ES講座の落とし穴。落ちるES、受かるES。

ES対策 2020.06.20

ES講座の落とし穴。落ちるES、受かるES。

ES。 名前の通りエントリーシートのことですが、 企業はこのESで就活生の何をみているのか考えたことはありますか? 今回は企業視点でESについてお話ししたいと思います。 ## ESで抑えるべき2種類の質問 ESで企業が就活生に問いたいこと、それは 「過去に何をやってきたか」「将来何をやりたいか」の2つです。 ESでよく出る質問の例をあげると ### 自己PR 学生時代に力を入れたこと/あなたの強み/学業で取り組んだこと/ 困難を克服した経験/周囲と人と協調して何かを成し遂げた経験 ### 志望動機・将来展望 ``` 当社を志望する理由/就職する企業を選ぶ際に重視していること/ 入社後にやってみたい仕事・夢とその理由/あなたが考える○○業界の未来像 ``` これら二つが企業が学生に問いたいことです。 それは、質問は「過去に何をやってきたか」「将来何をやりたいか」の2つということです。 ESでよく出る質問を大きく2つに分けると、 「自己PR・学生時代に力を入れたこと」と「志望動機・将来展望」があります。 前者は、どんな学生生活を送り、どんな価値観を持っていて、 どんな場面で頑張れる人間なのかを伝えるための質問で、過去のあなたについて聞いています。 一方、「志望動機・将来展望」は、企業に興味を持ったきっかけから、 どんな仕事に関心を持っているのか、といった過去から未来に向けたことを聞いています。 これらの質問から、企業は「この人は入社したらこんなふうに働いてくれそうだ」とイメージして、面接を行います。 ですから、**ESに書く内容で迷ったときには、皆さんの将来の働きぶりをイメージできるものを選ぶとよい**でしょう。 その視点を持った上で、 なぜ、よくあるES講座で合格できないのか?を考えてみると簡単です。 世の中の多くのエントリーシート作成講座や書籍では、次のような書き方を教えています。 ``` (1)結論(例:私の強みは○○です) (2)困難だったこと(例:こんなハプニングがありました) (3)困難だったことの解決策を3つ挙げる(例:私はこうした行動をとりました) (4)成果(例:結果、こういった成果が得られました) (5)ここで得たことや学んだこと(例:よって、私はあなたの会社にこんな風に貢献できます) ``` しかし、何百万通以上のエントリーシートを審査してきたプロから見ると、これは、典型的な落ちる文面なのです。 その理由はなぜか? 簡単です。 それは、**(3)で解決のための行動をとったのは良いが、 どのような考え(理由)でその3つの行動をとったのか、ということが全く記述されていないから**です。 要は、審査する側から見ると、「この人は思いつきで行動する人だ」と判断され、落ちてしまうのです。 大事なことなので繰り返します。 企業の採用担当者は、**なぜ、あなたがそのような行動をとったのか?その根拠を大きな判断材料として意識して見ている**のです。 ## 受かるエントリーシートはこう書く **(1)結論(例:私の強みは○○です) (2)困難だったこと(例:こんなハプニングがありました) (3)困難だったことの解決策を根拠を交えて3つ挙げる(例:私はこうした行動をとりました) (4)成果(例:結果、こういった成果が得られました) (5)ここで得たことや学んだこと(例:よって、私はあなたの会社にこんな風に貢献できます)** 自分自身のエントリーシートと見比べて見てください。 解決のための行動をとっただけではなく、 どのような考え(理由)でその行動をとったのか、ということをしっかりと記述しましょう。
この記事を書いた人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
この人の記事をもっと読む