面接はどこから始まっている?意外と疎かにしがちな自己紹介方法!

面接対策 2020.07.21

面接はどこから始まっている?意外と疎かにしがちな自己紹介方法!

皆さん、こんにちは! 就活では何かと初対面での会話が多いのではないでしょうか? 面接でも毎回面接官が違ったりして、その都度「始めまして」がやってくると思います。 そこで今回は、就活での自己紹介について考えて見たいと思います。 | 目次 | | --- | | ・就活での自己紹介とは? | | ・注意点 | | ・最後に… | ## 就活で、しっかりやるべき自己紹介とは? 自己紹介とは、 1.自分が何者かを示す。 2.あいさつとしてコミュニケーションのきっかけをつくる。 ものになります。 1.に関しては、あなたのパーソナルな情報が必要になります。 * 大学名、学部名、学科名 * 出身 などが該当するでしょう。 2.に関しては、1.以上にあなたのことを踏み込んで話す必要があるでしょう。 具体的には * 学内で取り組んだこと。 * 学外で取り組んだこと。 * 企業のどの点に魅力を感じているのか。 などにあたります。 学内で取り組んだこととしては、ゼミや研究室での活動、留学などが考えられます。 学外で取り組んだこととしては、サークルや部活、アルバイトが代表的ですね。 また特出して挙げれるほど、取り組んだ内容がない。という場合は ご自身の特技や趣味、最近起きた嬉しかったことなど 少し一工夫して発言してみましょう。 企業のどの点に魅力を感じたか、については あなたの価値観や自己PR、志望動機とリンクしやすい部分ですので、話題のフックとなれるようにここでは一言に留めておきましょう。 ### 面接での自己紹介する際の注意点 #### 面接での自己紹介する際の注意点1 自己紹介をしてください。と言われたにも関わらず自己PRと混同してしまうパターンがあります。 特に、学内や学外での取組みの説明が、ストーリー性を帯びたものになり、気付いたら「ガクチカ」になってしまうのです。 ``` チア大学キャリア学科の○○と申します。大学では▲▲の研究をするゼミに所属し、ゼミ長を勤めています。最初はやる気がある人とない人で研究への取り組みに差があり思うようにゼミ活動が進みませんでした。そこで私がリーダーシップを発揮して~ | ``` という具合ですね。 あくまで自己紹介はきっかけ作りですので自ら深堀した内容を話す必要はありませんし、 場合によってはマイナスの印象にもなってしまいます。 #### 面接での自己紹介する際の注意点注意点2 これは以前別の就活記事でもお話しましたが、面接ではあなたのイメージを統一させるようにしましょう。 (参考記事:https://cheercareer.jp/ip_blogs/article/379 ) そこで、自己紹介ではESで書いた内容と齟齬が出ないように、またはESには書いてある内容とは全く異なる内容は、控えましょう。 ## 就活で、しっかりやるべき自己紹介とはまとめ… 自己紹介で企業から時間の指定があれば別ですが、**基本的には1分程度**に収まるように組み立てるのが一番聞きやすいと言われています。 ちなみに一分間で聞き取りやすい**文字数は250字~300字**と言われています。 (アナウンサーの原稿読み上げもこれに準じているそうです。) 構成を考える際の参考にしてみてください。 面接と言えど、他人通しのコミュニケーションであることは変わりありません。 **何よりも大事なことは元気よく、はきはきと自信をもって話すこと**です! 話す内容ばかりではなく、話す時の自分の**姿勢や声**にもきをつけましょう!
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする