コロナ禍でも伸びるIoT市場とは?注目ベンチャーも合わせてご紹介!

市況分析 2020.06.27

コロナ禍でも伸びるIoT市場とは?注目ベンチャーも合わせてご紹介!

昨年から続くコロナの渦中、業績が厳しくなる業界もあれば、どんどん市場規模を広げている分野もあります。 IoT市場はその筆頭で、2019年時点で1,500億米ドルと出ていた市場が、2021年にはなんと2,430億米ドルに拡大すると予測されています。 コロナが猛威を奮っているからこそ、人々のつながりを繋いでいくために欠かせない市場となるため、今後も拡大傾向が続くことでしょう。 とはいえ、IoTとひとくちで言っても、どういうものなのかパッと想像できる人は少ないのではないでしょうか。 そのため今回は、実際にIoT技術が、私たちの生活にどのように関わっているのか等も合わせてお話していければと思います。
## そもそもIoTって何? **IoTとは「Internet of Things」の略。**モノのインターネットと言われています。 簡単に言うと、産業機器や家電といった、ありとあらゆるモノをネットに繋ぎ、より便利に使っていこう!という試みのものです。 たとえば家の中のものでたとえると、部屋の電灯、テレビ、エアコン、家の鍵など。 これらはIoT機器と繋ぐことによって、スマホで操作をすることが出来るようになります。 駅に着いてからクーラーを点ける。 鍵を掛け忘れたか不安だから、スマホから確認する。 そういったことが「モノ」をインターネットに繋ぐことによって実現できるわけですね。 十数年前まで、インターネットに接続するには、有線のLANケーブルと機体を繋いで……といった準備が必要になっていました。 それが無線で接続できるようになり、さらに小さな機体にも組み込みが可能になり、日常のさまざまなものをネットに繋げる仕組みが実現されつつあります。 これらは今後、電車の乗車率を調べる仕組みであったり、動物の代わりになるロボペットに組み込まれる形で、さらに私たちの生活に浸透していくことでしょう。
## IoTベンチャーって? さて、これだけ身近な存在になりつつあるIoTですが、 実は**開発に際して、さほど大きな投資や人数を必要としていません。** 基本的に「モノ」への組み込みを想定しており、ひとつひとつの開発内容は小さな規模に収まる場合が多いのです。 そのため、企業規模問わず多くの企業が参入しており、 スタートアップを含むベンチャー企業が多く存在しているのもIoT分野の特徴です。 企業の中には、大企業やベンチャーキャピタルから数十億の資金調達をしている場合もあり、世間から大変注目をされている市場なのです。
## 注目のIoTベンチャーは? ### [株式会社Photosynth](https://cheercareer.jp/company/index/3708/) **IoTの未来を担う世界初のスマートロック「Akerun」で大注目の急成長スタートアップ企業** ![株式会社Photosynth](https://cheercareer.jp/cms-image/company/3708_biz_l.jpg?1565162419) 先ほどたとえにも出した「鍵」を操作するスマートロック「Akerun」を開発・提供中! 特許を7つも取得しており、 JapanNight in San FranciscoやTechCrunch Tokyo、グッドデザイン賞など数多くの賞を受賞。 大企業を始めとした多くの企業、シェアオフィス、フィットネス、民泊などでも利用されており、 無人での入室管理が可能になるため、時代的にも今後の成長が予想される企業になります。
### [株式会社MI](https://cheercareer.jp/company/index/3327) **大注目のIoT業界で超成長中ベンチャー!組織拡大に向け、“ゼロから創る”経営幹部候補メンバーを募集!** ![株式会社MI](https://cheercareer.jp/cms-image/company/3327_biz_l.jpg?1530674214) 通信デバイスの開発からネットワーク、保守サービスまで 社員数約30名とは思えないほど幅広い製品・サービスを生み出しており、 経済産業省から助成を受けている事業までございます。 クライアントは名だたる大手企業や自治体中心。 高い専門性を身に着けたい!IoT業界の先端で学びたい!という方は必見の企業です。
### [株式会社ヘッドウォータース](https://cheercareer.jp/company/index/13) **AI/IoT/ロボティクス【さあ、世界を変えに行こう。】** ![株式会社ヘッドウォータース](https://cheercareer.jp/cms-image/company/13_biz_l.jpg?1574333790) 「レジ for Papper」や「Alexaオーダー席」など、 ロボットとIoTを組み合わせた開発や、 AI技術を使った予測・解析サービスなどを提供。 三密対策のための混雑認識や遠隔研修、遠隔医療のための技術も提供しており、 コロナ対応の躍進に一役買っている企業になります。 多くのTVや雑誌でも取り上げられており、現在注目を浴びている企業のひとつです。
## まとめ IoT分野は多岐に渡り、その実態がつかみにくい分、少し敷居を高く感じてしまう分野かもしれません。 ですが探してみるとむしろ私たちの生活に密接に関わっており、 **今後世界的にも拡大・成長を遂げていく業界**になります。 その分エンジニアの供給が追いつかず苦労している企業も多いため、実は狙い目の業界なのです。 急成長を遂げ、情報のキャッチアップなどに苦労をすることもあるかもしれませんが、 将来的にも確実に需要が高まる分野ではあるため、 興味があればぜひ応募をしてみてはいかがでしょうか? IoT市場について就活生ために動画でも紹介しているのでぜひご覧ください。
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする