マスターピース・グループ株式会社
+ フォロー
面接での「自己紹介」どうしてますか?

2023.02.08

面接での「自己紹介」どうしてますか?

ベンチャー企業で新卒採用を15年やってます。
マスターピース・グループ石川です。

あくまで個人的な見解ではありますが、
とあるベンチャー企業のイチ人事担当者として、
今までの経験から就活生の皆さんに何かちょっとだけでもヒントになる
発信ができればと思います。

さて、面接の第一歩、「自己紹介」について。

「それでは、まず自己紹介をお願いいます。」と面接官に言われたら、
貴方はどうしていますか?

私の場合ですが、
まずどのような回答を学生さんがされるのか、とても注目してみています。

1.学校名と名前だけ
「●●大学の●●●●と申します。本日はよろしくお願いいたします。」
学校名と名前でけで「自己紹介」が終わってしまうパターン、
これはさみしすぎますね。。。もう少しあなたのことを知りたいです。

2.なにを話したらいいかわからず戸惑う
「ええと、、自己紹介って、名前と、、あと何を話せばいいですか?」
自己紹介と言われてもどうしていいやら、、、思わず面接官に、
逆質問してしまう学生さん。
ほほえましいですが、ある程度「自分で考える力」試されています。

3.用意してきた自己ピーアールを一気にまくしたてる人
「私は中学から野球を12年間続けてまして、●●の結果を残し、
大学では●●に力を入れて、アメリカに留学にいきました。留学先では。。。」
ちょっとストーップ、息継ぎしてますか?
面接官はこのあと1つずつ質問する用意がありますので、
全てここで出し切る必要はありません。

4.最低限のポイントがしっかり入ってる
自分の特徴を表すポイントが3つ程度入っている、コンパクトな自己紹介は好印象です。
大学での選考、出身地、特技、なにか継続してきたこと、これは負けない!ということ、
など。。これからじっくり話したい「インデックス」として、
面接官に提示してもらえると、面接官もそこから興味を持ってぐんぐん、
質問も進みます。

以上、これが就活の正解とは思っていません。
正解は就活生の数だけ、面接官の数だけあるかもしれません。
私はイチ人事経験者として、こう思っているよという内容です。

毎日頑張る就活生のみなさんに、少しヒントになったら嬉しいです。

書類選考なしで面接!説明会はこちら。
https://cheercareer.jp/company/seminar_detail/4481/141075

投稿一覧
12