでしょうか? 今後の皆さんのインターン活動に少しでも参考になれば幸いです! ちなみに、、、CheerCareer(チアキャリア)では、 皆さんに自信をもってお勧めできる長期インターンの求人も多数掲載しています! ★チアキャリアの登録はこちら★ ベンチャー企業の社長からスカウトが届く転職サイト”CheerCareer” ぜひ、チェックしてみてくださいね。
株式会社IOBI - 【22~24卒】Webライター大募集!取材・記事作成
株式会社ピアズ - 【22卒~24卒】長期インターン生募集★ニューノーマルなセールスを実践!
株式会社TOMAP - 【23/24卒】起業志望歓迎!経営もマーケティングも…必要なスキルをすべて手に入れましょう
株式会社EXJOY - 【新卒1期生】《マーケティング/新規事業責任者》#2018年設立#25歳社長#3期目の拡大フェーズ
皆さんの長期インターンが、素敵な財産になりますように!
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする