新卒採用イベントの成功法則:中小企業必見ポイント

採用手法

新卒採用イベントの成功法則:中小企業必見ポイント

新卒採用は企業にとって大きな課題です。優秀な人材を確保するためには、効果的な採用イベントを開催することが不可欠です。しかし、学生の関心を引き付け、自社の魅力を伝えるのは簡単ではありません。新卒採用イベントを成功させるには、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。 本記事では、総合型や業界特化型など、様々な採用イベントの種類と特徴を紹介しながら、**中小企業向けの工夫**や、**学生に響くプレゼンテーションのコツ**など、新卒採用イベントを成功に導くための秘訣をお伝えします。

1.新卒採用イベントの基本

1-1.総合型イベントと業界特化型イベントの紹介

新卒採用イベントには大きく分けて2つのタイプがあります。1つ目は**総合型イベント**で、様々な業界の企業が一堂に会する大規模なイベントです。こちらは多くの学生に一度にアプローチできる利点がありますが、業界の特色を伝えにくいデメリットもあります。一方、2つ目の**業界特化型イベント**は、同じ業界の企業が集まるイベントで、業界の魅力を存分にアピールできます。「私、どの業界に興味があるか分からない」という学生には総合型、「この業界で働きたい」と意識の高い学生には特化型と、目的に合わせて使い分けるのがおすすめです。 ただ2つのタイプとは言いましたがイベントによって規模感も違うので、自社のスタイルに合った種類のイベントを使い分けることが大切です。

1-2.オンラインとオフラインでの開催方法

新卒採用イベントは、オンラインとオフラインの両方で開催できます。オフラインイベントは対面式で、学生と直接コミュニケーションを取ることができます。一方、オンラインイベントはWeb会議システムを使って開催され、移動の手間がかからず、遠方の学生にもアプローチできるメリットがあります。「私、遠方で参加するのは大変かも」と不安に思う学生には、オンラインイベントを案内すると良いでしょう。中小企業の場合、最初はオンラインで低コストに試してみて、次第にオフラインイベントも取り入れていくのがおすすめです。現状、市場感としてもオフラインでのイベントを提供する会社は減少傾向にあり、リアルイベントを開催している企業にお問合せが集中している傾向にあります。 人気のリアル新卒採用イベント:[チアフェス](https://cheercareer.jp/staticpages/lp/event)

1-3.イベントの種類とそれぞれの特徴

新卒採用イベントには様々な種類があり、それぞれ特徴が異なります。総合型イベントは、多くの業界の企業が参加する大規模なイベントです。一度に多くの学生にアプローチできるメリットがありますが、業界の特色を伝えにくいデメリットもあります。一方、業界特化型イベントは同業種の企業が集まるため、業界の魅力を存分にアピールできます。また、オンラインイベントとオフラインイベントの選択肢もあります。オフラインイベントでは学生と直接対話できますが、オンラインなら遠方の学生も参加しやすくなります。このように、目的や対象に合わせてイベントの種類や形式を使い分けることが、新卒採用イベントの成功につながります。

2.新卒採用イベントの効果と成功のポイント

2-1.採用イベントの効果と期待できる結果

新卒採用イベントは、企業と学生の双方にとって大きな効果が期待できます。企業側では、優秀な人材の確保や企業理念の浸透、ブランディングの機会となります。特に、母集団形成に苦しむ企業が増えている中、「会えさえすればなんとか魅力を伝えられて採用できるのに!!」という企業には採用イベントはもってこいです。 一方、学生側では、企業の雰囲気を肌で感じられるほか、質疑応答を通じて企業理解を深められます。 また、面接対策にもなり、就職活動の大きな糧となるでしょう。「私も、あの企業で働きたい!」と思えるような、印象に残るイベントを心がけましょう。

2-2.成功する採用イベントのポイント

企業と学生の双方にとって有意義なイベントを実現するには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。まず、**事前の準備**が重要です。イベントの目的や対象者を明確にし、プログラムを綿密に立案しましょう。 当日は、学生一人ひとりに丁寧に対応し、質問にも分かりやすく答えられるよう心がけてください。「この企業で働きたい!」と思わせるような、魅力的な企業文化や働き方を伝えることが大切です。 最近のイベント満足度を調査していると一つの成功要素として**フィードバックがもらえるイベント**は満足度が高く、学生が価値を感じる傾向にあります。 また、イベント後のフォローアップも欠かせません。参加者に感想を求め、次回に生かすようにしましょう。「学生の皆さんに、どのような印象を持たれたか気になりますね」と、学生の立場に立って考えることで、より良いイベントづくりにつながります。このように、企画から実施、フォローアップまで一貫して学生目線を忘れずに取り組むことで、成功する新卒採用イベントが実現できるはずです。

2-3.イベント後のフォローアップ方法の詳細

新卒採用イベントが終わった後も、**フォローアップ**は欠かせません。参加した学生に対して、アンケートやフィードバックを求めましょう。「イベントの良かった点、改善点は何ですか?」 など、率直な意見を聞くことで、次回のイベントに活かせます。また、面接に進んだ学生には、個別にフォローアップを行い、「あなたの志望動機や適性を教えてください」と、より深い対話を重ねることをおすすめします。 一方で、イベントに参加できなかった学生にも、資料の送付やオンラインでの説明会を開催するなど、フォローアップの機会を設けましょう。「残念ながらイベントに参加できなかった方も、ぜひ私たちの会社を知っていただきたい」と、アプローチを怠らないことが大切です。このように、イベント後も継続的に学生とのコミュニケーションを図り、企業理解を深めてもらうことで、より多くの優秀な人材の確保につながるはずです。

3.中小企業向けの新卒採用イベントの工夫

3-1.中小企業に適したイベント選びのポイント

中小企業が新卒採用イベントを開催する際は、**自社の規模や業界に合わせて適切なイベントを選ぶ**ことが重要です。総合型の大規模イベントは認知度向上に効果的ですが、コストがかかります。また有象無象に大量の学生と接触しても効率が悪いと感じる人事の方も多いでしょう。 一方、業界特化型の小規模イベントは、対象を絞れるメリットがあります。私たち中小企業は、大企業に比べてリソースが限られているから、効率的なイベントを選ばなくてはいけません。 オンラインイベントは低コストで開催できますが、対面の機会が少なくなります。オフラインイベントは学生との触れ合いが深まりますが、会場費などの費用がかかります。自社の強みや魅力を最大限にアピールできるイベントを選び、学生に強い印象を残しましょう。 リアルイベントのおすすめはこちら https://cheercareer.jp/staticpages/lp/event

3-2.学生への効果的なアプローチ方法

中小企業は、新卒採用イベントで学生に強い印象を残すために、効果的なアプローチが不可欠です。まず、自社の魅力を分かりやすく伝えることが大切です。「私たちの会社は、○○という特徴があり、△△の点で業界をリードしています」と、具体的な事例を交えながら説明しましょう。また、「将来的には□□のような成長が期待できます」と、キャリアビジョンを示すのも有効です。 さらに、学生の関心事に耳を傾け、疑問に丁寧に答えることで信頼関係を築きます。「新入社員の声」を紹介したり、先輩社員を交えてディスカッションする機会を設けるのもよいでしょう。「私も入社前は不安でしたが、○○のおかげで安心して働けています」といった体験談は、学生の共感を呼びます。中小企業ならではの、アットホームな雰囲気作りにも心がけましょう。

3-3.成功事例と具体的な結果

中小企業の新卒採用イベントの成功事例をご紹介します。IT企業のAさんは、「私たちは、AIやIoTなどの先端技術に取り組んでいます。将来的には、○○分野での新サービス展開を目指しています」と、自社の強みと将来ビジョンを学生に伝えました。その結果、志望動機が明確な学生が多数集まり、最終的に優秀な人材を確保できたそうです。 一方、製造業のBさんは、「私たちは、○○という特殊な技術を持っています。先輩社員から直接話を聞いてみませんか?」と、現場の社員を交えたディスカッションの場を設けました。学生からは「アットホームな雰囲気で安心しました」との声が上がり、入社後のミスマッチを防げたそうです。このように、**自社の魅力**を具体的に伝え、**学生の不安を解消**することが、新卒採用イベントの成功につながります。

4.学生に響くプレゼンテーションのコツ

4-1.プレゼンテーションの基本原則

新卒採用イベントでは、プレゼンテーションが重要な役割を果たします。学生の関心を引き付け、企業の魅力を効果的に伝えるためには、いくつかの基本原則を守る必要があります。 まず、**簡潔かつ明確なメッセージ**を心がけましょう。冗長な説明は避け、要点を絞り込んで伝えることが大切です。次に、**視覚的な資料**を活用し、言葉だけでなく映像でも情報を伝えることで、より印象に残るプレゼンテーションになります。さらに、**学生の立場に立って**話を組み立てることが重要です。「学生が知りたいこと」「学生にとって魅力的なこと」を意識し、そうした視点から話を展開すれば、共感を得やすくなるはずです。

4-2.学生の関心を引く具体的な方法

学生の皆さんは、自分の将来に大きな関心を持っています。そのため、企業の魅力だけでなく、「自分がどのように成長できるか」「どんな仕事ができるのか」といった点に注目しています。 プレゼンテーションでは、具体的な事例を交えながら、入社後のキャリアパスや研修制度、先輩社員の体験談などを紹介するとよいでしょう。また、「私たちの会社で、あなたはこんな仕事に携わることができます」と、実際の業務内容を想像させる説明を加えると、より興味を引くことができます。さらに、質疑応答の時間を設け、学生一人ひとりの疑問に丁寧に答えることで、企業に対する理解を深めてもらえるはずです。"

4-3.イベントでのアプローチを向上させるためのフィードバックの収集

新卒採用イベントでは、学生の皆さんからフィードバックを収集することが大切です。 例えば、アンケートを実施し、「プレゼンテーションはわかりやすかったですか?」「企業の魅力が伝わりましたか?」「不明点や疑問点はありましたか?」といった質問を投げかけましょう。率直な意見を聞くことで、次回のイベントに向けて改善点が見えてくるはずです。また、個別の質問にも丁寧に対応し、「この学生はどんな点に関心があるのか」「どんな不安を抱えているのか」を把握することが重要です。そうした学生一人ひとりの声に耳を傾けることで、より効果的なアプローチ方法が見えてくるでしょう。**「学生の皆さんに寄り添い、一緒に成長していく」**そんな姿勢を持ち続けることが、新卒採用の成功につながるのです。 チアフェスでは学生からのアンケート回収はもちろん、他参加企業のプレゼンテーションを見ることができ、担当CSからフィードバックももらえます。 https://cheercareer.jp/staticpages/lp/event
この記事を書いた人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
年間で10万人が利用する就職サイトチアキャリアを運営する株式会社Cheer代表取締役。
新卒で入社した会社を3ヶ月目の22歳で役員に。1年目で営業成績1位、全社MVP。営業・マーケや開発・広報・人事管轄の取締役として従事したのち独立。
第一回日本中小企業大賞三冠・三年連続受賞したのち殿堂入りし、審査員就任。
東京都の【多様な主体によるスタートアップ支援展開事業】分科会審査員を2期連続担当。
意思決定層のジェンダーギャップに取り組む「スポンサーシップ・コミュニティ」発起人を務める。


平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
この人の記事をもっと読む
このページをシェアする