TikTok採用成功事例5選!効果的な運用手法を徹底解説

採用市場・動向

TikTok採用成功事例5選!効果的な運用手法を徹底解説

近年、TikTokは若年層の間で爆発的な人気を博しており、企業の採用活動においても無視できないプラットフォームとなっています。しかし、TikTokを活用した採用活動は未だ新しい試みであり、どのように効果的に運用すべきか分からないという企業も多いのではないでしょうか。 本記事では、TikTok採用の基礎知識から、実際の成功事例、そして効果的な運用手法までを解説します。TikTokの魅力を最大限に活かし、優秀な人材を惹きつける秘訣を一緒に学びましょう。

1.TikTok採用の基本知識

1-1.TikTok採用とは何か

TikTok採用とは、TikTokという動画共有アプリを活用した採用活動のことを指します。従来の採用方法に加え、TikTokの動画を使うことで、企業の雰囲気や文化を視覚的に伝えられるのが大きな特徴です。 例えば、「#会社の雰囲気」と題した動画シリーズを投稿し、オフィスの様子や社員の働く姿を紹介することで、求職者に会社の魅力を直接アピールできます。「私も働きたい!」と思わせる力があるのがTikTok採用の強みなのです。Z世代や若年層を中心に、TikTokのユーザー数が増加していることから、新卒採用や中途採用の新しい手段として注目されています。

1-2.TikTok採用のメリット

TikTok採用のメリットは、まず**拡散力の高さ**が挙げられます。TikTokは若年層を中心に人気のSNSで、ウェブ上で話題になりやすいコンテンツが拡散しやすい特性があります。 そのため、企業の魅力を伝える動画が拡散されれば、多くの求職者の目に留まる可能性が高まります。フォロワーがいなくても拡散される仕組みは取り組みやすいですよね。 また、Z世代や若年層をターゲットにした採用活動に適しています。 動画を通して企業の雰囲気を伝えられるため、「私も働きたい!」と共感を呼びやすいのです。さらに、**費用対効果が優れている**のも大きなメリットです。動画制作にかかる費用は抑えられますし、広告費用も他のメディアに比べて安価です。 「私も作れそう」「やってみよう」と思えるでしょう。

1-3.TikTok採用が向いている企業と業種

TikTok採用が向いている企業や業種は、主に若年層を採用ターゲットにしている場合です。例えば、アパレルやコスメなどのファッション関連企業、飲食店やカフェなどのサービス業、エンターテイメント関連企業などがTikTokを活用しやすいでしょう。 動画を通して企業の雰囲気や文化を伝えられるため、「私も働きたい!」と共感を呼びやすいのです。一方で、製造業や重厚長大産業など、伝統的な業界ではTikTokの活用が難しいと思われがちですが、新しい試みとして若手社員の活用などで、TikTok採用に取り組む企業も増えてきています。 知らなかった業界、知るきっかけすらない業界を初めて知るきっかけになるという意味でもTikTokは有効活用できます。自社の特性に合わせて、上手にTikTokを活用することが重要だと言えるでしょう。

2.TikTok採用の成功事例

2-1.成功事例1: 大手企業の採用戦略

大手企業でも、TikTokを活用した採用活動に注目が集まっています。例えば、ある有名飲食チェーン企業では、店舗の雰囲気や従業員の様子を動画で紹介することで、リアルな職場の姿を伝えることに成功しました。 動画の視聴者からは「楽しそう」「働きたくなった」といった反応が多数寄せられ、応募数が大幅に増加したそうです。 一方、ある製造業の大手企業では、Z世代をターゲットに、TikTokで「#○○工場の1日」といったハッシュタグを使った動画を投稿。 工場の設備や最新技術、従業員の様子などを分かりやすく紹介することで、若年層の興味を惹きつけることができました。「機械がカッコいい」「先端技術に携われそう」など、新鮮な反応も多数あり、優秀な人材の確保につながったようです。

2-2.成功事例2: 中小企業での効果的な活用例

中小企業でもTikTokを活用した採用活動が広がっています。例えば、ある地元密着型の飲食店では、店内の雰囲気や料理の様子、スタッフの笑顔を動画で紹介することで、アットホームな雰囲気を伝えることに成功しました。 「近所で働きたい」「家族経営なら安心」といった反響があり、地元出身者や主婦層からの応募が増えたそうです。 一方、ある小規模IT企業では、社内の自由な雰囲気や最新のテクノロジーを紹介する動画を投稿。 「クリエイティブな仕事がしたい」「最先端の技術に携われる」といった若手エンジニアの関心を惹きつけ、優秀な人材の確保に貢献しました。「私も働きたくなった!」と共感を呼ぶ動画が多数あり、TikTokの拡散力の高さが実感できる事例でした。

2-3.成功事例に学ぶポイントと注意点

TikTok採用の成功事例から学べるポイントは、動画を通じて企業の魅力を効果的に伝えられることです。例えば、「楽しそうな職場の雰囲気」「最先端の技術に触れられる」といった点を動画で訴求すれば、視聴者の共感を呼び、応募への関心を高められます。 一方で、動画の内容次第では逆効果になる可能性もあります。「つまらなそう」「ストレスありそう」といった印象を与えてしまっては本末転倒です。動画制作時は、企業の良さを前面に出しつつ、過剰な宣伝にならないよう注意が必要でしょう。**「私も働きたくなった!」と思わせる動画作り**が肝心なのです。

