インターンシップで失敗する人の特徴3つ

インターン 2020.06.14

インターンシップで失敗する人の特徴3つ

みなさん、こんにちは! 夏本番! みなさんも積極的にインターンシップに参加されているのではないでしょうか。 本日は“夏期インターンシップで失敗する人の特徴3つ”についてお伝えします! 知らずにやったら、後悔するぞ。 ## 1.インターンシップでタイムキーパーはやめとけ グループワークやグループディスカッションで 最初に役割分担をしますよね。 「僕、進行やります」 「じゃあ私は資料を作成しますね」 手を挙げずにいるよりかは、何かしらの役割を掴んだ方が良い。 そう思って、「タイムキーパーやります!」と言っちゃうこと、ありませんか? もし自分からタイムキーパーを名乗り出ていたら、 ンターンシップでタイムキーパーは今日からはやめましょう。 なぜなら、 **時間を守るって社会人として当たり前だよね。** 役割を作ってまでタイムキーパーをするのですか? 本来であれば、各々が各自で時間を見ながら取り組むべきことですよね? だから、タイムキーパーへ立候補する学生さんを見ると 正直「残念…」と思ってしまうのです。 とはいえ、みんなを引っ張ったり、まとめることは苦手…。 大丈夫です、安心してください! 私も同じことで悩んだことがありましたが、 ちょっと引っ込み思案なアナタに**オススメなのは書記(議事録係)**です。 え!?と思いますよね。 とても地味な役割。でも、とっても重要なんです。 書記の任務を全うするためには、 ・議論にちゃんと参加できていること ・要約(言語化)するスキルが求められること ・最後にまとめ役にもなり得ること 上記3点が挙げられます。 特に、要約(言語化)するスキルが重要。 議論の中では主語・目的語が抜けたり、 抽象的な言葉が多用される場合もあります。 書記はそのような曖昧な表現を 後から誰が見ても分かるよう文章に起こす必要があります。 だからこそ、**議論にしっかり参加していなければ要約はできない**。 かつ議論内容をすべて把握していなければ、文章に起こすこともできないのです。 そのため、実は書記こそが 最も議論に参加できていると言っても過言ではありません。 司会・進行や資料の作成、まとめ役は 目立つから人事にとっても良い印象を与えられそう!と思うかもしれませんが、 会社は色んな役割の人間の集合体です。 もし、司会・進行、資料作成などの役割はちょっと苦手だな…という方は、 ぜひ書記という役割に挑戦してみてください! ちなみに、書記は会議のメモやお客様との商談の時など、 社会人になった後もとても**重要なスキル**となります! ## 2.インターンシップに目的なく行くな! 「インターンに参加すれば内定が貰える確率が上がる」と思って、 「とりあえずインターンに参加する」ことはするな! 意外にも、目的意識の有無で姿勢は大きく変わるもの。 人事もヒトを見るプロなので、すぐに分かります。 何が違うかというと、 圧倒的に質問の質が違うんです。 1dayインターンシップでよく出る質問内容でいうと、 ・仕事のやりがいを教えてください ・この会社を志望した理由を教えてください ・どんな仕事をするのか教えてください ・辛かったこと、苦労したことを教えてください ・嬉しかったことを教えてください など、かなり抽象的な内容になりがちです。 しかし、たとえば下記のような目的意識があった場合、 ①具体的な仕事内容を知りたい ②業界のイメージを膨らませたい ③どんな社員がいるのか知りたい ④どんなオフィスなのか見たい ⑤どんな働き方をいているのか見たい ⑥福利厚生の実際を知りたい 質問内容も上記の目的を達成すべく、質問の鋭さが磨かれます。 たとえば、 ①1日の仕事内容を教えてください ②クライアントはどのような企業群になりますか? ③社員さんとの交流会等に参加できますか? ④オフィスの見学はできますか? ⑤1日のスケジュールを教えてください。 ⑥休日はどのように過ごされていますか? など、目的を達成するためには、 質問内容がより具体的な内容になります。 質問内容の質は、事前準備の質や目的意識の有無が はっきりと分かる内容となります。 最初は「会社の雰囲気を掴む」等でも大丈夫。 1つでも良いの**で自分なりの目標を立てて、参加しましょう。** ## 3.インターンに参加した=内定GETではない! 「2.目的なく行くな!」の内容に続きます。 「夏のインターンに参加したら特別な選考ルートを案内してもらえた。  このまま、早期で内定GETできるな!」と思っていたら大間違い! 確かに、特別な選考ルートをご案内いただけることもあります。 早期内定のチャンス到来に間違いありません。 しかし、その後の選考で落ちることもあります。 ここで、恋愛に例えてみましょう。 | 恋愛 | 就活 | | --- | --- | --- | | 出会い | Webで発見 | | 「なんか良いな…」 | エントリー | | お喋り | 夏期インターン | | 気になるな… | 早期選考の案内 | | デートしてみよう | 選考 | | 好きだな/告白 | 内定通知 | | お付き合い/結婚 | 就職 | 上記を見てお気づきかと思いますが、 **夏期インターンは恋愛における「接触」に過ぎない**んです!! 夏期インターンを通して、 「この学生さん、気になるな」 「この学生さんのこと、もっと知りたいな」と思ってくれた時、 企業は早期選考のご案内をしてくれます。 となると、これは「お付き合いが前提」ではないですよね。 「もしかしたら、お付き合いするかも?」ですよね。 だから、インターンに参加したからといって、 将来的にその企業から内定が貰えると思ってはいけません。 とはいえ、就活本番より遥かに早いタイミングで ウチ(企業)を気になってくれたとは嬉しいものです。 なので、企業も 「もしかしたら、将来就職してくれるかも」と期待しているのも確か。 インターンをキッカケに、本選考と同じ心持ちで選考に進んでくださいね。 ***** ## インターンシップ失敗する人の特徴3つまとめ 目的を持って主体的にインターンに参加することで気付きがあるよ、ということですね。 皆さんの就活を応援しております! CheerCareer(チアキャリアでは)、内定直結イベントやSE添削、面接対策などさまざまなセミナーを開催しています。 ぜひあなたにぴったりのセミナーを見つけてください! ☞[就活イベント・セミナー一覧](https://cheercareer.jp/event)
この記事を書いた人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
この人の記事をもっと読む
このページをシェアする