就活生からよく相談される内容6選

自己分析 2020.07.14

就活生からよく相談される内容6選

みなさん、こんんちは! 学生さんからよくいただくQ&Aをピックアップしました! 履歴書や選考のポイントにも重なる部分が多くあるので、 最後まで読んでもらえると嬉しいです! ``` ==目次== Q.自己分析には何時間かけるべき? Q.学力と強みのエピソードは変えた方が良い? Q.「学内」「学外」どういう分け方? Q.「特に頑張ったこと」がない…どうしたら良い? Q.エピソード 過程より結果の内容でいっぱいに…。 Q.就活、何からやれば良いかよく分からない…。 ====== ``` ## Q.自己分析には何時間かけるべき? **A.具体的に「〇時間」とは決まっていません。永遠に続きます!** というと、ちょっとプレッシャーに感じるかもしれませんが、 安心してください。詳しい説明をしますね。 自己分析の本来の目的は「内定をもらうため」ではなく、 「**自分に合う会社を見るけるため**」です。 だから、自分にはどんな価値観があるのか、 どんな考え方をする傾向があるのか、 将来どうなりたいのか、などを過去の経験から分析しますよね。 実は、この**自己分析は入社後も必要**になります。 仕事を通して様々な経験をして成長する。 すると、自然に価値観や将来の夢にも変化が出てきます。 「自分がもっと成長するためには、何をしたら良いのか?」 「この仕事・会社でもっと成長できるのか?」 自分のキャリアを考える時、まさに自己分析をしているのです! だから、「〇月までに自己分析を終わらせる」などのゴールは定めず、 ゆっくりマイペースに自己分析を進めていきましょう! ## Q.学力と強みのエピソードは変えた方が良い? **A.変えた方が良いです。むしろ、変えましょう。** これまで様々な組織に属したことがあると思います。 クラスや部活やアルバイトなど…。 無意識のうちに「その組織に合う仮面」をかぶっていませんか? 人事が面接をするとき、 単にその学生さんが「うちの会社と合うか」だけでなく、 「**もし入社したら、どの部署に配属すると活躍しそうか**」まで考えています。 だから、アナタの色んな仮面を見たいです。 一つでも多くの仮面を知ることができれば、 アナタのキャリアが豊かになる可能性が広がります! ## Q.「学内」「学外」どういう分け方? ** A.一言でいうと「それに大学が1ミリでも関与しているか」です。** 大学が1ミリでも関与していれば「学内」。 大学が1ミリでも関与していない場合は「学外」となります。 ``` (例) ・インカレサークル→学内 ・アルバイト→学外 ・ボランティア→大学繋がりあり「学内」、大学繋がりなし「学外」 ``` 先ほどお伝えした「仮面」の話の通り、ESでも履歴書でも、 **学内・学外ともにエピソードを書く**ことをオススメします!! ## Q.「特に頑張ったこと」がない…どうしたら良い? ** A.どんなに小さな頑張ったことてもOK!** 「ライバルはスゴイ実績ばかり。自分のエピソードというと…」 と自信をなくすことがあると思います。私もそうでした。 しかし、そんなときは「アウトプット」をしてみてください。 自信がない。 これは、自分が誰かと比べて、 **勝手に自分のエピソードを過小評価をしている**可能性があります。 誰かに話してみると「え!すごいじゃん!」って、 意外に評価されることが多いもの。 親でも友達でもキャリアアドバイザーでも、 話せる相手なら誰でもOK! アウトプットする場を増やしましょう! そして、客観的に見て「すごいじゃん!」というポイントが どこだったのか、ぜひ教えて貰いましょう。 ## Q.エピソードが過程より結果の内容でいっぱいに…。 **A.自分の「想い」や「考え」をもう一度確認しましょう!** 過程より結果の内容でいっぱいになってしまう理由の1つに 「**事象をただ並べているだけ**」の状態になっているからが挙げられます。 (だから「~ました」が連発しているかも!) そのため、**各事象の間に「想い」や「考え」を入れてみましょう!** 自分の想いや考えが事象の間に入れられると、 文章にも抑揚が生まれるので「結果だけの内容」ではなく、 「ストーリー」にすることができます! ``` たとえば、 「なぜそう考えたか」 「なにを大切にして行動したのか」 「どんな想いで打ち込んだのか」 など ``` ## Q.就活、何からやれば良いかよく分からない… ** A.セミナーやイベントに参加してみてはいいかがでしょうか?** 私も「何からすれば…」と右往左往したことがあります。 いくら考えても分からなかったので、 「とりあえず就活セミナーに…」と予約するところから始めました。 (今思うと、ひたすら悩んでいたのは机上の空論だったかも…) セミナーやイベントに参加すると色んなことが学べるだけでなく **「今の自分には何が足りないか」「次に何をすべきか」が見えてきます。** また、何よりも「就活やってる感」があるので、 この優越感が、私はモチベーションに繋がっていました! もし「何からすれば…」と悩んでいたら、 CheerCareerのイベントも確認してみてください! ([イベント詳細はコチラをクリック!](https://cheercareer.jp/event)) 皆さんの就活を応援しております!
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
2013年、立教大学在学時からアイ・パッションに参画し、すぐにトップセールスに。
入社4ヶ月目の22歳で最年少執行役員に就任。

会社の成長や就活のあり方を変えるというビジョンへの想いは、人1倍強く、
入社1年目にして営業成績1位、全社MVPを受賞するなど、常にトップを走り続けるスーパービジネスウーマン。
現在はCheerの代表取締役としてマーケティングや開発・広報・人事なども担当。

学生時代は名だたる有名企業や大手から引っ張りだこで
今でも一緒に働こうとアプローチを受け続けるほど(笑)
就活生への入社支援実績はCheerCareer1です。

平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする