株式会社PHONE APPLI
フォロー

この投稿をシェアする:

1年間 フルリモート採用をやってみて#2

こんにちは、株式会社PHONE APPLI 採用担当です。
今回は、前回の続きをお届けします!
ーーーーーーーーーー
■面接
1. 視線は本当にそれでいいのか?
「カメラを見るように!」という情報が世の中には出回っていますが、個人的には本当にそれは正しいのか?と少し疑問に思っています。カメラを見る=相手の表情を見ていない=リアクションに応じたコミュニケーションが取れていない。なんてことになりませんか?個人的に、話しているときの視線は少し斜め下でもまったく気になりません。もはやその方が、面接官の表情を確認しながらコミュニケーションを取ってくれているな、という印象です。

2. カンペの使い方には気を付けて!
この1年間、「カンペ丸読みやんけーーー!」ってこと、多々ありました(笑)
オンライン選考のメリットでもあるカンペですが、一歩間違えれば天国から地獄!カンペを準備するのであれば、カメラの近く(視線が不自然にならない位置に)に配置し、読み上げるのはそもそもNGなので、ある程度事前に暗記しておきましょう(笑)

ベストなのは、カンペなし!ですが、カンペはオンラインだからこその武器でもあるので、使用したい方はうまく使っていきましょう!


でも何より大切なのは“自分の言葉で伝えること”です。

3. 言葉のチョイスは慎重に
対面と比較すると視覚(非言語)情報が少ないため、面接官はあなたの言葉(自己PR、ガクチカ、その他エピソードの内容)に相当集中しています!だからこそ、言葉の精度を上げることが大切ですね。そもそも論ですが、要点がまとまっているか=事前準備&練習(アウトプット)は徹底的に。

4. 回線速度、カメラアングル、照明は大丈夫?
この1年でもう既に習得済み!という方が多い印象です。ただ、回線トラブルは一番残念な事態(伝えたい事が伝えられない)なので、事前確認は必須。一方で、回線トラブルはオンライン選考あるあるなので、万が一面接官の言葉が聴き取れなかった場合や、タイムラグが発生したときには、遠慮なくその旨を面接官に伝えましょう!また、カメラアングルや照明は、自分をよりよく魅せる演出の一つ。かつ、社会人の今後のビジネスマナーと言っても過言ではないので、どう映るかは事前に要チェック!
ーーーーーーーーーー
1年間 フルリモート採用をやってみての続きは次回お届けします!お楽しみに!


説明会情報をみる

株式会社PHONE APPLI