大手企業に負けない!ベンチャー企業が優秀な人材を獲得するには

採用手法 2021.10.29

大手企業に負けない!ベンチャー企業が優秀な人材を獲得するには

## はじめに 新しい市場を切り開くなどこれからの可能性に満ちたベンチャー企業。 ただ、これから成長することが期待される企業だからこそ、 人材の確保が重要な課題になります。 そこで求められる人材は“優秀で自走できる人”です。 ベンチャー企業が採用を成功させるには、 ベンチャーならではの特色を活かした採用戦略が必要です。 この記事では、ベンチャー企業が採用力を高め、 優秀層を獲得するための方法を解説します。 ## 採用成功のために必要なポイント ### ベンチャー企業に必要な人材を知り具体的な採用基準(ペルソナ)を決める ベンチャー企業がまずやるべきことは、どのような人材が必要なのか明確化することです。 これからの事業を担っていくのに必要な優秀な人材の定義付けをすることによって、 人材採用の方向性が決まります。 必要な人物像はあいまいにせず明確化することが肝心です。 例えば「仕事ができる人」というだけではあいまいでわかりにくいですが、 「就業経験が○年以上」「必要な資格を取得している」など 条件が明確化していれば必要な人材かどうか判断しやすくなります。 人物像が明らかになったら、採用基準を決めましょう。 採用基準が明らかになっていれば、不必要な人材を採用してしまうリスクが避けられます。 ベンチャーは、日々めまぐるしく状況が変化しますので、採用基準は随時見直し、 その時々で適したものに改善・修正することが必要です。 ### 採用のためブランディングを行う 求職者が興味を持つきっかけをつくるために、まず認知度を高めることが前提となります。 認知度を高めるには、メディアへの露出を増やすための広報活動が必須となります。 特にFacebookのSNSや自社ブログで企業情報を発信する活動は、今や当たり前となっています。 知名度がないベンチャーは、自社ホームページやSNSを通じて、 企業の考え方、ミッションやビジョン、事業価値、どんな社員が働いているのかを積極的に発信していきましょう。 ### 成長環境のアピール ベンチャー企業では、新人や若手社員であっても、すぐに第一線で仕事をする機会が与えられます。 大企業とは異なり、早期に管理職やプロジェクトの責任者という立場を担うことも珍しくありません。 新規事業や新拠点の立ち上げに携われる確率も高いでしょう。 ベンチャー企業だからこそ得られる成長環境を積極的にアピールしていき 実際に体現している社員がいることを具体的に打ち出していきましょう。 ここで挙げた3つの項目の中でいかに大手企業との差別化を図れるかが重要となってきます。 ## おすすめの採用方法 ### 低コストの求人方法を使う ベンチャー企業にお勧めの採用方法は、低コストでできる求人方法を活かすことです。 採用業務にかける予算が少ない場合は、最初は低コストでできる求人方法を利用しましょう。 ツテ、SNS、自社メディアなど、低コストであっても運用次第で優秀な人材を集められる手段は豊富にあります。 低コストで採用活動をすることで、採用ができなかったときの負担も最小限に抑えられます。 工夫しながら採用をすることが大切です。 ### ベンチャー企業に強い求人媒体を使う ベンチャー企業に強い求人媒体を利用することもお勧めです。 一口に求人媒体と言っても、それぞれ得意なことや苦手なことは異なります。 ベンチャー企業に強い求人媒体は、求人経験が豊富で求めている人物像に合致する人が多く市場を把握しています。 またベンチャー企業ならではの強みと弱みを把握しているので、採用業務を効率よく進める上で有効です。 ### 人材紹介サービスを利用する ベンチャー企業は認知度がない分、大手と比べられて応募が集まらないことも。 そのため人材紹介会社を活用する手法も効果的です。 人材紹介を利用することで、集客が可能となり、1次選考の人的コストを下げることにもつながります。 経験や知識が豊富なため、上手に活用することで、採用の手間が減ります。 ## 面接でのコツ ### カジュアル面談を利用する カジュアル面談とは、その名の通りカジュアルな面談のことです。 一般的な採用面接と異なり、スーツなどで行く必要はありません。 選考や面接の前に応募者と企業がお互いを知ることを目的としており、 まずは会って話を聞くことを重視しています。 リラックスした雰囲気の中で話をし、お互いに理解を深められるメリットがあります。 ベンチャー企業の応募者は、大手企業では得られない ベンチャー企業ならではのやりがいを求めていることが多いです。 お互いを知り合えるカジュアル面談の場は、 ベンチャーの魅力を応募者に伝える良い機会です。 カジュアル面談を通して、志望者の入社意思を高めていきましょう。 ### 選考スピードを上げる ベンチャー企業に応募してくる人材は、スピード感を持って成長したいという意欲を持っている場合が多いです。 そのため選考スピードが遅いと、他社に先に取られてしまう可能性もあります。 選考途中で間延びしてしまうと入社意欲が下がる可能性があるため選考スピードを上げることを意識しましょう。 ### 社長が学生の心を掴む ベンチャーは社長が率先して引っ張るステージなので トップが採用の最前線にどんどん出ていくことをおすすめします! そこから社長が掲げるビジョンに共感し応募する場合もあります。 社長自ら話をし、学生の心を掴む活動をすることは効果的です。 熱い思いは人を動かす原動力となります。 1人1人としっかり向き合って自社の魅力をアピールすることが大切です。 ## ベンチャー企業の採用といえばCheerCareer ### CheerCareerがベンチャーに強い理由 **母集団の質** CheerCareerは、「ベンチャー企業+新卒」「ベンチャー+就職」など、 ベンチャー企業に就職したいと考えている学生が検索するキーワードで軒並み、上位表示されています。 Google検索候補キーワード(Googleサジェスト)のほとんどで、 自然検索またはリスティング広告で上位表示されていることで、 ターゲットの学生を毎月多数獲得(会員登録)できています。 また、CheerCareerの母集団そのものがベンチャー・成長志向の求職者となっています。 実際に希望職種ランキングでは大手メディアが企画・商品開発、宣伝・広報、総務・人事・労務を希望しているのに対し、 CheerCareerでは `1位営業 2位マーケティング 3位システムエンジニア、プログラマー` と働く意欲が高い学生が多くなっています。 安定や給料よりも“やりがい”を重視する学生が多いことも特徴です。 多くの学生が「楽しく働く」を重視する時代の中、 全体の86%の学生が出世意欲を高く持った状態で積極的に就活を行っています。 自身で事業を起こす、または責任者としての役割を目標にする学生も多く登録しているため、 「共に会社を創る人材採用」に適した学生と出会うことができます。 **CheerCareerのスカウト** CheerCareerのスカウト機能は平均応募率36.7%と業界最高水準となっています。 マッチした人材に企業側からダイレクトにアプローチができるため 実際に多くの掲載企業様に活用いただいております。 **CheerTargetサービスの開始** CheerCareerでは新卒/中途向け人材紹介サービスとしてCheerTargetをリブランディング! 約100,000名の登録学生数を誇る就職ナビサイトCheerCareerや 株式会社Cheerで保有するSNSアカウントなどを駆使して企業のニーズに合わせた求職者とのマッチングが可能です。 `・自社にマッチした人材を採用したい ・初期投資リスクは避けたい ・媒体でターゲットの母集団が集まらない ・ニーズにあう人材に効率よく出会いたい` このようなお悩みを持っている企業は必見です! CheerTargetでニーズにあった⼈材とマッチングすることができます。 ▼詳細は[こちら](https://lp.cheercareer.jp/cheertarget#form) ## 最後に このようにベンチャーが採用を成功させるには、 ベンチャーならではの特色を活かした採用戦略が必要です。 ベンチャー企業採用のためのノウハウを持ったCheerCareerカスタマーサクセスへぜひ ご相談ください! [お問い合わせフォーム](https://cheercareer.jp/contact)
このページをシェアする