CheerCareerトップパートナーが語る!中小・ベンチャー企業が勝つ採用戦略支援を行うポイント

採用市場・動向 2021.12.06

CheerCareerトップパートナーが語る!中小・ベンチャー企業が勝つ採用戦略支援を行うポイント

今回はCheerCareerの販売代理店活動において、日々魅力的かつ模範的に活動をされている企業様を表彰させていただくCheerCareer PartnerAwardsにて、「ベストパートナー賞」「地方創生賞 優秀賞」の2冠を受賞された白潟総合研究所株式会社の石川様にインタビューをさせていただきました。 自社の採用活動でもCheerCareerを活用する中で見えてきたベンチャー・中小企業だからこそ活用できるノウハウ!それを活用した採用支援のポイントなど貴重なお話がお聞きできましたので、ぜひ皆様チェックください。
CheerCareerトップパートナーが語る!中小・ベンチャー企業が勝つ採用戦略支援を行うポイント

ベストパートナー賞

CheerCareerの販売代理、運用代行において
企業様の採用支援に最も貢献し、
サービス認知向上など総合的に
寄与いただきました企業様へ贈る賞です。

CheerCareerトップパートナーが語る!中小・ベンチャー企業が勝つ採用戦略支援を行うポイント

1.白潟総合研究所について

CheerCareer畠中(インタビュアー):改めてCheerCareer PartnerAwardsベストパートナー賞、地方創生賞 優秀賞の受賞、おめでとうございます!見事最優秀賞であるベストパートナー賞と、本年より新設されました地方創生賞の優秀賞を2つ受賞されるあたり流石です。今回はその受賞の経緯など色々とお聞きできればと思い楽しみにしてまいりました。本日はよろしくお願いいたします。 まずは白潟総合研究所様の事業の特徴、事業運営において普段こだわられているポイントについてお聞かせいただいても良いでしょうか? 石川:白潟総研(https://www.ssoken.co.jp/)は、『中小ベンチャー企業の社長を元気にする』というミッションを全ての中心において事業を進めております! 事業展開がちょっと特殊でして、総合型×専門特化を両立したコンサルティングファームを目指しています。 総合型のコンサルティングという総合病院のような立ち位置の親会社(白潟総研)に対して、専門特化の子会社(例:Wantedly運用代行に特化したソーシャルリクルーティング株式会社(https://socialrecruiting.co.jp/)をいくつか持っているカタチです。 その中で中小ベンチャー企業の新卒採用における究極の武器としてCheerCareerをご提案させていただいます。 畠中:なるほど採用領域だけでなく、様々な課題を持たれる企業様がいらっしゃると思います。その中で貴社は総合的な解決ソリューションと専門的な解決方法を合わせて持っていらっしゃるのですね、素晴らしいと思います。

2.CheerCareerのパートナーになろうと思ったきっかけ

畠中:ではこの度見事ベストパートナーになられた白潟総研様にお聞きしたいのですが、CheerCareerのパートナーになろうと思ったきっかけは何でしょうか? 石川:株式会社Cheer代表の平塚さんへの信頼がとにかく大きかったです。以前弊社代表の白潟と平塚さんと3人でランチした際「採用市場において、カルチャーマッチを重視した採用を行う大切さや、中小企業・ベンチャー企業こそ「人ときちんと向き合う」「人を大切にする」採用方針やプロセスをしていく企業を増やしていこうというような、目指したいビジョンに関して我々と価値観が一緒だ!」と大変共感し、早速CheerCareerの自社掲載を始めることになりました。 実際に自社で利用してみるとすごく効果が出て、これは弊社のお客さんにも届けたい!と思い、すぐ販売代理店契約締結に至りました。 白潟総研は、自社で試して上手くいった施策をノウハウ化してお客様に提案することを大切にしています。働くコンサルタントたちも「中小ベンチャー企業の社長を元気に!」の存在意義にまっすぐなので、まず自社で試して上手くいく確信がないと動いてくれないんです笑その点CheerCareerは、全コンサルタントが自信を持ってお客様に提案してくれるので、経営陣としては助かっています。 畠中:そのように弊社ビジョンにも共感いただいており大変ありがたく思います。 具体的にCheerCareerのどのような機能や特徴がおすすめですか? 石川:間違いなく推せるのはカスタマーサクセスです。 管理画面上で活用できるチャット機能がとにかくスゴイ。返信も速いし、めちゃくちゃ親身に動いてくれる。 CheerCareerを販売させていただいた企業様に対して、日々の募集記事の更新内容のアドバイスや、ダイレクトメールの文章のアドバイスなどは弊社からもさせていただいておりますが、CheerCareerさんのカスタマーサクセスのサポートのレベルがとても高いので、チャット上で「募集記事なかなか効果が出ないんですけど・・」っという曖昧なレベルの質問でも、「こういう風に工夫してみてください」と具体的に教えてくれるのが大変助かっています。 なので私どものご掲載をいただいているお客様に対しても、とにかくCheerCareerのカスタマーサクセスを使い倒してください!と最大限お勧めしています笑

