「○○業界で働きたい」の理由、本当に語れますか?

自己分析

「○○業界で働きたい」の理由、本当に語れますか?

みなさんこんにちは! 井口です。 いよいよ夏本番ですね!暑いーー。。。 6月からインターンが解禁になっていますね。 2021年卒の学生に会う機会も増えて、この時期から動いててえらいなーと思いつつ、 仕事柄、色々と情報交換させて頂く機会があるのですが、 少し気になることが。。。 「人材業界に興味があります!」 「食品メーカー志望です!」 「ベンチャー企業に入りたいです!」 おぉ!素晴らしい!もう具体的に考えているんですね! と思い、「何で志望しているの?」と聞くと、 「人の役に立つ仕事がしたいです」 「お菓子が好きだからです」 「若いうちにチャレンジできそうだからです」 ん?それって、その業界(規模)でしかできないことなの? と気になってしまいました。 これから自己分析や業界研究を進めるみなさんに この辺を深く調べてみてはいかが?というアドバイスをまとめてみます。 **◆気になる業界の“どの分野”が自分がやりたいか語れる?◆** 例えば、僕がいる「人材業界」を例に考えると、 「新卒採用支援」「転職支援」「人材派遣」「人材教育」etc... 細かく分かれています。 どの分野に携われば、あなたのやりたいことは叶えられるか? ほかの分野ではダメな理由は何か? 細分化して考えてみると、新たな発見があると思いますよ。 **◆好きなことを仕事にするのは、思いつく業界だけ?◆** この世の中にはたくさんの仕事があります。 まだ社会に出たことないみなさんの限られた視野の中で、 可能性を絞ってしまうのはとてももったいないと思います。 例えば、さっき書いたお菓子が好きだから食品メーカーにという流れ。 メーカーに入れなければ好きを活かすことはできないのか? 実際に作っている工場、そのお菓子の広告、お菓子の箱、実際に売る人etc... 関わり方は様々だと思うので、イメージだけで視野を狭くしないように。 **◆実際に入社したら、まずどんな仕事をするの?◆** これを見ていない学生が本当に多い気がします。 理念やビジョン、キャリアステップ、福利厚生、働く仲間。 これらももちろん大事ですが、 「入社したらまずどんな仕事からやるの?」と聞くと、 回答に詰まる学生がたくさんいます。 あこがれの業界・規模はあると思いますが、 キャリアの大事な一歩目、しっかり調べてみた方がいいですよ。 一歩目の仕事が自分に合うか否か、できるのか否か、 この辺の研究もしてみてはいかがでしょうか。 長々と書いてしまいましたが、まずはザックリ興味を持つのは良いと思いますが、 興味をもったものはとことん掘り下げてみてはいかがでしょうか。 この辺をサボると、入社後にこう言い始めるんです。 「思っていた仕事と違った。」 「自分のやりたかった仕事ができない。」 「やりがいがなくて面白くない。」 2021年卒のみなさんはまだまだ時間があるので、 是非妥協せずに頑張ってください!
この記事を監修した人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
年間で10万人が利用する就職サイトチアキャリアを運営する株式会社Cheer代表取締役。
新卒で入社した会社を3ヶ月目の22歳で役員に。1年目で営業成績1位、全社MVP。営業・マーケや開発・広報・人事管轄の取締役として従事したのち独立。
第一回日本中小企業大賞三冠・三年連続受賞したのち殿堂入りし、審査員就任。
東京都の【多様な主体によるスタートアップ支援展開事業】分科会審査員を2期連続担当。
意思決定層のジェンダーギャップに取り組む「スポンサーシップ・コミュニティ」発起人を務める。


平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
このページをシェアする