INTRODUCT

コロナ渦により、テレワークが普及したり、フレックスタイム制を採用する企業が増えたりと、近年働き方も変化しています。しかしその中で、各社のコロナ対策前からテレワークを一部導入し、”働く時間や案件を社員たちで選ぶことができる企業”があったのをご存知でしょうか?

そこで今回は、2014年に設立してからわずか7年で570倍の成長を遂げた、『株式会社アイ・ディ・エイチ』の社長である伊藤貞治さんにお話を聞きました。

『自分も会社も成長させたい』
『フラットな環境で働きたい』
『自由にキャリアを作りたい』
などを胸に秘めている新卒の方は必見です!

▼株式会社アイ・ディ・エイチ様への応募はこちら

平塚:本日はよろしくお願いいたします!22卒からチアキャリアで新卒の採用を始めたということですが、アイ・ディ・エイチさんでは新卒の学生さんをどのくらい採用されたのでしょうか?

伊藤:こちらこそ本日はよろしくお願いいたします!22卒の方はエンジニアが3名、営業が2名、WEBマーケターが1名という形で採用させていただきました。

22卒採用人数
エンジニア
3名
営業
2名
WEBマーケター
1名

平塚:ありがとうございます!実際に新卒でエンジニア職を選ばれる方はプログラミングが未経験の方か、経験のある方ですとどちらが多いのでしょうか?

伊藤:そうですね。22卒でエンジニアとして入社予定になっている方は、みなさん何かしら触ったことがあって、プログラミングを勉強したことのある方ですね。これは文系理系に限らずという感じです。

平塚:勉強をされている方が多いのですね。そのあたりも含め、本日詳しくお聞きできればと思っています!

それでは改めまして、本日はアイ・ディ・エイチさんの『仕事の働き方や環境』、『新卒の採用』、『キャリア』などについてインタビューさせていただきたいと思います。何卒よろしくお願いいたします!

伊藤:よろしくお願いいたします!

目次

1.7年で570倍成長のベンチャーはズバリ、エンジニアが働きやすい『自由な会社』!

【エンジニア職の新卒採用】7年で570倍成長ITベンチャーの社長にエンジニアの働きやすさとキャリアについて聞いてみた!

平塚:まずはアイ・ディ・エイチさんについてお聞きしたいんですけれども、現状、会社を一言で表すとしたらどういった言葉で表せますか?

伊藤:そうですね、『自由な会社』ではないかと思います。

平塚:『自由な会社』ですね。どういった面で自由な部分だと考えていらっしゃいますか?

伊藤:自由な部分というのは主に2つあります。働き方もそうですし、自分が関わる案件も自由に選ぶことができます。そのため社員はやりたいことができるという環境で仕事をしています。

①働き方の自由度が高い

平塚:ありがとうございます!「働き方」と「自分が関わる案件」が自由なのですね。まず1つ目の働き方に関してはどのような部分が自由だとお考えですか?

伊藤:はい、『休みの取り方』や『勤務の仕方』の部分が自由だと思います。

平塚:そうなんですね!『勤務の仕方』に関しては、アイ・ディ・エイチさんは定例の働く時間や場所が固定されていないと拝見したのですが、どのように決められているのでしょうか?

伊藤:ある程度固定されている時間はあります。ですが、社員自身の都合に合わせて時間をずらすことも可能です。あとは中抜けのような感じで昼間に用事を済ませて、その分は各自で早出など補填して仕事を調整することもできます。

②案件が自分で選べる

平塚:ありがとうございます!『自由な会社』という部分で、働き方以外に「案件を選べる自由さ」についてお聞きしたいんですけれども、そちらはどのような自由な部分がございますか?

伊藤:そうですね。エンジニアの場合ですと、『自分たちでいろいろ案件が選べる』というところです。ジョブ型採用をしているわけではないのですが、みなさんジョブ型に近いような働き方をしています。

平塚:自分に合った案件を選んで、スキルや経験を身に付けていける環境なんですね。案件を選べるというところでいうと、具体的にはどのように案件を選ぶのでしょうか?

伊藤:やり方というと、社員それぞれに『どのような案件をやりたいか』を聞いて、それをもとに私や営業の方で関連性の高い案件をいくつか見つけてきて、最終的にはメンバーが決めるという流れです。やるかやらないかの最終的判断は社員自らが行います。

アイ・ディ・エイチには管理職がいない!フラットな関係性が持ち味!

平塚:エンジニアの方にとって、やりたい案件で自分の経験やスキルを磨けるのは魅力的ですね。それではアイ・ディ・エイチさんの1番の魅力はやはり『自由な会社』というところでしょうか?

伊藤:自由さ、というところは大きな魅力だと思います。先程申し上げた通り、働き方というところの自由もそうですが、「自分で案件を選べる」といった環境ですので、自分のやりたい仕事ができるところが魅力だと思います。

渡邊:他の面でいいますと、アイ・ディ・エイチは、管理職がないフラットな関係というところがあります。代表以外で管理職といった役職がついている方はほとんどおらず、課長とか部長といった方がいないので、社員全員がフラットで、なおかつ自己管理ができる人たちが揃っています。

そんなフラットな当社では、評価や昇給は社員のスキルに応じて決定されます。そのため、周りのみなさんも実力で勝負したいという意志を持っていたり、スキルアップに対して前向きだったりなど、すごく向上心のある方が多く、刺激を受ける環境でもあると思います。

平塚:ありがとうございます!管理職がいないという面ですと、メンバー同士の関わりや交流は多いのでしょうか?

伊藤:そうですね。アイ・ディ・エイチは『システムエンジニアリングサービス』でお客様先に常駐しているエンジニアが社員の8割・9割ほどになるんですけれども、エンジニアは担当している営業とよく連絡をとったりして最近の進捗共有などのやり取りをしています。

それ以外のメンバー間でいいますと、部署間もそうですし、他部署とも業務でしたりタスクによっていろいろと連携することもあります。

またメンバー同士の交流を深めるためのイベントもあります。例えばアイ・ディ・エイチでは年に1回「キックオフイベント」を開催したり、コロナ前は忘年会やお花見などを会社主催で行っていました。いずれも強制参加ではなく、完全自由参加としており、出席したい社員だけが参加しているので、個人の自由を尊重しています。ただ、それでも参加してくれる社員はかなり多いので、早くイベントができたらいいなと考えております。

【エンジニア職の新卒採用】7年で570倍成長ITベンチャーの社長にエンジニアの働きやすさとキャリアについて聞いてみた!

▼株式会社アイ・ディ・エイチ様への応募はこちら

2.アイ・ディ・エイチのエンジニアリングサービスで、お客様にHAPPY-HAPPYの関係を築く

【エンジニア職の新卒採用】7年で570倍成長ITベンチャーの社長にエンジニアの働きやすさとキャリアについて聞いてみた!

リモートワークの従業員をサポートする『RemoLabo』

平塚:ありがとうございます!それでは次に、アイ・ディ・エイチさんのサービスについてお聞きしたいんですけれども、現状『ソフトウェア開発』『システムエンジニアリングサービス』の2つがあると思います。

まずは『ソフトウェア開発』の中核を担っている『RemoLabo』の社員さんの関わり方について伺いたく、『RemoLabo』の開発については、アイ・ディ・エイチさんのエンジニアさんが仕事を選ぶ際に、自社サービスに専念するのか、それともお客様の案件と並行して開発も行うのかを選ぶ、という形なのでしょうか?

伊藤:基本的には専属で、私から指名している人もいます。お客さん先に常駐している人が並行して開発も行うということは今のところないです。私の指名以外では本人からの希望があった場合にも関わることもできます。

平塚:希望を出して自社サービスに関われる場合もあるんですね。そちらの希望に関しては新卒の方も希望を出すことは可能なのでしょうか?

伊藤:新卒の方が入社してすぐに、スタートアップのプロジェクトへの参加を希望することは、スキル的に難しいのかなと思います。新卒の方が入社後に配属されるプロジェクトは、お任せできそうなプロジェクトの中から希望を聞いて決定する予定です。

平塚:そうですよね。ちなみに今『RemoLabo』をご担当されている方は何名ほどいらっしゃるのでしょうか?