3.CheerCareer掲載企業の採用支援で特に意識していること

畠中:CheerCareerの掲載企業様の採用支援の中で特に意識していることは何でしょうか? 石川:CheerCareerを企業様へ勧める前に、その企業様がCheerCareerに掲載し、本当に採用戦略上「勝てる会社なのかどうか?」を見極めるよう意識しています。 企業様の採用戦略における様々な条件とCheerCareerのサービスの特性が合致していれば「100%お勧めできる!」というのがウチの絶対方針です。条件が合致していれば全力でお勧めし、合致していなければいくらお客様が「参画したい!」とおっしゃっても「やめといた方がいいです」と正直にお伝えしています。 では、採用戦略上CheerCareerで勝てる企業とはどういう企業なのか?というと大きく分けて3つあると感じています。

①採用要件において、カルチャーマッチを重視している、その志向性が強いこと
②ベルトコンベアー式に応募者を振り落としていくような、旧態依然とした大量採用のような採用方法ではないこと。ひとりひとりの求職者ときちんと向き合うOne to Oneな選考プロセスを大事にしていること
③CheerCareerを利用する学生にウケそうな魅力を持っているということ

上記3点となります。 特に3点目に関しては、弊社でCheerCareerを利用する中で徹底的に研究しています。弊社へエントリーしてくださった学生の皆様に「どんな会社をどのような観点を軸に探しているのか?」というような調査をし、CheerCareerを利用する学生にウケの良い会社の特徴が言語化してます 畠中:企業様それぞれに対し真摯に向き合い、しっかりと「その企業様だからこそ勝てる条件」を探り、1社1社の企業様に対して、とてもクオリティの高い採用支援を実施されている印象を持ちました。素晴らしいですね。 ▼CheerCareer(チアキャリア)パートナーについてのお問い合わせはこちら ▼CheerCareer(チアキャリア)についてのお問い合わせはこちら

4.CheerCareer販売営業の中での最後の一押しの一言は?

畠中:企業様にCheerCareerのご提案をされている中で、最後の一押しとなるような貴社としてお伝えいただいているようなポイントはありますでしょうか? 石川:『中小ベンチャー企業が新卒採用を考えるなら、条件さえ合致していればやらないほうが頭おかしいっていう媒体があります。 勝つか勝てないかは条件があるので、合致しているか確認させていただけませんか?』という風に伝えています。私どもが採用支援コンサルティング事業を行っている中で「あ、この企業であれば必ずや大手企業に負けない魅力的な会社になれる」と実感した場合に、このように強くお伝えしています。 そんな素敵な中小ベンチャー企業がCheerCareerに掲載をスタートすることは、CheerCareerを活用する学生にとってもハッピーなことだと思うので。 先程も少し述べましたが、「勝てるポイントがある企業」って求職者一人一人を大切にする想いを持っていて、結果、求職者にもきちんと支持される魅力を持っていると思っています。 そういう企業様がCheerCareerにどんどん掲載されていくと、求職者にとっても、掲載企業様にとっても、CheerCareerと関わっていてよかったという凄いハッピーな体験が作り出せるはずなんです。 畠中:本当にどこまでも企業様とユーザー様の良質なマッチング。を大切にされているのだなという印象を持ちました。ありがとうございます。 ただ1点、とはいえ中小企業・ベンチャー企業の経営者様、人事のご担当者様は日々の業務の中で大変忙しいと思うのですが...そのような中でもCheerCareerという新しい採用媒体のご掲載をご説明する際に特に重点的にお伝えをいただいているポイントなどはありますでしょうか? 石川:中小ベンチャー企業は戦略的に採用しないと駄目だと思っていて、 戦略って”戦を略す”と書いて『戦略』なので、戦略的に行動するってことは戦わない場所を決める。 略すことで、戦うべき場所にリソースを超集中させるという考え方だと思っていて、採用活動でも、絞って集中してそこで勝つっていう風にするべきだと思うんです。 ですから、企業様にはCheerCareerを導入するなら「CheerCareerに集中してください」と伝えています。多くの媒体を使って採用するよりも、勝てる場所に採用担当者様や経営者様のエネルギーを集中した方が必ず上手くいくと思っています。 畠中:なるほど。中小・ベンチャー企業は人数が少ないからこそやるべきことに集中。確かにその中で「自分たちにとって必要な人材」「自分たが大切にしなくていけないこと」がよりくっきりとしてくるのかもしれないですね。大変勉強になります。

5.これからのCheerCareerに向けて

畠中:最後にこれからのCheerCareerに向けて一言いただきたいと思います。 今後CheerCareerでは、販売店様の代理店活動を通してより、中小・ベンチャー企業様への採用支援のご支援を行っていけるよう努力してまいります。 単なる採用屋では終わらず「日本経済の起爆剤となる人材を育成して輩出し、そんな人材があえて中小・ベンチャー企業に入社するという選択肢を作る!」というような想いを掲げておりますが、こんなCheerCareerに向けて一言コメントをお願いします! 石川:Cheerさんってすごく想いを大事にしたサービス運営をしている会社さんで 「短期的に稼ぎを追うような事業展開は、想いを大事にするからこそしない」っていうのが 良いところだと思っています。 我々も共感できることばかりで同じ思いを持つ会社なので これからも一緒に日本を元気にしていきましょう! 畠中:共感していただきありがとうございます!今後もベンチャー志向の就活生と企業様とのマッチングを目指して、働くにワクワクできる就職サイトを目指してまいります。本日は本当にありがとうございました。改めて、今回はCheerCareer PartnerAwards ベストパートナー賞、地方創生賞 優秀賞の受賞おめでとうございます!

まとめ

今回は白潟総合研究所株式会社 取締役 石川 哲也様にお話をお聞きしました。 「中小ベンチャー企業の社長を元気にする」という存在意義のもと、企業の採用支援だけでなく、人材研修・組織活性化コンサルティングなど人材領域に関わる事業を総合的に行われる中、しっかりとした採用戦略を実行している企業様への販売戦略へ組み混んでいただき、圧倒的な行動力と工夫でチアキャリアを世の中に広めていただる中、その根底に「魅力的な中小・ベンチャー企業を1社でも多く発掘したい」というような素晴らしい想いがあられるように感じました。
白潟総合研究所株式会社様のCheerCareerパートナーでの
「ここがスゴイ!」3つのポイント

転職採用領域からの初めての挑戦から実績の開拓!
企業の採用プロセス全体をカバーされる深いご提案力!
Cheer側へ何度も丁寧にご質問をいただける行動力!
記事ご一読いただきありがとうございました。このようにCheerCareerでは日々のご提案活動の中での、営業活動に対するフォローも適時させていただいております。少しでも販売代理店様プログラムにご興味をいただいた皆様は以下URLより詳細ご確認いただけましたら幸いでございます。ぜひ私たちと一緒にCheerCareerパートナープログラムへご参画いただき、中小・ベンチャー企業の皆様の採用成功に向けて熱いビジョンをもとに伴走いたしましょう! ▼CheerCareer(チアキャリア)パートナーについてのお問い合わせはこちら ▼CheerCareer(チアキャリア)についてのお問い合わせはこちら
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする