就活生の悩みはどのようなものがある?ランキング形式でご紹介!

自己分析

就活生の悩みはどのようなものがある?ランキング形式でご紹介!

「就活で悩んでいるのは自分だけ?」 「どうすれば就活の悩みが解決するのかな?」 といった疑問を抱えていませんか? そこで、この記事では就活サイトである「[チアキャリア](https://cheercareer.jp/docs/about?key=f435ecf0aa23069a3fb789817d10511e)」が専門的な観点から解説します。 具体的には * 就活の悩みはみんな持っている * 就活の悩みあるあるランキング * 就活の悩みを解消するためにしておきたいこと の順番にご紹介していきます。 この記事を読めば、就活の悩みを解消するお手伝いができるので、ぜひご活用ください。 https://www.tiktok.com/@cheercareerceo/video/7253975185718643969
\企業が就活生に求める要素を診断できる!/
チアキャリア就活適性検査


適性検査
就活の初めにおすすめなのが、チアキャリアの就活適性検査です。 いくつかの質問に答えるだけで、自分の特性や能力を診断してくれます。 診断テストの質問は、企業が就活生に求める要素をもとに構成されています。「社会人基礎力」と「活躍ポテンシャル」の2軸で測定されるので、志望動機につなげることも可能です。 自己分析の代わりになるので是非利用してみて下さいね◎ 質問に答えるだけで自分に合った企業とマッチングできるので、ぜひ活用してみてくださいね。
>>適性診断を受ける<<
## 就活の悩みはみんな持っている 「就活で悩み過ぎている」 と感じる就活生は多いかもしれません。 しかし就活の悩みは、誰しもが持っているものです。 実際に[キャリタス就活のアンケート](https://www.disc.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/02/201902_gakuseichosa.pdf)の結果によると、76.1%の就活生が**「希望する企業に内定がもらえるか」**で悩んでいます。 また「内定をもらえるか」に関しても69.4%が悩みを抱えており、非常に多くの人が就活で悩んでいることか見て取れます。 むしろ就活に悩みを持っている人は、「これから頑張らないといけない」という前向きな気持ちを持っているということなので、**必要以上に心配する必要はありません**。 よくある就活の悩みを知れば解決方法もわかるようになり、気持ちがスッと楽になります。 ## 就活の悩みあるあるランキング 就活生はどのようなことを悩んでいるのでしょうか。 ここではあるあるランキングとして、次の順で就活のよくある悩みを紹介します。 * 1位:漠然とした焦りや不安がある * 2位:内定がもらえない不安がある * 3位:自分のやりたい仕事が見つからない * 4位:自分の強みがわからない * 5位:ESの書き方がわからない * 6位:面接に自信がない ### 1位:漠然とした焦りや不安がある 「説明するのは難しいけど何となく焦っていて不安」というのは、就活の悩みで特に多いものです。 このパターンは、就活の全体像がイメージできていないときに起こりやすい心理状態だと言えるでしょう。 まずは就活の全体スケジュールを把握した上で、必要な時期に応じて自己分析や業界分析、ES作成などを進めていきましょう。 **あらかじめ就活に対する知識を入れる**ことで、安心感が得られ、悩み解決につながることがあります。 ### 2位:内定がもらえない不安がある 次いで「内定がもらえないかも」という不安を抱える就活生も大勢います。 このような不安は、**事前にきっちり面接対策をして自信をつける**ことで解決ができるかもしれません。 面接は内容の良し悪しはもちろん、良い印象を与える姿勢や話し方も評価対象となります。 「自分には自己PRできるようなエピソードがない」という就活生でも、面接対策による対面印象を良くすることを常に心がけましょう。 ### 3位:自分のやりたい仕事が見つからない 自分のやりたい仕事が見つからず、悩んでいる就活生も多いようです。 このような状態で就活を進めていては、軸が定まらずに企業へやる気や熱意を伝えるのも難しくなるでしょう。 自分のやりたいことがわからない就活生は、**まずやりたくない仕事から考えて、向いていることを考えてみる**のがポイントです。 自分が夢中になれること、得意なことを書き出していけば、将来長く働ける業界・職種のヒントが見えてきます。 自分で向いていることがわからないときは、家族や友人から自分が向いていることについて一緒に考えてもらっても良いでしょう。 ### 4位: 自分の強みがわからない 就活生の中には「自分の強みがわからない」という悩みを持つ人もいます。 入社後に活躍できるのか、社風に合った人材なのかを判断する目的で、就活生の強みについては必ずと言ってもいいほど聞かれる質問です。 自分の強みを理解するためには、**「自分史」を作成する**のがおすすめです。 小学校から大学生まで、どのような経験をしてきたのか、具体的なエピソードを書き出していきましょう。 それと合わせてモチベーションが上がった時期、下がった時期を書き出し**「モチベーショングラフ」を作成する**こともポイントです。 モチベーションが高い時期に起こしたアクションや成果が、あなたの強みだということが見えています。 ### 5位:ESの書き方がわからない 多くの就活生が苦手とするのは、ES(エントリーシート)の存在ではないでしょうか。 ESは内容の良し悪しだけでなく、読み手に強い印象を与えられるような文章力も必要とされる難しい作業です。 ESは何よりも**構成が重要**と言えます。 まずは結論を先に書くこと、そして理由を添えて具体例を述べるような順番で書いていくことがポイントです。 また「アルバイトを頑張った」「サークルに力を入れた」といったエピソードだけでは平凡な印象を与えてしまうので、日常生活におけるあなただけのエピソードを盛り込めれば、意外性が評価されることもあります。 関連記事:[ES(エントリーシート)の正しい書き方とは?企業が見ているポイントも解説【例文つき】](https://cheercareer.jp/ip_blogs/article/1126) ### 6位:面接に自信がない 面接に自信がなく、就活が億劫になる人もいます。 このような悩みを持つ就活生は、特に**面接対策**に力を入れましょう。 先にも述べたように内容だけでなく、面接官へ与える清潔感や印象が何より重要です。 面接におけるマナーは、次の記事をぜひご覧ください。 関連記事:[面接マナーは大丈夫?訪問から退室まで知っておきたいポイントを解説](https://cheercareer.jp/ip_blogs/article/1036?key=f435ecf0aa23069a3fb789817d10511e) ## 就活の悩みを解消するためにしておきたいこと 就活の悩みを解消するために、あらかじめ準備しておきたいことは次のとおりです。 * 悩みを共有・相談できる人を探す * 自己分析をする * 業界・企業研究をする * 気分転換する時間をつくる * 就職のプロに相談する ### 悩みを共有・相談できる人を探す 就活は一人で進めていると悩みが増えることが多くなるため、**悩みを共有・相談できる人を探してみましょう**。 相手は家族や友人、同じ就活生でも構いません。 特に同じ立場に置かれている就活生であれば、お互いに励まし合うことができ、モチベーションを維持することができます。 もし周囲に相談できる人がいないなら、就活中の気持ちや不安を日記として書き出すことでも気持ちが楽になるので、ぜひやってみてください。 ### 自己分析をする しっかりと**自己分析**をしておけば、就活の全体像が見えてさまざまな悩みを払拭できます。 また強みや弱みがわかれば、企業選びの基準が見える化され就活の軸も定まっていくでしょう。 自己分析の具体的な方法については、先にご紹介した自分史やモチベーショングラフをぜひ作成してみてください。 関連記事:[簡単にできる自己分析のやり方!就活で役立つ効率的な自己分析方法を紹介!](https://cheercareer.jp/ip_blogs/article/941) ### 業界・企業研究をする 事前に**業界・企業研究**を進めることでも全体像が見えるようになり、就活の不安解消につながります。 具体的には企業のホームページのほか、就活サイト・エージェントや新聞などで情報が得られます。 また会社説明会や合同説明会が開催されたときは、積極的に参加してみると良いでしょう。 既にその企業に勤めている人がいる場合は、OB・OG訪問をすることでも就活に役立つ情報が手に入ります。 関連記事:[「業界研究」の効果的なやり方とは?抑えておきたいポイントも徹底解説!](https://cheercareer.jp/ip_blogs/article/922) ### 気分転換する時間をつくる 時には就活から一時的に離れて、**気分転換する時間を作ってみましょう**。 自分が好きなことで構いませんが、次のような気分転換をすれば気持ちがリフレッシュされます。 ``` 遠出をする、ドライブをする、音楽を聴く、スポーツをする など ``` もしあまり気持ちが切り替わらないようであれば、一度期間を設けて就活をお休みしても良いでしょう。 就活は必要以上に焦らずに、自分のペースでゆっくり進めることも大切です。 ### 就職のプロに相談する 自分で悩みが解決できそうにないときは、**就活のプロに相談してみましょう**。 ここで言う「就活のプロ」とは、キャリアセンターのスタッフや就活サイト・エージェントのキャリアアドバイザーを指します。 就活のプロに悩みを相談すれば、解決するためのアドバイスをくれて、必要に応じて応募書類の添削や面接対策を実施してくれます。 「どんな仕事が向いているかわからない」という就活生に対しても、ヒアリングをもとに条件に沿った求人紹介をしてくれるのが強みです。 ## 就活の悩みを相談するならチアキャリアへ! 今回は、就活の悩みについて解決策も交えながら解説をしました。 就活ではさまざまな悩みがありますが、いずれもしっかりと対策を準備しておけば解消できるものです。 また就活の悩みは誰もが持っているものなので、「自分だけ悩んでいるのかな?」と考えず周囲と励まし合いながら進めていきましょう。 「自分では就活の悩みが解決できない」「誰かに話を聞いてほしい」という就活生は**チアキャリアの就活相談**の利用がおすすめです。 チアキャリアの就活相談は就活のプロが行うキャリアカウンセリングが強みで、就活生の悩みを気軽に相談できる環境が整っています。 さらに、選考で必須のESの添削や面接対策などのサポートを実施しているのでお力になれるはずです。 就活相談の他にも、面接対策やES対策などのセミナーを実施しています。 就活にお悩みの方は、ぜひチアキャリアを利用して効率良く就活を進めてください! ☞[チアキャリア | 会員登録](https://cheercareer.jp/register?key=f435ecf0aa23069a3fb789817d10511e) ☞[アプリDL(AppStore)](https://itunes.apple.com/jp/app/id1294969438) ☞[アプリDL(GooglePlay)](https://play.google.com/store/apps/details?id=com.passionnavi&pcampaignid=MKT-Other-global-all-co-prtnr-py-PartBadge-Mar2515-1)
\企業が就活生に求める要素を診断できる!/
チアキャリア就活適性検査


適性検査
就活の初めにおすすめなのが、チアキャリアの就活適性検査です。 いくつかの質問に答えるだけで、自分の特性や能力を診断してくれます。 診断テストの質問は、企業が就活生に求める要素をもとに構成されています。「社会人基礎力」と「活躍ポテンシャル」の2軸で測定されるので、志望動機につなげることも可能です。 自己分析の代わりになるので是非利用してみて下さいね◎ 質問に答えるだけで自分に合った企業とマッチングできるので、ぜひ活用してみてくださいね。
>>適性診断を受ける<<
このページをシェアする