オンライン対応で企業が “注目” しているPOINT全集!

面接対策 2020.07.13

オンライン対応で企業が “注目” しているPOINT全集!

オンライン説明会、オンライン面接、オンライン飲み会、オンライン会議 オンライン合コン、オンライン結婚式、オンラインイベント… オンライン…オンライン…オンライン… 私たちの周りにはオンラインが溢れました。 オンラインでほとんど全てのことが解決できるようになってしまいました。 私自身も4月からリモートワークとなり、オンラインでの会議や商談が増えました。 そんな中、私はオンラインでの対応でいまだに慣れないことがあります。 それは、『どこを見ればよいか。目の焦点をどこにあわせればいいか。』ということ。 皆さんもオンライン説明会やオンライン面接をしていく中で、 **「面接官に言いたいこと伝わっているかな?」 「面接官に自分自身の良さや雰囲気、熱量などきちんと伝わっているのかな?」** このような悩みを一度は持ったことがあるのではないでしょうか。 今回は、企業の面接官が、 オンライン説明会や面接でどのようなポイントをCHECKしているのか?! についてご紹介していきたいと思います。 ## オンライン対応で企業が “注目” しているPOINT全集! 今回は、集団で受ける説明会と個別で受ける面接の2つに分け、 それぞれでのチェックポイントを説明していきます! <<オンライン説明会編>> ### オンライン注目ポイント①相槌 企業の人事さんは、会社説明や事業説明を一人で話しているときが多いです。 そんな時、オンライン上だと伝わっているのか伝わっていないのか すごく不安な状態になっています。 だからこそ、「相槌」があるかないかで人事の気持ちはすごく変わります。 相槌があると聞いてくれているな~と理解ができ安心感を感じます。 そして、聞いてもらっているとわかると人間はモチベーションが上がり、 もっと良いことが言えたりするのです! だからこそ、企業の人事さんのためにも相槌をうってあげましょう! ### オンライン注目ポイント②積極性 オンライン(ここではZOOMのようなオンライン上でリアルタイムで双方向性のコミュニケーションが取れるもの)の場合、 「チャット」という自由に会話や質問ができるような場所があると思います。 そこに**積極的に質問などのコメントをしているか否か**で人事からの印象は変わります。 積極的に質問などをしていると、 「この学生は積極的に参加してくれているな~」というような好印象を持ってもらいます。 また印象にも残りやすく名前も覚えてもらいやすくなります。 オンラインとはいえ、積極性や自主性という性格は伝わるので、 **沢山質問をするという”行動”でアピールしていきましょう!** <<オンライン面接編>> ### オンライン注目ポイント①口角、笑顔 オンラインだからこそ距離を感じてしまっています。 そんな中、笑顔があるか口角が上がっているか否かで 印象もすごく変わります。 表情が伝わりづらい分、いつも以上に意識して口角を上げて笑顔をつくり 親しみやすさをあらわしてみましょう。 ### オンライン注目ポイント②画面の明るさ 画面が暗いだけで、表情も暗く見えてしまいます。 それだとすごくもったいないです。 オフラインと同様、オンラインでも第一印象はすごく大切です。 自分の表情が明るく見えるように工夫してみましょう! ### オンライン注目ポイント③画面の角度 こちらも明るさと同様、非常に重要です。 上から写っていると、威圧しているように見えます。 できるだけカメラを水平にして目の位置が一緒になるようにしましょう。 ## オンライン対応で企業が “注目” しているPOINT全集!まとめ いかがでしたでしょうか? このようなちょっとした工夫や気遣いが加点になります。 オンラインでは表情が伝わりずらく不安なことも多いかと思いますが 今回ご紹介したことを試して、挑戦してみてください!!
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする