【就活】企業が重視している1位が「コミュニケーション能力」である理由

面接対策 2022.08.08

【就活】企業が重視している1位が「コミュニケーション能力」である理由

あなたは自分のコミュニケーション力に自信がありますか? 「誰とでもすぐ仲良くなれる」 「人を笑わせるのが得意」 と答える方も多いと思いますが、このコミュニケーション能力については、学生と企業で捉え方が少し違うように思います。 では、企業が求めるコミュニケーション能力とは具体的にどのようなことなのでしょうか。 面接対策のためにも、企業が言うコミュニケーション能力を理解しておきましょう! ## ■最近の若者はコミュ力が低下している!? 若い世代のコミュニケーション能力低下が危惧されている一つの要因として、スマホの普及が挙げられます。 SNSやゲームの流行により、対面よりも、画面を見て完結するコミュニケーションの時間が増えました。 人の目を見て話せないコミュ障と言われる人が増加していますが、あなたは大丈夫ですか? ## ■16年連続1位!企業が重視している「コミュニケーション能力」とは? 企業が選考で重視している要素の一位が「コミュニケーション能力」です。 2018年度 新卒採用に関するアンケート調査結果による結果は以下の通り。 https://www.keidanren.or.jp/policy/2018/110.pdf **1位:コミュニケーション能力(82.4%) 2位:主体性(64.3%) 3位:チャレンジ精神(48.9%) 4位:協調性(47.0%) 5位:誠実性(43.4%)** キャリアアドバイザーとしての経験上、学生側のアピールは4位の協調性が圧倒的に多いと感じます。 でも、実際に企業が重視しているのはコミュニケーション能力。 ダントツ1位の理由はどこにあるのでしょうか。 ### ■コミュニケーション力には2種類ある! ビジネスに必要なコミュニケーションスキルとして、以下2つがあることを理解しておきましょう。 **(1)相手の言うことを正しく理解する力 (2)相手に伝える力** ただ、一概に定義するのが難しく、「相手が気持ちよく話せる」「相手の質問の意図を理解できる」「端的に伝えられる」「交渉できる」「信頼関係を築くことができる」など、様々な要素が含まれます。 ### ■なぜコミュニケーション能力が必要なのか? 自分の好きな人、相性の良い人と過ごしていればよかったのは学生時代まで。 社会人になったら社内外問わず、年齢も性別も考え方も異なる人との関わりが殆どで、自分一人で完結する仕事なんで一つもありません。 性格も価値感も違う人とも一緒に仕事をしていくために、そして、チームや組織として成果を出すためには** 良好なコミュニケーションが不可欠なのです。 ** ### ■コミュニケーション力が高い人の共通点 年間3000人の学生支援をしてきた中で、「コミュ力高い」と思う学生の例をご紹介します。 **・初対面の人に自分から挨拶する ・笑顔で楽しそうな立ち振る舞いをしている ・リアクションがよい ・思いやりのある話し方ができる ・相手の話をしっかり聴くことができる ・最後にお礼を言える** などなど。 これだけ見ると日常から意識できることばかり。 コミュニケーション能力とは、決して高いスキルが求められるのではなく、日常の何気ない一言、しぐさ、表情、相手を思いやる気持ちで円滑になることが多いんです。 ぜひ皆さんも自分のコミュニケーションを振り返ったり、人の会話をよく観察してみることから始めてみてください! 企業が重視している1位が「コミュニケーション能力」である理由について動画でも詳しく語っています。 CheerCareer(チアキャリアでは)、内定直結イベントやSE添削、面接対策などさまざまなセミナーを開催しています。 ぜひあなたにぴったりのセミナーを見つけてください! ☞[就活イベント・セミナー一覧](https://cheercareer.jp/event)
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする