株式会社PHONE APPLI
フォロー

この投稿をシェアする:

【内定者記事】《内定者K原の考える自社の「ヤバいところ」トップ3!》

【内定者記事】《内定者K原の考える自社の「ヤバいところ」トップ3!》

こんにちは!20卒内定者、K原です!
私は現在、働き方改革を推進するIT企業「Phone Appli」で3か月間インターンをしています!

今回は、内定者の目線から「内定者K原の考える自社の「ヤバいところ」トップ3!」をご紹介します!
今、「自分に合う会社がみつからない・・」「既存の会社イメージに縛られない会社を探している・・・」
そう思った方がいたらぜひご一読ください!!


①決まった席がない!→フリーアドレス採用!!
皆さんの「サラリーマン」のイメージはどのようなものですか?平日は毎日同じ時間、同じ席で同じ人と会話…。
そのようなイメージを抱かれている方もいるのではないでしょうか?部署や役割の近い社員同士で席を固めることが、効率的な場合もあるため、こういった会社は少なくありません。
しかしPA(Phone Appli)では、ほとんどの社員に固定席がありません!(※一部の技術職、事務等を除く)いつも違う席で仕事をすることで、マンネリを脱し、風通しよく仕事をすることができます!PAでは、スケジュールを見える化し、社員間で共有することで、自由席での仕事や、一部リモートワークを可能にしているのです!

②毎週開催!1on1ミーテイング→防音個室完備!!
「上司と話す機会がない...」「自分の仕事の相談は誰にしたらいいんだろう・・・不安だ・・」このような気持ちを抱く会社員の方は割と多いのではないでしょうか?
しかしPAでは、毎週30分、直属の上司と1対1の面談を行います!しかも場所はなんと、一風変わったボックスルーム!!移動可能で、防音機能もあり、上司と部下の発話量を計測し、面談の質と量を自動で分析してくれます!このボックスルームは、上司と部下の円滑なコミュニケーションにつなげる大事な設備だといえます。

③Apple Watch全社員支給!!?
PAでは、iPhoneを使用している希望者対して、Apple Watchが支給されます!!
多くの社員が会社から支給されたApple Watchを付けています!デスクワークが多い社員は、意識しないとやはり運動不足になりがち・・・。 そこでApple watchを使って運動の量をチームで競い合うCiRQLE(サークル)というアプリを入れて、社員の健康意識を高めています。PAでは、全社で健康経営に取り組んでいるのです!








説明会情報をみる

株式会社PHONE APPLI