株式会社ピアズ
フォロー

この投稿をシェアする:

就活を通して感じた「本気で考える時間」の大切さ

就活を通して感じた「本気で考える時間」の大切さ

こんにちは!20卒内定者の花井です。
今回は、私自身が就職活動の最中に感じたこと、悩んだこと、そして最終的にピアズに入社することを決意した決め手について書かせて頂きます。

私は大学の授業の一環で、某日経航空会社の就業体験型インターンシップでラウンジアテンダントとして「働く」ということを体感する機会がありました。
元々関心があることを仕事にしたいと思っていたので美容やアパレル、航空業界を志望していました。しかし、実際に一か月間働かせていただいたことで改めて考えたことは「自分の成長」と「職場環境」に関する事でした。

私は将来どんな大人になりたいのだろう?と考えたときに、「花井」という人間となら一緒に仕事をしたいんだと言ってもらえる人になりたいと思い、どんな仕事をしたいかではなく「誰と」働くのかを重視しました。

それから、業界問わずとにかく「人」を大切にしている会社の説明会、インターンシップにたくさん行きました。

ーーですが、そこで一つ壁にぶつかり悩みが生まれました。
それは、『人を大切にしています』という言葉はたくさん聞いたけれども、それを実際に感じる場面がなく、会社の表面上のことしか見えず、何が本当のことでどれを信じていいのか分からなくなってしまったことです。きっと就活生ならだれもがぶつかる壁かもしれません。
一方、ピアズは悩んでいる学生に対し、面談形式の面接で質問しやすく、面接官以外の社員の方も話をしてくれて、内定者期間も一緒に食事に行ってくれたり、ピアズハウスと言う社員寮にも案内してくれたり、社内見学をさせてくれたりと、最も学生に歩み寄り、理解してくれる厳しくも暖かい環境があるとても魅力的な会社だと思いました。そこで改めて、ピアズは他どの会社よりも「人」を大切にしていると感じ入社を決意しました。

長くなってしまいましたが、私が学生に伝えたいのは自分がどうなりたいか、そのために何をすべきか真剣に悩んで考えて、不安があればきちんと質問して解決し、お互いにミスマッチにならないような就活をしてほしいと思います。そして、具体的な目標を作り、働きで会社に貢献できる人になれたらと思っています。夢や目標のために努力できる人がたくさんいるピアズに、ぜひ一度会社に足を運んでみてください。

P.S. 写真は先日社員の方とランチに行かせて頂いたときのものです!

過去の投稿




前へ 次へ

説明会情報をみる

株式会社ピアズ