HOMEデジタルデータソリューション 株式会社
デジタルデータソリューション 株式会社
フォロー

この投稿をシェアする:

デジタル遺品への取り組みについて

デジタル遺品への取り組みについて

みなさん、こんにちは!
デジタルデータソリューション株式会社 採用担当です!

今回は近年社会問題となりつつあり、今後ますますクローズアップされるであろう『デジタル遺品』についてお話ししたいと思います。

ところでみなさんは、『デジタル遺品』という言葉は、ご存じでしたでしょうか?
デジタル遺品とは、持ち主が亡くなったあと、デジタル機器に残ったままのデータやインターネット上の登録情報などのことを指します。

ここ数年、デジタル遺品に関する問い合わせが増えてきており、弊社では年間で400件近くまで登り、1日1件ペースでお問い合わせいただいている現状です。

具体的には7割程度がパスワード解析のご相談になりますがその理由は本当に幅広いです。


最近はネットバンキングやオンライン証券、仮想通貨など本人以外は知り得ないようなネット上の資産が急増し、その相続手続きなどの問題が増えていいます。
また事業経営をしている方の場合は事業継承の問題などにも絡んできます。
事故や自殺で亡くなった方のチャットやログを解析して事件性がないか判断するためにデジタル遺品は貴重な証拠となりうるケースも出てきました。

このようにデジタル化が進んだ中で、デジタル機器が本人以外には知られないパンドラの箱のようになってしまい、それを解決して欲しいというご相談が増えてきています。

そこで私たちはこのような「困った」を解決できるように技術の向上を行なっているだけでなく
全国のみなさんがトラブルに巻き込まれないように、シンポジウムなどを開催しデジタル遺品の認知度の向上に努めています。

将来的に起こりえそうな「困った」を早期に解決、予防することも私たちの大事な役割だと考えています。

┏┿━━・・・
╂┘    
┃  困った人を助け、困った人を生み出さず、

・   世界中からデータトラブルを無くす
・                      ┌╂
                    ・・・┿┛


説明会情報をみる

デジタルデータソリューション 株式会社