言葉とは『何を言うか』ではなく『誰が言うか』

2022.09.09

言葉とは『何を言うか』ではなく『誰が言うか』

「結局、言葉とは『何を言うか』ではなく『誰が言うか』に尽きる。その『誰が』に値する生き方をしたい」

あの、有名なイチロー選手の言葉です。

あなたは「誰」で、あの人は「誰」で、そしてわたしは「誰」なのか。
あの人が言ってるんだから、信じてみよう。

この言葉に対して、弊社の理念と大変似ているなと感じました。

「世界を変えたい」
「世の中に影響を与えたい」
「社会に貢献していきたい」

このようなビジョンを持つ就活生の方も多いと思います。
果たして、そのビジョンを叶えるためにはどうすれば良いと思いますか?

海外進出している会社に入りますか?
世界的に知名度の高い会社に入りますか?

私たちは環境に求めるのではなく、
個人がそのスキルや能力を身につけていくことが必要だと思います。

同じことを発していたとしても、誰が話しているかによって受け取る側の影響力や重みは確実に違うものだと感じます。

その人が今までどういった経歴を辿ってきたのか。
どれだけ努力してきたのか。
実績や成果は果たしてどのくらいなのか。

それが名誉や地位につながっているからこそ、たくさんの人から注目され、
言葉一つ一つに影響力が帯びるものであると考えます。

私たちはそういったスキル、能力を身に付けられる環境として、
若手からの挑戦環境や成長環境を提供しています。
さらに、世の中から必要とされ、貢献し続けていける会社になるよう
弊社一同全力でビジネスをして参ります!

少しでも興味を持った方、
一緒に会社を大きくしていきたい方は、
是非説明会にお越しください☺️
⬇︎ ⬇︎ ⬇︎
https://cheercareer.jp/company/seminar/3141

投稿一覧
23456