【就活効率化】就活生がまず書くべき「オープンES」とは?

ES対策 2021.02.23

【就活効率化】就活生がまず書くべき「オープンES」とは?

【目次】 1. オープンESとは? 2. オープンESの書き方 3. まずはオープンESを書いてみよう! 4. CheerCareerで効率の良い就活を!   自己分析、業界研究、企業研究、ES提出… 就活を始めると、やらなければならないことが山のように出てきて、 思わず圧倒されてしまう就活生も多いのではないでしょうか。 そんな就活生におすすめなのが、「オープンES」です! 就活を始めたばかりの就活生、何をやったらいいのかわからない就活生は、 ひとまずオープンESを準備してみましょう! ## 1.オープンESとは? オープンESとは、リクナビが提供しているサービスの1つです。 ESというと各社ごとに異なるものを提出するイメージがありますが、 一社ごとにそれぞれ提出するESとは異なり、一度作ったESを複数の企業で使い回せる点がポイントです。 Web上の指定のフォーマットに入力することで、簡単にESを作成することができます。 ### オープンESのメリット * 一度作成してしまえば、簡単に使いまわしができる * Web上で簡単に制作できる ### オープンESのデメリット * オープンESで提出できる企業はリクナビとの提携企業のみで、限られている しかし、限られているとはいえ、4000社以上に提出可能です。 リクナビの検索条件で「OpenESで応募可」を選択することで、 オープンESを使うことできる企業を探すことができるので、確認してみましょう! ## 2.オープンESの書き方 ### ①リクナビに登録 オープンESはリクナビの提供するサービスであるため、リクナビのアカウントが必要になります。 ここから登録:[リクナビ22](https://job.rikunabi.com/2022/contents/article/edit~slp~brand01~index/u/?original=1&vos=ev22prap1000x0085468&gclid=Cj0KCQiA4L2BBhCvARIsAO0SBdaNJh79e4imPMkfMzEnDmh_k34QMcsDsPXm2MQMgpRHYXbMkIRm97UaAspzEALw_wcB) ### ②情報を入力 オープンESで入力できる項目は以下の通りです。 * 基本情報 * 学歴 * 職歴 * 保有資格 * スキル * 趣味 * 学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容 * 自己PR * 学生時代に最も打ち込んだこと   自己PR・学生時代に最も打ち込んだことの二点は、画像でもアピールすることができます。 この項目で、特に他の就活生との差別化を図りましょう! 各項目の入力イメージ ここから入力:[オープンES](https://open-es.com/auth/?r=a9d7862c25ee1c11ab3b18a8400c9b70) ### メモ機能を活用せよ! メモ機能を使うと、ESに記入をする際にメモの中から引用することができます。 よく使うエピソードなどを登録しておき、申し込む企業によって差し替えましょう。 自己PRや志望動機などでよく使う言い回しなどを登録しておくことがポイントです! ESの基本的な書き方については、下記記事で確認しておきましょう! * 【内定に近づく!】人事の目を引く自己PRの書き方 * ES鉄板の三大テーマ攻略法   ## 3. まずはオープンESを書いてみよう! オープンESの使い方は理解していただけたでしょうか? 就活解禁となる3月を控えて、やるべきことが多すぎて捌ききれない就活生は特に、 まずはオープンESを作ってしまうのがおすすめです。 一度作ってしまえば使いまわせるという利点からも、この先就活を進めていく際に助けになってくれるはずです。 実際に筆者も就活初期にオープンESを書き始めましたが、 就活序盤に思考の整理ができ、それが今後の指針を考えるうえで支えになったのは、 大きな利点だと感じています! 特に保有資格や趣味・特技の項目は、今後個別の企業の選考を受けていく際に、 必ずと言っていいほどESや履歴書の記載項目に載っていることが多いです。 この項目の字数でも、およそ50~200字までの指定が一般的であり、 毎回書いていると、意外と馬鹿にならない量になってしまうので、 オープンESにあるような定番の質問において、 就活初期に自分自身のテンプレートを作っておくのは、一つのアドバンテージになったと思います。 ## 4.CheerCareerで効率の良い就活を! ここまで就活準備としてのオープンESの使い方を解説してきましたが、 最後に、より効率の良い就活を進めるためのツールとなる[CheerCareer](https://cheercareer.jp/)をご紹介します。 CheerCareerとは、国内の優良ベンチャー・成長企業にフォーカスした就職サイトです。 大手企業とベンチャー企業、どちらも就活を進める上での選択肢にしてほしい、という想いがあります。 そんなCheerCareerのプロフィールページを登録すると、WEB履歴書として利用することができることができるんです! CheerCareerのプロフィールでは、以下の項目を入力することができます。 * 卒業論文・ゼミ * インターン・留学経験・部活・サークル・ボランティア活動など * 趣味・特技など * 自己評価(長所・強み) * 自己評価(短所・弱み) * 将来の夢・希望 * その他自己PR * アピール資料の添付   こちらも、就活序盤に入力しておけば、 就活を進めるにあたって参照しながら、後々の自分を助けてくれるはずです。 また、プロフィールを見た企業からスカウトが来ることも……! 就活準備をしながら、選考に繋がるという効率的な就活を進めることができます! このスカウトを送信しているのは ベンチャー・成長企業など、業界でも注目されている企業の社長や人事です。 一斉配信機能がなく、送信できるスカウト数に上限があるため、 プロフィールを読みながら、1件ずつ厳選してスカウトを送信しています! ぜひこの機会に、[CheerCareer](https://cheercareer.jp/)のプロフィールページも埋めておき、効率的に就活を進めましょう!
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする