株式会社ヴィックスコミュニケーションズ
フォロー

この投稿をシェアする:

「訊く力」

「訊く力」

学生、社会人に共通することがあります。

それは、「きく」という事。

訊くという意味は大きく分けて3つあり、
「聞く」「聴く」「訊く」があります。


一番多く使われる「聞く」は調べたところによると
意識せずに何となく聞くことらしく、
「聴く」は対象の音を感じ取ろうとすることらしいです。


難しい表現ですが、要は相手のしぐさや表情を読み取り、
言葉と気持ちにあわせて「聴く」という意味みたいです。
音楽鑑賞や映画鑑賞、プレゼン等がそうですね。

それに対し「訊く」というのは自分の疑問を明確にしたい時に使います。
自分のわからないことを明確にしていくという意味を持っているので、
何かを尋ねる場合などに使用するという事。

皆さんも良くこんなシーンがあると思います。

先輩、取引先様等、目上の方との会話の際、
相手が自分の分からない話題もしくは用語を使って話をしてきた時に
なんとなくわかったふりをしたり、意味もなく深く頷いてみたり。

多くの方もそういった節があると思います。

あなたは、「きく」の使い分けをしていますか?


【2019年卒 セミナー型説明会】※説明会後、ご飯会(お酒あり)付きです
・東京開催 
9月27日  (水) 14:00~
https://www.passion-navi.com/company/seminar/2618

【2019年卒 内定直結インターン情報】
・東京開催
365日開催中

前の投稿:
ソサイチ

次の投稿:
営業インターン



説明会情報をみる

株式会社ヴィックスコミュニケーションズ