3.効果的なTikTok採用の運用手法

3-1.動画制作の基本とツール紹介

TikTokで動画を作成する際は、まず企業の魅力や雰囲気を伝えられるようなコンセプトを立てることが大切です。例えば、「社員の1日」や「オフィスツアー」、「社内イベントの様子」などをテーマにすると、働く環境がよく分かります。 動画編集アプリは無料で使えるものが多数あり、スマホで手軽に編集できます。「InShot」や「CapCut」などがおすすめです。 動画の長さは15秒~3分程度が適切で、短くてインパクトのあるものが人気を集めやすいでしょう。「ストーリー性のある動画」や「音楽を効果的に使った動画」も印象に残りやすいと言えます。初心者でも気軽に挑戦できるので、まずは試してみることが大切ですね。

3-2.コンテンツプランニングの方法

コンテンツプランニングでは、まず**企業の魅力や特徴を明確にする**ことが重要です。「この会社で働くメリットは何か」「どんな人材を求めているのか」といった点を整理し、ターゲットに合わせた動画コンセプトを立てましょう。例えば、「社員の1日」動画では、活気ある職場の雰囲気を伝えられます。 一方、「オフィスツアー」動画では、設備の充実度や働きやすい環境をアピールできるでしょう。また、「社内イベントの様子」動画では、社風や人間関係の良さを感じ取ってもらえます。このように、企業の魅力を具体的に伝えるコンテンツを企画することが大切です。さらに、「質問に答える動画」や「社員インタビュー動画」なども効果的です。「私も働きたい!」と思わせる動画づくりを心がけましょう。 オフィスツアー https://www.tiktok.com/@cheercareerceo/video/7354320091166559509 社員インタビュー https://www.tiktok.com/@cheercareerceo/video/7345756514004651284

3-3.長期的な戦略とPDCAサイクルの運用

長期的な戦略とPDCAサイクルの運用は、TikTok採用の成功に欠かせません。まずは、採用活動の目標を明確にし、それに沿ったコンテンツ計画を立てましょう。例えば「応募者数アップ」なら、企業の魅力を伝える動画に注力するでしょう。 一方、「認知度向上」であれば、ユーモア溢れる動画で注目を集めるのが効果的かもしれません。そして、定期的に動画の反応を分析し、うまくいった点や改善点を洗い出します。「この動画は反応が良かった」「こういう動画は伸び悩んだ」など、データに基づいて次の戦略を立てるのです。このPDCAサイクルを継続することで、ノウハウが蓄積され、より効果的な運用ができるようになります。「一発勝負」ではなく、**長期的な視点で取り組む**ことが大切なのです。

4.TikTok採用の成果と費用対効果

4-1.TikTok採用活動の具体的な成果例

TikTok採用活動の具体的な成果としては、Z世代や若年層への**認知度向上**が挙げられます。例えば、ある企業では、TikTokで採用動画を公開したところ、応募者数が前年比で2倍以上に増加しました。 また、動画の「いいね」数や共有数が多かったことから、ブランド認知にも大きく貢献したようです。費用対効果の面でも、従来の採用広告に比べて低コストで大きな反響を呼ぶことができました。「私も働きたい!」といった声が多数寄せられ、採用活動の大きな後押しとなりました。 動画でアカウントを知って、プロフィールを閲覧しにくるのが基本なので、プロフィールの充実とピン留め動画のクオリティも大事です!ピン留め動画はできる限り、みたら会社の良さが伝わる、魅力が伝わる、内容が知れるなどPRコンテンツを用意しましょう。 https://www.tiktok.com/@cheercareerceo/video/7375111417449483527

4-2.他のSNSとの比較と連携効果

他のSNSとの比較では、TikTokは動画中心のプラットフォームであり、Z世代や若年層に強い影響力を持っています。 Instagramなどの写真投稿アプリとは異なり、動画を通して企業の雰囲気や文化を伝えやすいのが大きな利点です。また、TikTokとTwitterやFacebookなどを連携させることで、さまざまな層に効果的にリーチできます。「私も働きたい!」と思わせる魅力的な動画を作り、複数のSNSで拡散すれば、より多くの優秀な人材を惹きつけられるはずです。 費用対効果の高さも見逃せません。従来の採用広告に比べ、低コストで大きな反響を呼ぶことができるのがTikTokの強みなのです。

4-3.費用対効果の高い運用実例

TikTok採用は、費用対効果が非常に高いのが特徴です。例えば、ある中小企業では、従来の採用広告に比べて10分の1程度の費用でTikTok採用動画を制作・運用しました。 その結果、応募者数が3倍以上に増加し、優秀な人材を確保できたそうです。「私も働きたい!」と思わせる魅力的な動画を作ることが重要なポイントでした。また、ある大手企業では、TikTokと他のSNSを連携させて運用することで、幅広い層にリーチできました。 費用を抑えつつ、多くの優秀な応募者を集められたため、非常に高い費用対効果を実現できたようです。このように、TikTok採用は低コストで大きな反響を呼ぶことができ、費用対効果に優れているのが大きな魅力なのです。 業界最安値のTikTok運用代行なら https://cheercareer.jp/hslp/video-creation/index
この記事を書いた人
平塚
代表取締役 平塚ひかる
年間で10万人が利用する就職サイトチアキャリアを運営する株式会社Cheer代表取締役。
新卒で入社した会社を3ヶ月目の22歳で役員に。1年目で営業成績1位、全社MVP。営業・マーケや開発・広報・人事管轄の取締役として従事したのち独立。
第一回日本中小企業大賞三冠・三年連続受賞したのち殿堂入りし、審査員就任。
東京都の【多様な主体によるスタートアップ支援展開事業】分科会審査員を2期連続担当。
意思決定層のジェンダーギャップに取り組む「スポンサーシップ・コミュニティ」発起人を務める。


平塚のTwitter平塚のFacebook平塚のYoutube
この人の記事をもっと読む
このページをシェアする