有限会社ツーボックス
+ フォロー
有限会社ツーボックスの特徴
POINT 1
#代表坪香の想い #ツーボックスの理念 #新卒採用の背景
詳しく見る
「死」と隣り合わせになったことから「人のために生きたい」という代表坪香の強い想いが、ツーボックスのベースとなっています。

-------------------
【理念】
クライアントや共に働く仲間たちに
信頼と安心を、喜びと笑顔を!
-------------------

ツーボックスに仕事の依頼をしてくれるクライアントのため、
苦しい時も嬉しい時も一緒に頑張る仲間たちのため、
イベントに来てくださるお客様の笑顔のため。

これらの理念は、
ツーボックスで働く社員たちの"やりがい"にも繋がっています。

基本的には、クライアントからの急な大きな案件も「断らない」スタンスではありましたが、ありがたいことに弊社に日々入ってくるオーダーがとても多くなり、現場を見切れないほどに。

そのため、新卒採用の募集背景としては、(クライアントからの)要望に応えるための増員です。
POINT 2
#社会貢献性 #ツーボックスの海外展開 #今後の展望
詳しく見る
弊社では沖縄支社もあります。
沖縄からは台湾が近いこともあり、実際に沖縄ではアジア圏へ事業展開・進出している方々がいます。

泡盛の国内消費が落ち込んでいることを背景に、先日は海外で泡盛のプロモーションを行っている方々から相談を受け、沖縄からエイサーを踊れるメンバーを連れて行き、マレーシアで泡盛イベントを開催しました。

このように、クライアントのニーズにより、海外でもイベント開催をすることもあります。
中にはそれが、日本文化を海外に広める目的のイベントであることも。(社会貢献にも繋がっています)

逆に海外企業が「日本のイベントに出たい」という時などは、日本のイベントをよく知る「ツーボックスと組めませんか?」と相談をいただくこともあります。

これらは、正直そこまでまだ多くはない現状ではありますが、このようなニーズが本格的になれば、海外事業部やグループ会社をつくることも、今後の展望の一つです。
POINT 3
#社員の幸せ #新規事業部 #チャレンジできる環境
詳しく見る
代表の坪香の想いに「社員の幸せ」があります。

社員には、
「仕事を通じてやりたいことを見つけてもらいたい」
「やりたいことが見つかったら、そこに向かって頑張ってもらいたい」
そう願っています。

そのため、現時点ではまだありませんが、
「企画がやりたい」という社員がいたら「企画部」をつくってあげたいし、
「演出がやりたい」という社員がいたら「演出部」をつくればいい。
「衣装をやりたい」という社員には「衣装部」をつくろうよ
と…

弊社でやりたいことを見つけて、ぜひその夢を実現してほしいと考えています。

ツーボックスは約20年になりますが、20年経ってようやく土台は出来ましたが、人間でいうとまだハタチ。

まだまだ実在していない部署もあるので、積極的に自分でチャンスをつかんで頑張りたいというメンバーには、どんどん新規事業部などのチャンスを与えたい、そう考えています。
企業ムービー
起業ストーリー
ツーボックスは2020年に設立20年を迎えます

ツーボックスは2020年に設立20年を迎えます

新年会@東京メンバーでの記念写真

新年会@東京メンバーでの記念写真

イベント会社で、派遣スタッフとして登録し、バイトをしていた大学時代。
世の中に「広告代理店」という会社があることを知りました。

就活時に、大手広告代理店の選考を受けるも、なかなか内定はもらえず…
大学卒業後も、相変わらずバイトを続けていた最中、ある日突然、そのバイト先が倒産に。

---就職もしていないのに、バイト先の仕事までなくなったのです。           
   
そんな窮地の時に、それまでに仲良くなっていた制作会社の人たち(クライアント)が、僕に連絡をくれて、直接仕事の依頼をしてくれるように。
僕も、今まで一緒だった仲間や後輩たちを誘って働きました。      

それから一年、いつしか「坪さん、会社をやったらどうですか?」と言われるまでになったものの…
僕にしたら、就職もしたことがない、会社だって作ったことがない。     
やるにしたって、勇気もなかったのです。

ちょうどその時、一つの大きな転機が訪れました。

ある朝、起きて目を覚ましたら、視界がボワーっと「霧」がかかっているような状況になり、大学病院で「即入院」となりました。    

---まさかの、国が指定している『難病』にかかっていたのです。 

家族も大学病院に呼ばれました。

医師から言われたことは、おそらく「ストレス」ではないかと。
そして、その病気は血管やリンパの症状も出ることもあり、いつ「突然死」をしてもおかしくないと。 

それが24歳の時でした。   

---その時に、単純に「死にたくない」と、心の底から「生きたい」と強く思ったのです。 

病室から見えた月に、「この先もし生きることができるのなら、これからの人生は人のために立ちます(だから生かせてください)」と心で誓ったものの…
何の能力もない僕が、どうやったら人の役に立つんだろう?と。

考えても、答えは出ませんでした。
でも周りの人たちからの後押しと、ちょうど病気のことも重なり、「どうせ死ぬんだったら、会社をやってみよう」という想いへと変わりました。

「会社をやったところで、死にはしない」と。
人の役に立てるのなら、とにかく「やってみよう!」と。

これがツーボックスの"はじまり"です。
もっと見る
事業内容
全てのセクションを担える、自社完結のトータルプロデュース事業

全てのセクションを担える、自社完結のトータルプロデュース事業

自社主催イベントも開催!今後はコンテンツを持つ方向性も!

自社主催イベントも開催!今後はコンテンツを持つ方向性も!

私たちは「イベント」の企画から運営までを「トータルプロデュース」しています。 

【事業紹介】-------

(1)企画・制作部門
 
・各種プロモーション、イベント等の企画制作
・展示会、博覧会、ショールーム等の企画制作
・印刷物、デザイン、プレミアム商品等の企画制作
・Web等のデジタルプロモーションの企画制作

(2)運営・マネジメント部門

・各種プロモーション、イベント等の現場管理
・各種プロモーション、イベント等への最適な人財手配
・ステージMC、イベントコンパニオン、モデル手配

【事業の強み】-------
イベントは、企画は企画会社、制作は制作会社、運営は運営会社、にお願いする、という形式が一般的です。   

(1)トータルプロデュースが可能
ツーボックスでは、企画から制作や運営までを「一貫」して担うことができるため、依頼されたイベントを「トータルプロデュース」できることが強みです。

(2)全国で対応可能
東京本社をはじめ、大阪・名古屋・福岡・沖縄に支社があるため、サービスレベルを落とすことがなく、クライアントに満足していただける体制です。
(また、全国規模のイベントも対応可能です)

【イベント紹介】-------
イベントは大きく《2つ》に分かれます。

(1)クライアントの商品やサービスを世の中に広めるための、セールスプロモーションイベント
(2)企業や地域の活性化のためのイベント

■具体的には??

<展示会イベント>
・モーターショー・ゲームショー・ジャンプフェスタ

<キャンペーンイベント>
・高級化粧品などの体験キッドのサンプリング
・新機種のスマートフォンのタッチ&トライ

<セミナーイベント>
・IT系セミナー・新製品発表会・企業の就活説明会

<その他イベント>
・コンサート・スポーツイベント・映画試写会
・サマーソニックなどの野外フェス・コミックマーケット

などなど、書ききれないほどのイベントを実施しています!
企業情報
企業名
有限会社ツーボックス
業種・業界
広告・出版/人材/サービス
売上高
12億
資本金
300万円
社員数
36名
男女比
2:1
平均年齢
34歳
所在地
東京都中央区入船3-1-5 SKM GINZA EAST BLDG 3F