伊藤:今は開発だけでいうと2名ですけれど、開発以外の方たちを入れると8名ほど携わっています。

平塚:そうなんですね。今後の展開としましてはさらにサービスを拡大していって、関わるメンバーも増やしていくという考えがあるのでしょうか?

伊藤:大規模な開発ではないので人数は絞っていまして、今いる開発メンバー2人と、あと22年の新卒の中から1人を実務を学ぶ環境としてアサインするつもりです。アイ・ディ・エイチでは現在250名ほどがエンジニアで、その内240名ほどがお客さん先に常駐しています。そして残り10名ほどが社内の開発に携わっています。

平塚:そうでしたか。アイ・ディ・エイチさんではお客様先に常駐しているエンジニアさんが多いんですね。そうすると、新卒の方も早い段階でお客様先へ常駐することになるのでしょうか?

伊藤:新卒の方が入社してすぐ、例えば半年とかの研修を行ったとしても、すぐにお客さん先に行けるかって考えると難しいんです。そのため社内の開発を手伝うことで、お客さん先でも通用するようなスキルを身につけていただき、それから現場に行ってもらうという流れですね。

平塚:なるほどですね!では最初は自社のサービスで学んで、お客様先に行くという、いわゆる教育の環境がここで作られているという形なんですね。ありがとうございます!

▼『RemoLabo』についてはこちら!
※リモートワークをしている従業員の生産性を可視化し、生産性を向上させるシステム

『システムエンジニアリングサービス』で事業を支援する

平塚:続きまして『システムエンジニアリングサービス』の部分をお聞きしたいんですけれども、アイ・ディ・エイチさんでは主に

・『システムコンサルタント』
・『マネジメント支援』
・『プロジェクト支援』
・『運用支援』

の4つの業務があると思います。こちらの業務がどういった内容なのかというところをお聞きしてもよろしいでしょうか?

伊藤:わかりました。主に『マネジメント支援』『プロジェクト支援』の案件が多いです。これら2つの業務についてお話しますと、『マネジメント支援』はPM、PL、PMOなどの『プロジェクトマネジメント』を支援する業務です。『プロジェクト支援』はシステムエンジニアやプログラマーなどの開発支援の業務です。

平塚:なるほど、『マネジメント支援』と『プロジェクト支援』の割合が多いということですね。『プロジェクト支援』に関して特に人気のプロジェクトがございましたら教えていただきたいです。

伊藤:最先端の開発案件を希望する社員が多いので、『アプリケーション』、『ウェブサービス』の開発を希望する社員も多いですが、もちろん金融系や官公庁系などの所謂お堅い案件もあり、常時500件以上の案件があるので、その中から社員全員でやりたい仕事を自由に行っていくという形です。

平塚:そうすると、社員さんは本当にやりたいところにどんどん入っていけるという感じですね。すごく魅力的だと思います。ありがとうございます!

▼システムエンジニアリングサービスはこちら!

アイ・ディ・エイチってどんな社員がいるの?活躍しているエンジニアの特徴を聞いてみた!

【エンジニア職の新卒採用】7年で570倍成長ITベンチャーの社長にエンジニアの働きやすさとキャリアについて聞いてみた!

平塚:続いてアイ・ディ・エイチさんで働く社員についてお聞きしたいんですけれども、現在活躍されている社員さんの特徴などはございますか?

伊藤:そうですね、アイ・ディ・エイチで活躍している社員は本当に勉強熱心な方ばかりです。それからコミュニケーション能力が高い人、自分で考えて行動できる人ですね。ですが、みなさん個性的で本当にいろんな人がいます。例えばオタクの人もたくさんいますし、オタクじゃない人もたくさんいます。

平塚:そうでしたか。つまり、

・勉強熱心である
・コミュニケーション能力が高い
・自分で考えて行動している

この3つが活躍している社員さんに共通している特徴なんですね。

伊藤:はい、そこは共通していると思います!

アイ・ディ・エイチが求める人材とは?

平塚:ありがとうございます!冒頭でエンジニア職として採用された22卒の人たちは全員プログラミングの経験があるという話だったんですけれども、インターンシップや学校の授業で経験をしていたり、個人事業主としてやっていた方が多いのでしょうか?

渡邊:インターンシップや学校の授業でプログラミングを経験したという方もいらっしゃいますが、独学でプログラミングを勉強している方も多いです。今ですとオンラインの学習サイトもあると思うので、オンラインで勉強したり、書籍で勉強したという方もいらっしゃいます。自分がやりたいと思ったことに対して、すでに勉強を始めていらっしゃるというところが重要になります。

伊藤:そうですね。私も自分で勉強されている方が1番いいのではないかと考えていて、そういう方を優先的に採用の基準に設けています。

平塚:わかりました。エンジニア職の採用に関しては、

・しっかり勉強している
・エンジニアについて学んでいる
・自分でキャリアを描いていきたい

このような方が採用されているということですね。

伊藤:そうなんです。まず『自由な働き方をしたい』という方がアイ・ディ・エイチにエントリーをされて、その中で事前に勉強しているかを見ます。あとは書類を書いていただいて、その中から採用する方を選んでいます。

平塚:ありがとうございます!次に営業職の方についてもお聞きしたいんですけれども、22卒の方で営業職は2名採用されましたけれども、営業職はどのような基準で学生さんを選びましたか?またこういった学生さんに来てほしいなどもありましたら教えていただきたいです。

伊藤:営業職の採用はエンジニア職の基準と同じく、志望職種について自ら学んでいるという点に加えて、コミュニケーション能力を考慮して選ばせていただきました。あとは選考にあたって書いていただいた書類を拝見したり、実際に話をした際のフィーリングも大事にしています。こういった点を踏まえて、私が良さそうだと思う人を選びます。

平塚:わかりました。それですと基本的に論理力などを大事にされているというイメージでよろしいでしょうか?

伊藤:そうですね。論理・ロジカルなトーキングができなくてもいいと思っていますけれども、考えて物事を話しているというところでしたり、事前に準備しているなというところは見ますね。

4.他のベンチャー企業やエンジニア職と違う独自の強みとは?アイ・ディ・エイチはエンジニアの精鋭集団!

【エンジニア職の新卒採用】7年で570倍成長ITベンチャーの社長にエンジニアの働きやすさとキャリアについて聞いてみた!

アイ・ディ・エイチは優秀なエンジニアの宝庫です

平塚:最後に『競合との優位性』みたいなところでお聞きしたいんですけれども、改めてアイ・ディ・エイチさんの会社の強みみたいなところはなんでしょうか?

伊藤:そうですね、社内に向けた会社の強みは今まで説明したところですかね。自分でやりたい案件を選べるという点です。対外的な強みで言うと、優秀なエンジニアがそろっている点かなと思います。

平塚:なるほどですね。プロジェクトの進行だったり開発において、優秀なエンジニアさんがいることは、かなり会社の強みになりますよね。アイ・ディ・エイチさんに優秀なエンジニアさんが集まる秘訣とかはあるのでしょうか?

伊藤:アイ・ディ・エイチは『やりたいことをやろう』というポリシーに従って、エンジニアが本当にやりたいと思った仕事をやっているからだと思います。向上心やモチベーションが高いエンジニアが多いです。

自由なのは『お仕事』だけではない!社員の意見を取り入れた独自の福利厚生!

平塚:わかりました!他は福利厚生の部分でアイ・ディ・エイチさんはとても魅力的だと思うのですが、福利厚生を充実させようと思ったきっかけはあったのでしょうか?

伊藤:きっかけは、社員に『本当に働きやすい』と思う環境で働いていただきたいと思ったというのと、社員の成長を後押ししたいと思ったからですかね。

アイ・ディ・エイチには帰社日というものがありません。一般的にお客さん先に常駐することが多いシステムエンジニアの会社には、帰社日という日があって、1か月に1回ぐらい社員全員が実際に集まって、現状報告をしたりします。しかし『帰社日のために会社に行くのは手間がかかる』、『目の前の案件に集中したい』という社員の声があったことから、『帰社日はなくていいのではないか』という話を社員で行って、帰社日をなくしたということがありました。

あとアイ・ディ・エイチは健康診断の時に4万円を補助しています。なぜなら、普通の一般的な健康診断ですと何も病気が発見できないので、それでは健康診断を受ける意味がないという意見が社員の中から出てきました。そのため、1年に1回の健康診断に4万円を補助するということを決めました。だからこういう福利厚生が欲しいというのも、皆さんの意見を聞きながら、最終的に私が決定して取り入れるという感じですね。

平塚:素晴らしいです、福利厚生までも社員の方の思いが反映されているのですね。

▼株式会社アイ・ディ・エイチ様への応募はこちら

5.アイ・ディ・エイチでの仕事のやりがいとその後のキャリアとは?現役の社員さんに聞いてみた!

平塚:ここからはアイ・ディ・エイチさんで活躍されている渡邊さんも一緒に入社しての感想や、今後のキャリアなどについてお話いただきたいと思います。渡邊さんよろしくお願いいたしします!

渡邊:よろしくお願いいたしします!

渡邊愛理さん
渡邊愛理さん
2018年中途入社 新卒採用担当

『入社してよかった』という気持ちは変わらなかった

平塚:まずは入社してからの気持ちの変化についてなんですけど、新卒の方でも中途の方でも、入社されて直後と半年、1年でだんだん気持ちが変わってくると思います。渡邊さんの「入社してよかった」という気持ちはどういう風に変わっていきましたか?

渡邊:そうですね。入社した直後に『入社してよかった』っていう風に思ったところは、未経験の職種を経験させてもらえたというところと、代表のすぐそばで仕事を見ながらいろいろ学ぶことができたというところです。

私はアイ・ディ・エイチに入社するまでに7年程お仕事をしていますが、事務職しか経験したことがありませんでした。そこからちょっと営業に興味を持ち始めて、アイ・ディ・エイチに最初は営業として入社しました。当時はお客様先に常駐しているエンジニア以外が、代表ともう1名の事務の方しかいなかったというところもあって、やはり代表のすぐそばで仕事を見ながらいろいろ学べたことがすごくよかったなと思います。

平塚:伊藤さんの仕事をしている姿を見て学べるなんてそれは貴重な経験ですね。

渡邊:本当にいい経験でした。その頃と比べると、現在社員は3倍程に増えているものの、代表以外ほとんど役職者がいないこともあり、代表との関わりがとても多い会社なのは変わっていないので、今でも代表から沢山学んでいます。

入社して半年後くらいには、働き方の面と収入の面で入社してよかったと思いました。私は実家に月1回ぐらい帰省しているんですが、アイ・ディ・エイチはもともとコロナの前からリモートワークがOKな環境でした。そのため木曜日の業務後には帰省して、金曜日は実家からお仕事してという風にやらせてもらったりしたので、すごくありがたいなと思いました。あと、平日の昼間に自分の用事を済ませて、その分は有休を使わずに、朝や夜で補填することも可能だったので、働き方の面も柔軟性があって調整しやすく、すごく助かるなと思いました。

あとは収入の面でも、前職よりも収入がかなり上がったので、その点についてもよかったなと思います。

平塚:働き方においても収入においても充実した生活を送っているのですね。

渡邊:その通りです。そして入社後1年ほどで、今度は経験値の部分で入社してよかったと思うようになりました。もともと事務しかしたことがなかったところを、営業でいろいろ経験を積ませてもらいました。それだけでなく、その間にも少しだけプログラミングの勉強をさせてもらったり、分析系の仕事を振ってもらったりしました。それ以外にも会社がやっている英会話教室に通ったり、ワーキンググループの企画に参加させてもらったりして、本当にやりたいと思ったことにたくさん挑戦させてもらっています。そんな環境ってなかなか無いかなって思ったので、入社してよかったと思っています。

伊藤:実際に、以前アイ・ディ・エイチの社員に会社に関していろんなアンケートをとったところ、以下のようなデータが出てきました。これらはその一部です。

年齢は?
【エンジニア職の新卒採用】7年で570倍成長ITベンチャーの社長にエンジニアの働きやすさとキャリアについて聞いてみた!
残業・早出は月に何時間程?
【エンジニア職の新卒採用】7年で570倍成長ITベンチャーの社長にエンジニアの働きやすさとキャリアについて聞いてみた!
職種は?
【エンジニア職の新卒採用】7年で570倍成長ITベンチャーの社長にエンジニアの働きやすさとキャリアについて聞いてみた!
アイ・ディ・エイチの魅力とは?
【エンジニア職の新卒採用】7年で570倍成長ITベンチャーの社長にエンジニアの働きやすさとキャリアについて聞いてみた!
入社してよかったことは?
【エンジニア職の新卒採用】7年で570倍成長ITベンチャーの社長にエンジニアの働きやすさとキャリアについて聞いてみた!

平塚:ありがとうございます!これらのデータを見ると、本当にいろんな社員の方が自由に働いていて、仕事にやりがいを感じていらっしゃるんですね!

アイ・ディ・エイチで働く面白さはみんな違う

平塚:それでは、仕事の面白さみたいなところはなんだとお考えですか?プロジェクトの開発に携わることで、社員さんはどういったスキルが身につくのかについてでしたり、仕事の楽しい点や面白い点についてもお聞きしたいです。

伊藤:わかりました。ですが仕事の面白さは一人一人価値観が違うと思っています。そのため私から『ここが楽しいです』『ここが面白いです』というのは難しいですね。

平塚:つまり本当にもう個々が独立して、自分でモチベーションを保って仕事をやっていくということですね。

伊藤:はい。アイ・ディ・エイチには自立している人、自走できる人が多いんですよね。そのため会社から『こうしなさい』『ああしなさい』でしたり、『こうですよね』『ああですよね』というように方向性を決めることも基本的にないです。

例えば若くて貪欲な方ですと、どんどん勉強していってどんどんスキルアップを目指して仕事を行っています。では40代・50代の方がそうかというと違くて、もちろんそういう方もいらっしゃいますけれども、ワークライフバランス保ってのんびりやっていきたいという方もいらっしゃいます。

そのため『どこにモチベーションをもっているか』、『どこに仕事のやりがいやキャリアアップを考えているか』というと、会社として何か指標があるわけでもないので、みなさん各々で好きにやっている気がします。

エンジニアのキャリアステップってどんな感じ?キャリアも自分で描くことができる!

平塚:ありがとうございます!次にキャリアについてなんですけれども、例えば最初はエンジニアとしてプロジェクトの開発や支援を経験して、いずれはPMになるといった、アイ・ディ・エイチさんに入社された後のキャリアステップはございますか?それとも自分で案件を選んで仕事ができるので、キャリアも自分で作っていくという形なのかお聞きしたいです。

伊藤:そうですね。自分で仕事を選べるといっても、結局対応ができないとその案件に携わることは出来ないと考えています。そのために、事前に勉強しているということが重要で、勉強をしたうえで、そこからいろいろと幅を広げていくことができると思います。つまりキャリアも自分で描いていかないといけないというところがあります。

会社側から行うサポートとしては、面談でしたり、今後のキャリアの相談はいつでものっています。ベテランの方はある程度性格も分かっているので、世間話が多いんですけれども、若い方はいろいろと相談いただく機会が多いですね。例えば『今後どうしたらいいのか』といった質問をいただくこともあります。あとは『今こういう勉強をしようとしている』と言っていたら、業界の今後の状況を考えると『その勉強は必要ないかもしれない』でしたり、『今は他にこういった勉強を求められることが多い』という話もします。ただあくまでも本人からの相談がない限りは、こちらから『こうした方がいい』『ああした方がいい』というのは言わないです。

平塚:ありがとうございます。そういった相談にも乗ってくれる環境ですので、

・自分のキャリアを真剣に考えている
・目標に向かって努力できる
・自由な働き方を求めている

こういった方にぜひおすすめしたいですね。

【エンジニア職の新卒採用】7年で570倍成長ITベンチャーの社長にエンジニアの働きやすさとキャリアについて聞いてみた!

▼株式会社アイ・ディ・エイチ様への応募はこちら

6.まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。今回は株式会社アイ・ディ・エイチ代表取締役社長の伊藤貞治さんに『エンジニア職の働き方や環境』、『新卒の採用』、『キャリア』などについてインタビューさせていただきました。この記事が参考になったという就活生もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな株式会社アイ・ディ・エイチさんは、自社のプロダクトやサービスの展開と、事業拡大のために、現在5年以内の上場を目指してます!『自由な働き方』や『フラットな関係性』に興味のある方はぜひ説明会に足を運んでみてください。


▼株式会社アイ・ディ・エイチ様の掲載情報はこちら